スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーダーの資質?

秋の夜長、久々に雨のしとしとと降る音を聞きながら、
やんわりと時間を過ごしました。
なんだか気持ちが落ち着いて、とても集中できそうな気がしたので、
シルバーの板の透かし切りでもしようかと思ってたのだけれど、
TVをぷちっと付けてみると「ゴッドファーザー2」をやっていたので
ついつい最後までみてしまい。
1もそうやったけれど、2も、最初は何の気なしにちらちら見る程度なんだけど
段々引き込まれていって、気がついたらTVにかじりついている。
本当に、魅力的な映画やなあ、と思います。

1でトップとしての地位を不動のものにしたマイケル(アル・パチーノ)と
そのお父さん(ゴッドファーザー)の若かりし頃(ロバート・デニーロ)の
お話が交錯して2のお話は進んでいくんだけれど。

職を失い、盗みや殺しをはたらき街のボスにのしあがりつつも、仲間に認められ慕われ、
街の人々には相談事をもちかけられ(当然断り切れずに(?)全て解決。
個人的にはpart1も2もこういうシーンが大好きです)、組織(ファミリー)や妻と子供を愛し、
もちろん愛されていたお父さん。

末っ子で、大学をでて、エリートコースを突き進むかと思いきや海兵隊に入隊し、
帰ってきてお父さん亡き後負けん気と頭の回転の速さでなんとか組織を維持するも、
ファミリーの一員である兄たちとの心の距離は開き、奥さんに去られ、
気がつけば近くには誰もいなくなっていたマイケル。

3を見ていないので、このあとどうなっていくのかとかは知らないんですけれど、
単純に、「頭がいいだけじゃ、トップはつとまらないんだな」と思いました。
マイケルは頭がいいだけの人じゃないし、人間的魅力もある人なんですけど。

色々な絡みがあって、やはりマイケルの時代の方が不遇やったなとも思うけれど。
お父さんは「ファミリーの一人一人が何を思い、何を欲していたのか」を考え、
マイケルは「組織がうまくいくために、ファミリーをどう動かすか」を考えてたような。
人は人やもんね。人が人を、コントロールできるわけがない。

そして、そもそもマフィアのリーダーとして生きるという需要や必要性が
マイケルにあったのかどうか疑問です。
リーダーは、それを欲する世界から象徴的に自然につくられるような気がするから。

しかし、若かりしデニーロは美しかった。衣装もサイコーにお洒落で素敵!
アルマーニが衣装提供してるんですよね。
古き、良き時代(古かったら何でもいいとも思いませんけど)を堪能しました~

21℃:80% もうすっかり秋ですねえ。秋刀魚が美味しいです。
スポンサーサイト

十五夜ごろ

秋花昨日(もうおととい)は十五夜でしたね。
とっても黄色くって、まん丸なお月様が見られました。
気持ちよかったです。
私はそれをビリヤード場へ向かう途中で見てました。

(写真またまた撮れなかったので、今日買った花をアップします。)

お店で練習していたら、いきなりその店のお客さん達全員参加で
トーナメント試合が始まってしまい、突然のことでかなり焦ったのですが、
なんとか勝ち続けて優勝。
最近、今まで黙々と練習してきたことの断片が、少しずつ繋がってきていて、
試合に勝つ、負けるは別として、ゲーム内容に反映されてきている事が
とても嬉しくって、やりがいがあります。
もちろん、自分一人でやってきたわけではなくって、教えてくれる方々に出会えて、
試合にでて、対戦相手の人にアドバイスをもらえて、っていうこともとっても大きな
事なんですが、そういうアドバイスを、日々練習することによって体現できるように
なりつつあることが、嬉しいのです。


彫金も同じやなあ、と思いました。
理論やメソッドを教えてもらって、頭で理解したとしても
いざ自分の体でそれができるかっていうこととは少し隔たりがあって、
それに近づく為には、やはり手を動かし、反復練習して、イメージと、実際のちがいを
すり合わせていかないといけないのだな、としみじみ感じました。

今まで確固とした趣味を持たずに生きてきましたが、本気でやりだすと、
趣味の世界でも、実際の生き方や仕事に反映できるようなことが、いくらでも
勉強できる。それが分かっただけでも幸せだなあ。

