スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

prism cafe@club talisman

報告が遅くなっちゃったけれど、先週の日曜日は、知り合いが主催するイベント「prism cafe」を観にいってきました。北野のクラブタリスマン、午後の部です。
ダンスパフォーマンスにファッションショー・パールやジュエリーの販売・メイク・似顔絵ブースが加わるといった贅沢な内容のもの。若手のクリエーター達が、今もてる全ての力を発揮!といった、それでいて、なんだかやさしい気持ちのこもったイベントで、一人で参加した私でものびのび楽しませていただきました。
神戸花真珠のkyoさん、お誘いいただき本当にありがとうございました。

神戸真珠工房 花真珠


ticketentrance












チケットがアールヌーボー調で美しい。お店自体もそういう感じの素敵な空間でした。

intalismanintalisman2












この空間で、マーベラスさんが踊ってました。(最中は見入ってしまって写真撮れませんでした)自分自身の体を動かして、美を表現できる人は素敵です。動き、止まった瞬間の形の美しさ、間合い、全てが調和とれてて美しかったです。
マーベラスさんは、神戸のクラブイベントでご活動されてます。調和のとれた美を、これからもいろんな人に与え続けていって欲しいな、と思います。

ダンスとダンスの間に挟まれたプチファッションショーも、着けているジュエリー、衣服、モデルさんの動きが綺麗に完結していてよかったなあ。
(・・・全然写真に撮れなくて、申し訳ありません・・・)

ringpaperholder











クラブ内装の玄関ベルと、ペーパーホルダー。モチーフのインスピレーションが湧いてくる。

booth







ショーが終わった後は、お茶とスイーツを楽しみながら、皆さんパール・ジュエリーなどの展示を見ておられました。私はこの間、メイクをしてもらってました。
自分以外の人にメイクをしてもらうと、全然違う人になってて、びっくりです。
そうか、こんな可能性が自分の顔にもあるのか、と再認識。

そして、その後、似顔絵かきのおっちぃさんに、描いてもらったのが下の絵。
似てますか?

ochiportlait












おっちぃさん(写真左の方)は、神戸の阪急岡本北側すぐのFarm house cafeでよく出没されているらしいです。興味のある方は、是非ぜひ足を運んでみてください。
似顔絵を描いてもらうって、結構どきどきしますよね~
そうか、こういう風に映ってるんだって。
スポンサーサイト

勘違い、もしくは発想の転換

いやーー、暑いですね。梅雨が明けたら、覚悟はしていたけれど、予想以上に暑い~。でも、こんな日に火をごうごう出して、地金の溶解をするのも、結構いけます。
(周りのみなさんには申し訳ないけれど・・・けむいし)

ちょっと前までの日記は、実は酒まじりの事が多く、お酒を飲みながら表層に浮き上がってくる自分の意識をブログに残す、という行為がかなり気に入っておりました。
趣味にまでしようかと思ったぐらいです(笑)

でもまあ、これからしばらくは、シラフで書いていこうかな。
日常が暑いので、これだけで結構ハイテンションになれます。いい感じです。
又、宇宙っぽい事を書いてたら、「あ、呑んでるな」と、勝手に解釈して下さい・・・

舌の根も乾かぬうちに、今日の宇宙的ひとりごと。(注:シラフです)

私の中でアクセルやとおもって踏んでいたものは、実はブレーキだった。
そりゃ、すすまへんわぁ・・・
ブレーキなんて踏んでたまるかって思って、踏まずにずっとそこにあったのが、アクセルだった。

同時に今の私は、行き先を指し示す羅針盤と、困ったときに見る事ができる地図、そして、荒削りではあるけれど、研ぎつづければ最強になるであろう武器を手にしている。あとは運を補強してくれる、お守りだけがあればと思っていたけれど、それもすでに私のそばに、ずっとあった。

