スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪癖、一旦終了。

自分探しという名のあてのない旅を続けて早10年。
ここに至って、そういう言葉がしっくり来なくなってきた事に気づく。
だって、自分は自分なんだもの。ここにいるし。ただただ未熟なだけなんだよね。
ということで、どこにいるかわからない自分探しはやめて、
ここにいる自分をしっかり作っていこうと思う。

・・・しかし、10年間もそんな旅ができていたって、幸せやったなあ、とも思う。
スポンサーサイト

踏み出し中

枠このところ、雨が多いのでトップ画像を変えました。
今日は、気分がいいのです♪
ちょっと確かなこと、考えついたから。
写真は、現在作成中のリングの中石の枠。
悩みながらの作成だけど、一度これでキャストしてみます。
このリングの行く先にかなりときめいています。

前回の更新から一週間・・・何してたんだろうなあ(笑)
仕事はしてます(汗)
思い出せないほど充実していたのだろう。
ちょっと、ネットからも離れ、夜は本を読んだり
昼は重い足を引きづり図書館・美術館など。
そうして、自分が懐かしいって思える時間や場所を探していました。

私は、大抵どんなことでも楽しいです。好きな人々とすることは。
なので、気心の知れた友人や、恋人と遊ぶときはけっこう任せっきり。
その場その場で興味をもつけど、ただの八方美人。
んで、気がついたら、「自分が」何を本当に楽しいと思うかが分からなくなっていた。
今は、自分自身を知る時期なんやと思ってようやくちびちび動いています。
もちろん、作っていくものの中からも自分を知ること多いですけどね。
作っていく物に対しては、受身になるだけじゃ駄目だな、とも最近思います。

16℃・60%:雨続き リング中枠作成(WAX)・チラシ作成・帯留めデザイン

再構築

モーニング意外に復元ポイントは近くにありました。ふう。
自分は今、たしかに彫金教室の講師ではあるけれど、まだまだ勉強が必要な身。
講師になるまでに、一緒に働いた人々に出会ったり、その当時の自分を思い出してみて、リフレッシュできました!

今日は朝のレッスンがキャンセルになったので、久々にモーニング。
(宝塚の「パンネル」の食パン。近所の喫茶店で食べられる事を知り、ちょっと嬉しい。思わず撮影前に食べそうになってちぎってしまった・・・)

さあ、また一からがんばろ。

キーワード

ペントップ4月に入ってから、なぜかパソコンの調子が悪い。
とくに今やっている3design(ジュエリーキャド)のソフトと私の相性が極端に悪く、それがパソコンのトラブルへも繋がっていくのかな・・・。

この10日間余りに何度も目にしたキーワードが目の前をちらつく。
初期化 復元ポイント
初期化 復元ポイント
初期化 復元ポイント
初期化 復元ポイント

パソコンは、現時点ではファイルを損失することなく、設定等を復元ポイントまで戻すことが短時間でできる。便利な世の中になったもんだ。
ふと、考える。頭の中のもやもやも、頭ごと初期化してしまったら大変やから、復元ポイントまで持って帰れたら、今までに積み重ねてきたいろいろを、フレッシュな自分として受け止められるんじゃ・・・
もちろんいらない物を整理、捨てるのも大切だけど。

それができるかどうかは別として。
自分の復元ポイントを探しにちょっとそこまで出かけてきます。

アールデコ・ジュエリーの世界展

チラシ美術館2














一昨日になりますが、京都国立美術館で行われている
「アールデコ・ジュエリーの世界展」に、桜を期待しつつ行ってきました。

タイトル通り、題材はアールデコの時代のジュエリーなのですが
今回は実物は少なく、殆どがカルティエの宝飾デザイナー、シャルル・ジャコーのデザイン画でした。
時系列に、時代背景や風刺画とともに展示されていて、ジャコーのデザインの変遷が良く分かり、ブランドの歴史などに疎い私にとってはとても興味深いものでした。
時代の流れが彼のデザインを作るのか、もしくはその逆なのかは分からないけれど、彼がその当時の女性の活動や、体や、服装にフィットするジュエリーを作ろうとしていたことは分かります。
きっと遊び人やったんやろうなあ~。

