スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指輪

拡大画像は、こんな感じです。
CZ(キュービックジルコニア)がぐるっと16石入っています。(2点留め)
リング

スポンサーサイト

ふらふら

3ten set最新 

 

 

 

 

 

 







なんとかできあがりました。3点セット。(左からピアス・ネックレス・リング)


sv925×キュービックジルコニアで、
ピアス・ネックレスは地金からの手作り、リングは2個のワックスを彫って
キャストしてからロー付けして一体化し(二段になっているモチーフを
別々につくって、ずらしてくっつけた、ということです)石留めしました。
何個か下の日記にのせたパターンの連続がモチーフになっています。
(ご依頼人様のイニシャル)

今回は途中でパーツをなくす(・・あほですな)などアクシデントも
あったんですが、それゆえに出来上がりの充実感はひとしおです。
これを作るにあたって、いろいろとパターンの連続を考えたら面白くって、
他にもいろいろと作りたいものがでてきました。

課題としては、今回のようなエタニティタイプのリングを地金から輪っかにしたときに
寸法の狂いなく作れるようにもって行くこと、と、パターンを展開させていくときに
もっと独創的な組み合わせ方をしたいなって感じでしょうか。

3日間ほどほとんど寝ていない日々が続いたので、もう寝ます。
ああ、でも、作っている間に再確認することや、発見もあり、
本当に面白かったです。

子供を出産してから3年、「そろそろ女に戻りたい」という女性からの
オーダー、どんなところに着けて行ってくれるのか、楽しみです。

亀、工事中

只今、明日の夕方が納期の、リング・ペンダント・ピアス
3点セットの制作中。
思っていたよりもピアスとペントップに時間がかかり、
今日のお昼頃には一瞬先が見えなくなって(眠いのもあり)
ものすごく不安になっていたのですが、大方めどがつき、一安心。
さあ、もうひとがんばりしよう。

負け惜しみ

violetspinel下の記事で、買った石全部いっぺんに写したら、一番高かった石がすごく貧弱に写っていたので少し寂しくなって大きく撮り直しました。

バイオレットスピネル(スリランカ・1.73ct)です。

どうも私は青色~紫色系の色石が好きみたいです。

カラスの巣(IJKにて)

 senrihin

 

 

 







むしむし、梅雨間近?/22℃:80%(12:00) オーダーのリング&生徒さんのリングのキャスト・レッスン×4

朝と晩のレッスンの合間を抜けて、昨日の午後行ってきました。
IJK(神戸国際宝飾展)。


今年は生徒さんにもいっぱい招待状を渡したので、行かれた方も多かったのではないでしょうか?

神戸という土地柄もあり、パールの会社が毎年いっぱい出展しているのですが
それ以外の珍しいルース(裸石)や天然石(ビーズ・化石含む)、ジュエリー、デザイナーズジュエリーなどなど、
ジュエリーやアクセサリーに興味のある方ならきっととても面白いと思います。
一年に一回(神戸・東京で一回ずつ)しかやってなくて、宝飾関係者のみの展示会なので、
一般の方は入場できないのが残念ですが・・・

今年の私の一番の目的は、雰囲気のいいケースやポーチを安く売ってくれる業者さんを探す、ということやったんで
石に関しては安くて練習用になる面白いカットの石を少しだけ買うつもりでした・・・
が、やっぱり見ると買っちゃうんですよねえ。
ビニールのケースに入っているのは本当に安くて1ケース1200円でした。
(左上ブルートパーズのマーキスカット・左下アクアマリンの三角のカット・右上アメシストのスクエア・右下ムーンストーンのカボッション)
真ん中の2個置いている石の上の方も安くて、500円のアメジストですが、大きさにひかれて、ついつい買ってしまい。
で、真ん中の下の方の石が一番高くて3500円のバイオレットスピネルです。(高い、といっても私にはこれくらいのもんです)

もーう、もーう、作りもしないのに、こんなに石ばっかり買ってしまってどうしよう~、ふう。
去年のIJKで買った石もまだ残っているのになあ。

でも、やっぱり、美しくきらきらひかる石をいっぱい眺めたり触れられている瞬間はシアワセでした。
そして、人がいっぱい群がっているブースにはやっぱり何かしら魅力的な商品があって、
さながら、虫が光に引き寄せられて集まってきているようでした。私も虫の一人。

現地で偶然会った生徒さんもいて、みんなその人の個性に合ったルース(裸石)を色々買っていて
嬉しそうに見せてくれたのが印象的でした。(私も負けじと見せまくりましたよ・・・)
みんながその石を使ってどんなものをつくるのか、考えるだけでわくわくしてきます。
あー、楽しかった。

最近ばてばてです。

pattern 

 

 


5月病というものが、ゴールデンウィーク休暇がない者にあてはまるのかどうか分からないのですが、少し疲れ気味の毎日。


仕事も教室もランダムに入ってくるので、疲れているときには無理をせず、自分自身ランダムに(?)生活してます。
そういえば、唯一、ビリヤードだけは、規則正しく続けていますが・・・

チラシ製作などのサイド仕事のめどがついたので、今日から頼まれている
リング・ピアス・ペントップの3点セット製作に入ります。
画像のようなパターンの連続や組み合わせで作るんですけど、
なんか、こうやってみると、電車のパンタグラフみたいですね。
もともとは依頼人様のイニシャルのkがモチーフなのですが。
まだ少し石をどのように留めるかで迷っています。

でも、新しい作り、わくわく。納期がなければパラダイスなのですが・・・(?)

血潮

d40e316b.jpgまたしても、夜明け前にごそごそ。

プラチナ週間

この一週間は教室のかきいれ時、プラス急ぎの仕事(チラシ作成・リング作成)
終わったらビリヤード、という「なにが黄金?」な日々を過ごしてました。
つまり、いつもどおり、ということですね。
昼間に時間があった日に行きつけのラーメン屋にお昼食べに行ったら
あまりの人の多さにお店のおばちゃんも超不機嫌(というか、大変そう)。
夜にビリヤードに行っても50分待ちとか・・・どこが黄金?

そんな中にも、ホッとする出来事はいろいろとあって、
普段は遠方に住んでいるのでなかなか会えない兄一家の天使のような姪っ子の笑顔や、
晴れ渡る朝の山の咲き誇るつつじや、
満台なのに、(試合が近いので)一人で練習させてくれたビリヤード場の店長さんの気持ちも、
この一週間じゃないと出会えなかったと思うと、なかなかいい一週間だったじゃないか、
とも思うのです。

上記のビリヤード場の店長さんとは最近知り合ったのですが、
外人の強豪選手にも勝ってしまう、経験20年のばりばりプロのビリヤードプレイヤーさんです。
なのに敷居の高さを感じさせない(私が鈍感なのでしょうか・・・)
懐の深さがとても素敵な方です。
時々指摘してくれるポイントポイントがとても的確で、
私もいつか彫金においてはその人のように教えられるようになれたらいいなと、
思うようになりました。(もちろん師匠は目の前にずっといるのですけれど、姿勢として)

きっとほんとのところは、自分が時を経て、経験値をつんでいかないと
分からない事なのでしょうけれど、この人に会えたのも、
ビリヤードを続けていたからなんだと思うと、本当に不思議です。
目の前にある事柄が見えるようになるのにも時間がいるし、
必要な人に出会うだけでも経験と時間が必要なのです。
実際、私が今の彫金教室に出会うまでにもけっこう時間、かかりました。

そう考えると、ほんとに人生ってロールプレイングゲームみたいで面白い。
もっと経験値つんで、アイテムいっぱい手に入れなきゃ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。