もちろん。面白いから続けていくのです。

今日は曇り空 26℃:80% レッスン×2・透かしシルバーリングの作り

はかなきもの

たからもの誰でも心の奥底に、一つやふたつ、秘密はあって

ホントはみんなに見せびらかしたいけれど

すぐに蓋をあけると夢でおわってしまうから

その時までは大切にしまっておこう

昼の雲

昼の雲2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日に引き続き、昼の空の顔。
この時期の空は、いつ見ても変化があって面白くて素敵。

夜の雲

夜の雲2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう遅いって、分かっていても、撮ってしまいました。

台風が過ぎた今日の夕暮れが
どれほど素晴らしかったか。
その後の三日月がとっても大きくて
どれほど細く美しい光を放っていたか。

そんなことは窓際から入ってくる光でわかりました。
でも、その時はカメラを持っていなかったのですよ。残念。

悔し紛れに、さっき夜の空を撮りました。
雲が素敵です。空がこれまでよりぐん、と高い。
気持ちのよい宵のそら。

オーバーホール

母リング3昔、生徒時代に作ったシンプルな指輪(sv×ピンクトルマリン)を母にあげたのですが、久しぶりに見ると、普段使いにしていた為か、ずいぶん使い込まれて汚れていたので、磨きなおそうと、預かりました。

で、普通に磨きなおしていたら、石自体も結構痛んでいたので、爪を取り、新しく付け替え、石も新しいのをはめなおし、それだけではなんなので(?)周りにぐるっとつぶつぶもつけて、少しだけかわいらしくしてみました。
(元々は腕部分は普通の甲丸タイプでした)

どうやら私はつぶつぶを装飾的に付けるのが好きみたいです。


さっきこの指輪を母に渡したら、結構喜んでくれて、
「これでは、普段の水仕事のときにはずしておいたほうがいいわね~」と。
・・・どんな指輪でも、水仕事の時にははずしておいたほうがいいとは思うのですが・・・。
それだけ大切に思ってくれているのだ、と思うと嬉しくなりました。
私自身は、水仕事の度に指輪をはずすので、よくどこに置いたか分からなくなります。つい先日も、一個指輪をなくしてしまいました。(どこいったんだろ~泣)石も、金属も、高価であるからといって、丈夫とは限らず、でも、大切なものは肌身離さず付けておきたい気持ちもあるのですよね。
大切にされる余り宝石箱からなかなか出られない指輪と、四六時中身に付いていて、本体が傷だらけな指輪だったら、指輪的にはどっちが本望なんだろう。
ちょっと、比べるものが極端ですかね・・

28℃:68%(PM10:00)台風接近中

これこれ

宝石箱これですよ。さっきの日記で書いた、思い出のアイス「宝石箱」!
ネットでうろうろしてたら、見つけました。
懐かしい~♪

ソース(当時を懐かしみたい方はどうぞ):
雪印・宝石箱

色石懐古

色石先週までの生徒さんラッシュが少し落ち着いて、気候もやんわりしてきたせいか、

今週はのんべんだらりと過ごしてしまっています。

今日も夕方からのレッスンだったので少し寝すぎ・・・

ちょっと前にいろいろしようと決意していたこともあったはずなのに、忘却のかなた。

そろそろ恒例の「やることリスト」の更新でもしよう。

 

今日は生徒さんとmko先生と石の話で盛り上がりました。

といっても、私は二人の会話を「そうかそうかそうなのか」と、聞くだけでしたけど(笑)

そうだ、色石について、もっと勉強しなきゃな、と思い出しました。


石付きジュエリーや色石に関して、この仕事に就く前で思い出す事といえば、幼少時代、プラスチックの指輪についたでっかい宝石形(台形の、これぞ宝石!!っていう形)の飴をうれしがって着けたり、「宝石箱」といういろいろな色のゼリーがはいったアイスクリーム(多分ピンクレディーがコマーシャルに出ていた)にはまったり、宝石屋のチラシの指輪を切り取り、それに帯状の紙を貼り付け指輪にして遊んだり・・・

と、汗の吹き出るような思い出しか持ってません。
でも、そのときはそのときで、ものすごく心が高揚して嬉しかったことだけは覚えているのです。
あのときのような気持ちに今でもなれる石に出会ってみたいなあ。
(上記のものは石ですらありませんが・・・)

でも逆に、石単体で見ているときはそれほどでもなくっても、地金と組み合わせて何かに仕上がったときにものすごく映えるものもありますよね。
自分のお気に入りな石にそんなことができたらほんまに楽しいやろうなあ、と思いを馳せてみる今日この頃。

27℃:90%(AM3:00) レッスン×1・昔作ったシルバーリングの修正
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。