スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯りを消して

しばし空に夢中になってしまいました。
 花火1
蒸し暑い夏の夜に打ち上げられた
花火の数々。
 花火2
 

久しぶりに離れたところから見る花火は、なんだか静かで、それでいて激しい。
(手振れはご愛嬌って事で・・目が気持ち悪くなったらごめんなさい)
花火5花火6花火7
スポンサーサイト
このページのトップへ

闇の時間

昨日の晩は、ご飯食べてすぐに寝てしまい、2時間後くらいに目が覚めた。
で、何の気なしにパソコンいじっていたら、ふと、自分の負の部分のことばかり考えていて、これから先の事とか、ちょっと先の切羽詰った問題とか、全てが私に襲い掛かってきた。
本当は、布団かぶって、目をとじて、それで全てなかったことになればよいのだけれど。どうもそういう風に世界はできていないみたい。
 

なんかもんもんとしてるうちにタバコがなくなりかけていたので、5時ごろコンビニへ向かう。コンビニで久しぶりに雑誌を立ち読みしてみた。丁度Meetsが神戸特集をしていたので、「ふん、格好つけの集まりだ」なんて、思いつつ見てたけれど、よく考えると、私自身が、美味しいパンやケーキ、雰囲気のあるカフェや、静かな喫茶店や、昔からの洋食屋さん、60年代の香りがする古着屋さんが大好きな神戸生まれの神戸育ちの格好つけそのものなのだ。そう思うと、少し照れくさくって恥ずかしくなった。
コンビニで、朝ごはんのパンと、タバコを買って外にでたらさっきより少し空が明るくなっていて、少しだけむん、とした夏の空気を吸っていると、さっきまでの暗く悩んだ時間は、なにかのいたずらだったのか、とさえ思えた。


夜更かしし過ぎも考えものですね・・・

26℃:82%(AM3:00) レッスン×2・キャスト型を石膏に埋没・ルビーペントップの作成開始
このページのトップへ

暑中お見舞い申し上げます。

05暑中見舞いほんまに毎日暑いですなあ。
ちょっと前のお休みに見た海が懐かしい限り。

昔から泳ぐのが好きで、(団体競技が苦手)海に行っても、今でも子供のように泳ぎまくります。しかし、ここ何年か泳いでないなあ。
久しぶりにプールにでも行って、心臓ばくばく言わせたいです。

ここ何年か、できていないことといえば、手紙を出すこと。
仕事関係以外では皆無です。教室を手伝うようになって、いろいろな変化に自分をついていかせるので精一杯で、それまでにお世話になっていた人とか、友人(とくに遠方)に全然近況を知らせていませんでした。

メールはとっても便利でよいのだけれど、私はけっこう紙フェチだったりするので本だったり、葉書とか手紙とか、銀塩の写真が大好きなのです。
近頃では、ブログ、友人同士での日記(ミクシイ)など、コミュニケーション手段が多様化していて、リアルタイムでその人の考えていることなどがわかってとっても便利なのだけれど、それがかえってメールアドレスのない人(もしくは不明な人)との距離をひろげてしまっている。

この夏はそういったことも、整理しようと思ってます。
ここで出会える方々とは、この場をかりてご挨拶。
素敵な夏をお過ごしください。

このページのトップへ

脳みそ裏返したい。

nazoring作ったのではありません(汗)
生徒さんがチラシの切抜きをもってきてくれたのです。
これ、どうやって石留めてるんでしょうね?って。

「石(オニキス)留めてから、メレ(小さいダイヤ)の穴を開けたら石に傷がつくし、もちろんメレを先に留めてもこんなふうに石にぴとっと沿わすように倒すことなんてできないし・・・」とか。うねうね一日悩んでました。