いろいろな女性を知ることはもちろん、自分は女性として生まれてきたので、当然、と思っている部分(指の形とか体形とか、嗜好とか、日常の活動等)を、ちょっと第三者の目で見つめてみようって、思いました。

ジャコーのデザイン画は、それだけで美術価値のある絵画になっていました。
これをジュエリーに仕立てる職人さんはさぞプレッシャーかかったと思います。
実物より絵の方が美しかったら困るもんね。
それが、あれだけの素晴らしいジュエリーを生み出す結果に繋がったのかも知れません。


今日のおまけ。やっぱり京都は桜が美しかったです。
観終わってからミュージアムカフェでお茶をして、白川づたいに四条まで歩いて帰りました。
その時の桜。
4/15までで、もう日は残り少ないですが、興味のある方は足を運んでみては?

カフェ白川












足元スミレ







桜1kamo











桜2桜3











桜4桜と猫











桜7桜6

花の香りと孤独

実は今日の夕方、秘密の行動をしていました。
だったら書くな、って事になるんだけど。
秘密っていうのは、誰にも言わないっていうことと、同義なのかしら、と考えながら。


そして、今晩、自分がこれから孤独への旅を始めるだと感じる。
孤独・・・・、人によってはそれをお酒とか、居心地の良い場所・・・
例えば井戸の中とかに入ることによってそれを昇華させていくのかもしれない。
私にとっての孤独が心地よい場所。どこだろう。
沸々と考えながら、夕闇のなかで咲く桜の花の香りを思い出す。
昼間は桜の美しさに目を奪われがちで気づかなかった、甘酸っぱいいい香り。

黄砂さる

ここ一週間、私にとっての黄砂であったリングが完成。

ルビーリング元枠









ルビー×k18リングのリフォームです。
伏せこみ枠の周りにミルを打っています。
とーーってもシンプルに見えるのですが・・・

右の写真のような枠(爪留め・千本透かしという透かしが枠の周りにぐるっとはいっています)
から外して、いちから制作。だけど色々、うまくいかなーーい!
本当にいろいろありすぎて、忘れる程です・・・。
一つの山を越えたら、また霧につつまれる。それの繰り返し。
ぱっと見、簡単そうなシンプルなモノだけに、見切り発進がいけなかった。
きちんと地図を描いて、予測(この部分が私にはとっても欠けている)を立てて進まなきゃ
そりゃ遭難しますわな。なんとか出来上がりましたが。

そうして、出来上がった指輪を送って、周りを見回すと。
散らばった道具、くたびれた道具。
メンテナンスしながら、ダメ出ししまくりました。

地金や石の事を少し知ったような気になっていたら、作りで全然そんなこと無い自分を知り
今度は加工場にもお叱りを受けました。自分のやっていることはいろいろな事象を通り抜け
ダイレクトに自分に返ってくる。不思議なもんですね。
そういうことを、もっともっと感じたいって、今は思います。

人それぞれのサクラ


sakura

























今年は桜満開の時期がつかめず。
うかうかしてたらもう葉っぱが出てきてますね。
この間、雨上がりの空と桜が綺麗だったので思わず撮影。
携帯なのであんまり雰囲気ないですが・・・・


sakura1
でも、実は桜が咲く前の、木々がピンク色に色づく時期も好きだし
新芽が出かけている桜のほうが満開のときより美しいと思って
いたことも。そういう事を以前友人にしたら、少し不思議そうな
顔をされたのをすごく覚えています。
桜を美しくない、っていう日本人は少ないと思います。
でも、どういう部分に美を見出してるのかっていうのは
本当にひとそれぞれなんやな、と思った瞬間。







まぐろ
おまけ。まぐろです。
回転すし屋さんの前に何故か飾られていました。
せっかく飾るんやったら
ざぶとんとか、用意してあげたらいいのにね。

黄砂

黄砂






















いろいろな状況や、やらなければいけないこととかに包まれて
なんとも視界がせばまっている自分に気づかされる。
目的地にたどり着くのも大切やけど、その周りの風景や
ずっと上の方にある太陽の存在に気づかないわけはないのに。
少し深呼吸して、もう一度自分の立ってる場所を確認しよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。