あとは、自分が、アクセルを踏んでいくだけ。頑張ります。

梅雨明け

夏空
















夏が来た。
ひと目で分かる、雲ひとつない空。
昨晩ビリヤードの試合で少々寝不足気味のまぶたにはまぶしすぎるけど、
とっても爽快だった。本当にいい天気。

幾度となくここでは書いてきたかもしれないけれど、私が一番四季で好きなのは、夏の終わり、秋の始まり頃です。なんか、このころの胸が締め付けられるような空が好きなんです。すこし冷たい空気に漂うきんもくせいの香りとか。

で、今日はまだ夏が始まったところなんだけど。
来年またこんな日が来た日に、思い出して愛おしいって思えるくらい、今年は夏を楽しみたい!まずはお仕事頑張りまーす♪
(今日は、寝不足なので、明日から・・・・)


そういえば、明日は天神さんの花火なんですねー。
近辺の方々、目的地見失わないでくださいね~

26℃・62% 快晴!:レッスン×5・キャスト型埋没・ゴム型とりetc。

秩序と、非秩序 ~ティアラ展その2~

tiaratirasitiara2












ジュエリーを、なぜ人は太古の昔から、身に着け、身に着けたいと思うのか。
まだ、私はそれについての確固とした自分の考えを持っていない。

ジュエリー、それは、身に着けなくても、ましてや食べ物のように摂取して生命を維持したり、住居のように雨風から自分を守ってくれるものでもない。衣服に一番近いような気もするけれど、衣服は現代の日常生活で必需品であるのに対して、(日本の)ジュエリーは、そうでもない。

それらと相反するところにアートが存在しているような気もする。アートがなくても、人は生きていける。この辺はジュエリーと似てる。

でも、人は、その人独自のアートを人生の中で、何かの秩序に基づいて、どんな形であれ、作り上げていってると思うのだ。ある意味、人の生き様そのものが、アートなんかな。とも思う。

前置きが長くなったけれど、ティアラ展の感想。
100個のティアラは、どれもそれぞれの美しさを今でも保ち続け、単純に美しい、という意味で私を魅了する。それは、ダイヤの輝きであったり、秩序だった連続する曲線だったり、逆に、予想もしない石の配列から放たれる非秩序な輝きだったりもする。

展示の最後の方に、ティアラを実際に作り始める前の、スズなどの金属を白く塗った試作の型が100個ほど展示してあるところがあって、少々食傷気味の私は椅子に座ってそれをぼんやり眺めていた。
影が美しい!
白い型の向こうに映し出された、黒いティアラの影が、それまで影になど気にも留めてなかった自分に語りかける。

表面をとおりすぎるだけの美しさ、楽しさ、豪華さだけではない部分。
人はそれをただの影として、やりすごすのかも知れないけれど、
影がなくては、白いティアラもまた存在しない。


今日の晩、師匠と「人はなぜジュエリーを身に着けるのか」という話をしたら、師匠からは二通りの答えが返ってきた。
師匠はその二通りの考えを、生き様という師匠の秩序の中で表現し続けている。
私は私なりの、光と影について、考え、表現し続けよう、と強く思う。

現時点の、着け手としての自分にとってのジュエリーは、孔雀の羽みたいに、自分を美しく見せ、相手を魅了したい、っていうもの以外の何ものでもなかったんだけど。これを期に、着ける人と、作る人のバランスについても、考えてみようと思いました。

ひとりで京都ぶらり ~ティアラ展その1~

少し前ですが京都文化博物館へ、ティアラ展を見に行ってきました。
弟子のユキちゃんと行こうと思っていたのですが、予定が合わなかったので、今回は一人研修です。ひとりで京都に行くのは本当に久しぶり。

・・・・予想通り、博物館にたどりつく前に少し迷いました(笑)
下調べも一応したんだけど、街中の地図を見間違えたらしい・・・
迷っている途中で不思議な感じの建物発見。
tiarakabe






tiaralamp鉄製のランプがいっぱいぶら下がっていて、それ自体もかっこよかったけれど、こういう風に連続して並べることによって、こういう雰囲気をかもし出せるっていう事が新鮮だったな。