次の日。mko先生に尋ねたら、すかさず一言。

「裏からとめてるんやろな。石が裏から入るようにして、裏に爪つけといて倒して。」

「むむーん・・・・(なんで、そんなことが瞬時に分かるのか?)」

「上から留められヘんかったら、裏から留めるしかないやん」

「ははあ・・・・(返す言葉ない)」

ああ、もう、自分の頭ん中をひっくりかえしたいよ。
経験も絶対必要だけど、もっと柔らかくいろんなことが見られるようになりたい。

まあ、でも、一日悩んだから、頭の体操にはなったよね(多分)

28℃:76%(PM6:00) レッスン×2・御馴染みの加工場さんのロゴマーク5案考える


このページのトップへ

天の川が見えないので

気晴らしに一話、つくってみました。

-----------------------------------------------------------
今日は、絶好の水浴びびより
それほど太陽も幅をきかせていないし、アメはぽつぽつ降っている。
かえるくんは、大好きなかえるちゃんとのデートの為、
ぴとぴと降るアメにうたれ鼻歌を歌いながらシャワーをあびて
最後にクチナシの花の香りまでつけて、身支度をすませました。ame


でも、かえるちゃんとのデートはうまく行きませんでした。
デートに行く途中で、かえるちゃんの大嫌いなカミナリがいっぱいやってきたのです。
「かえるくん、ごめんねー、私カミナリ大嫌いなの」
ケータイで、かえるちゃんからの連絡を聞いて、途方にくれたかえるくんは
どうしていいかわからず、町をうろうろするのでした
カミナリのどどーぉんっていう音さえ、かえるくんにはうわの空でした。

「・・・・・タナバタだって言うのに・・・」
上のほうから人間の話す声が聞こえます。
タナバタ・・・???それが何だって言うんだ?俺はせっかくのかえるちゃんとの
デートがカミナリのせいで台無しになっちゃったんだぜ?
やれやれ、なんだって天候はこんなに俺の邪魔ばっかりするんだ?
こないだは干からびそうになったというのに・・・

そのうち大雨が降ってきて、ふと見ると、人間達はわらわらと降る雨を避けてどこか見えない場所へ行ってしまいました。
気がつくと、そこにはかえるくんだけがいました。
「自分より大きなものが歩いていない町っていうのも、たまにはいいもんだな。」
かえるくんはそう思い、町を思い存分駆け抜け、少しだけカミナリも好きになりました。

七夕に雷。
どっかで、織姫と彦星がけんかしてたのかもしれません。
もう、仲直りできたかなあ。


どっかから悲鳴が聞こえてきた雷雨:24℃:90%(0:00) レッスン×2・デザイン画完成
このページのトップへ

そんな人

- 星野青年の言葉 - (村上春樹著「海辺のカフカ」←先ほど読了、より)

「俺はさ、おじさん、こう思うんだよ。これから何かちょっとしたことがあるたびにさ、ナカタさんならこういう時どういうだろう、こういう時どうするだろうって俺はいちいち考えるんじゃねえかってさ。
・・・・つまりある意味ではナカタさんの一部は、俺っちの中でこれからも生きつづけるってことだからね。まああんまりたいした入れ物じゃねえことはたしかだけれどさ、でも何もないよりゃいいだろう」

 一緒に何かを共有するとか、感じあうとか、生きるって、その人の目線でも世界を見られる・見ようとする事なんかな、と、思う。まあ、(小説なので)もちろんこのせりふに辿り着くまでにいろいろがあったからこの言葉が衝撃的に響いたのですが。
こういう風に思える人達が、私にもいてよかった、それって凄い幸運な事やなあと、心底思いました。

そういや、明日(今日ですけどまだ寝てないから)は七夕なんですね。晩には星が見えますよーに。

読書日和な雨:24℃:90%(AM3:00) レッスン×1・デザイン画作成

このページのトップへ

コラージュ

vacation2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


長いようで、あっという間に過ぎてしまった夏季休暇の4日間。
その時々で見た風景を切り貼り。
年末まで、また、頑張ろう。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。