迷いつつ、なんとか博物館に到着。ここは初めてなんですが、建物がなんといっても格好よかった。このあたり一帯がこういう建物であふれてました。神戸の旧居留地を彷彿とさせる感じ。廊下の窓なども、雰囲気良かったです。

<京都文化博物館・廊下の窓>
tiaramuseumtiarawindow











博物館に入って、建物をじろじろ、写真をとりまくっていたら、自称「セミプロカメラマン」(あやしい・・・)なる方に、逆に写真を撮られたりする一幕も。
その日着ていたレトロな柄のワンピースが雰囲気に合っていたのかしら。
ちょっとびっくりしたけど・・・

ティアラ展については、次の日記で後述しますが、見終わってから少し三条界隈を散策。この辺りは場所柄か、着物関係の雑貨屋さんや、パーツ屋さんがいっぱいありました。いろいろ見回りたかったけれど、下のお店で釘付けに。
j4和物素材を使ったアクセサリーパーツ屋さんの「j4」さんです。
かんざしや、着物や古布を使った樹脂玉パーツが豊富で、ついいろいろと購入。もちろん普通のパーツ・ビーズ類も豊富です。
店員さんと色の好みが合う~!っていう話から、和柄玉パーツ仕入れの話へ突入。
銀で、かんざしなど作ってみたかった私にとっては、参考になることが多く、うってつけのお店でした。
100個から、オリジナル樹脂玉作ってくれたり、アクセ系メタルのキャストもやってくれるそうなので、興味のある方は是非行ってみてくださいね。

お店を出たら、私の「雨女パワー」が見事炸裂し、雨がどんどん降り出したので、おとなしくその後は帰りましたが・・(でもビリヤードの練習もしに行きましたが・・)

今日は一言も喋らない京都かな、って思いつつ出かけたけれど、そんな事もないですね。昔から一人で行動することも好きでよくやってたのですが、もっと無口だったと思う。歳を重ねて、自分の興味範囲・お仕事関係について、おしゃべりになってきた自分を再発見し、少しわくわくしてきました。一人でぶらりも楽しい~!一日。

わかれみち

「普通の道、楽な道、いばらの道があるとすれば、迷わずいばらの道を選べ」
mko先生に弟子入りしたときに言われた言葉です。
どの道をえらんだとしても、たどりつく先は同じ。
でもあきらめてはいけないと。

単純な私は、いばらの道につっこんでいきました。
いばらの道、っていうのは、なんというか、棘が痛くって大変なわけじゃなくって、入り組んでるんですよ~、からまりあってて、訳分からん状態が大変な訳です。
前が見えへん。
もちろん進んでいるうちに傷だらけにはなります。けど傷自体は友達みたいな存在に変わっていきました。傷がいっぱいあればあるほど自分を信じることができる。
あきらめない、ということだけを信じて進んで、人よりもちょっと下ぐらいのスキルしか持っていなかった私でも、なんとかまだ彫金したり教えたりできてます。

そして今、ある事象が、又わたしを人生の岐路に立たせてます。
今回のわかれみちは、もうちょっとレベルアップしていて、一見普通そうだけど、実はいばらの道・楽しそうに見えて実はいばらの道・どうみてもいばらの道だけど、やっぱりいばらの道(笑)です。

あなたなら、どの道選びますか?たどりつく先が同じだとして。

大小すら

あるとき私は彫金教室もしくは加工場(という名目の)のマンションの一室の中にいて、その中では、自分自身が人間大のように感じる。
あるとき、私は大阪のビジネス街の夜を散歩していて、その中では、自分自身が本当にちっぽけな存在に思えた。
そうしたら、自分の胸に今抱えている思いとか、頭の中にある悩みも、とるに足らないものではないかと思えるから面白い。

一方で、金の丸線を加工しているときの、ほんの小さな亀裂やでこぼこが気になってしょうがなかったりもする。

多分、現在の私に求められているものは、全体を見渡すことなんだろう。
現状を受動的に感じるんじゃなくって、そこに自然にある、ようにするにはどう配置しよう・・・。


来週ビリヤードの試合があって、今週はマジモードで練習・講習(受けたり)してます。上に書いたことが、生かせますように。

講師、のち道路上のケモノ

「ワックスで削れる形を、地金でどういう風に作れるか、一度考えてみて。そしたらいつか全然違った局面でそれが生かせる時がくるから」
(もっとまわりくどい表現だったような気もするけれど)

久しぶりに講師としての自分を臆せず出せたような気がする。
そして、その7時間後、私は道路上のケモノと化していた・・。

難しいことはあんまりうまく書けへんけど、「A+B」を「A+B」以外、のものにしようと思ったとき、上に書いたような鍛錬が必要になるのだ。

仕事が終わった夜、6年ぶりに車を運転した。しかも一人で。
これは私にとっては道路上の暴力ですらない、ただのケモノ。
でも、運転している私にいろんな人がささやいた。
「右のサイドミラーは後ろの車を見るために」(by M)
「道路は、自分一人のものやと思って運転したらいいよ」(by K)
「(何があっても)形があるうちは大丈夫!」(by N)

そしたら、結構なんでもうまくいって、運もあると思うけれど、今日のところは、思ったよりもすんなりうまく走れました。駐車もできた(ふう~~)

車の運転上、私がCを作り出す事はないかもしれないけれど、人の声が聞こえているうちは大丈夫かもしれない。

・・・・という訳で、阪神間の道路で、赤いオペル号(もしくは黒いチェイサー号)を見たら、それはケモノかもしれないので、みなさん少し離れて見守るように!!
まあ、ケモノといっても、ナマケモノ、もしくはコアラぐらいですけどね♪

台風一過ですねえ。

070715sol



























空が青くて、雲が輝いてて、もうそれだけで幸せな気分♪
この間聞いたお話なんですが、人体中のセロトニンっていう神経伝達物質が不足すると、うつになりやすいらしくって、日光を浴びる、という事は、セロトニンの分泌に深く関わるそうです。
よし、いっぱい浴びて、最近の不足分、補給するぞー!
(ど真ん中の大きな雲、ハートの形に見えません?)


昨日までの雨の日は、それはそれで落ち着けて良かったんだけど。
やっぱり体が欲していたのかな。DVDを見て擬似セロトニン補給。
「Legally blonde (キューティーブロンド)1」を見ました。

legallyblonde1legallyblonde2
一見、ファッションと、コスメと、自分磨きにしか興味のない尻軽女に見えがちのブロンド娘エルが、動機は不純ではあれ、ハーバードのロー(法律)スクールに入学し、自分の新たな生き方を見つけるっていうお話です。
私のハンドルネームと似てるって、momoさんが言ってくれてたのをふと思い出し、見直してみました。(Elle woods≒ELWOOD)
最初っから最後まで、エルのエネルギーと映画中のファッションに見惚れているうちに爽快に終了!って感じ。気持ちのよい映画です。
(そりゃないやろ、っていう展開もちらほらあるけど)

卒業式でエルが卒業生みんなに投げかける言葉、
「It is with passion,courage of conviction,and strong sense of self...that we take our next step into the world」
かなりぐっと来ました。

エルは、そういう言葉の裏づけを自分自身の行動から学んできたわけやけど、私はその言葉を信じてこれからの行動に繋げていこうと思う。

台風やなんやで、いろいろ予定変更も多いでしょうけど、みなさん素敵な3連休をお過ごしくださいね!

軸と平面

下にも書いたように今週もいろいろあったけれど、明日はお休みです。ふう。
まず梅田に納品がてら出かけて、戻ったら工具の発送して・・・・
って、全然お休みちゃうし!
自分時間軸の中では日々の業務がはみだしまくり。全然おいつきまへん。
そうそう、今、彫金工具のセールをやってます。よかったらクリックしてみてくださいね~。
→工具セールページ

工具





おっと、軸の話。
私の思考パターンは、自分軸中心です。
人の事を考えるときは、自分がどうされたら嬉しいか、自分だったらこういうときどう思うか、を基本に行動する。その瞬間に相手がどう思うかなんて、一生わかりっこないって思うから。分かるのは自分の思いだけ。
押し付けだ、っていうのもわかってるんやけど。

そこに、仕事面・家庭面・対人・恋愛面・感情面が同時に別々の角度で重なってきます。
今、3Dキャドの作業面を想像しつつ書いてるんですけど。
今日の場合は、仕事面から座標がはみ出して、ゲームオーバーって感じでした。形になりません・・・
これ、日々の日記記号として、つけてみたら面白いかな。(キャドソフトの練習にもなりそうだ)

んで、自分以外の誰かにもおんなじ様なことをしてもらって、それぞれの数値・もしくは形状をブーリアンして、交差した部分だけおいておく。
それをお互いの符丁にしていくんです。

plane1hucho2








あ・・でも、3デザインは、1ソフト1パソコンしか使えないんだよなあ。(ぼそり)

ParaISO of 3design
angelring.net

境界

昨日はハードな一日でした。一言で言ってしまえば、衝突、っていう感じ。自分がよく知っていると思っていた人とも、まだ顔も見たこともない人とも。

私は、知らず知らずのうちに、大小の差はあれ自分が属している(と思ってる)世界と、そうじゃない世界を線引きしてしまう。どうせ言っても結果は帰ってこないだろう、と。底のない穴に石を投げているようなもんだと。

そして今日。衝突は無駄ではないことに気づく。
むしろ、衝突できることがすごい幸運なことなんかな、とも思う。
それは多分、私だけではなく、みんな何かしら境界線を設定しているから。
もちろん私にその境界線をたくみにかわして滑り込むスキルはない。


黒い海夜、黒い海が見たくなって南のほうまで歩いた。
この辺は何かあったらすぐに来てしまう。何回も来たっけなあ。
歩きながら、ふと、やさしい気持ちにふれる。
今までだったらふらふらと、そのやさしい居心地に何も考えずに飛び込んじゃう。
でも今は、そんなことすら考えず、ただただ歩いているだけで楽しい。



歳を重ねるほどに、夜の黒い海がこわくなってきたような気がする。
それでも、近寄ってしまうんだけど。
なんでやろう。底が意外に深い事を知ってる(つもり)だから?
そういう怖さを忘れるぐらいに、「あれっ、もう踏んでる?」っていうくらい、自然な流れで境界を超えられますように。
書いてて思ったけれど、ただの不器用なんですね!?

宇宙的「さげまん」考察

chalk












なんか、自分語り的ブログになりつつあるなー。と思っていたら、読者のお方から「もっとはじけろ!」というご指摘が(汗)
という訳で、もっともっと自分語りしてこっかなー(違う?)なんて思いつつ書いてます。今晩は、前回の日記の宇宙的手直しがめどついたんで宇宙的思考から。

おとといの晩生徒さんたちと「あげ(女もしくは男)」と「さげ」について、妙に話が盛り上がり、その中で、私はブラックホールに匹敵するほどの「ものすごい『さげ』女」との太鼓判を押していただきました・・・・(汗)
周りに寄ってくる人々の「気」を吸い取り、いらなくなったら捨てる・・・というような感じだそうです。なんかこうやって文字にしているとなんとも恐ろしいですねえ。
もちろん世界には「さげ」だけじゃなくて「あげ」人も同じぐらいいるので、そのバランスでなんとか成り立っているみたいだけど。

で、自分の今までを考えていると、確かに、そうだったような気もしちゃうんですよね。これはこれで結構ハードな事実なんやけど、上に書いたような人って、なんとなく、小悪魔的美女を想像しません?そしたら、なんとなく誇らしくもなってきました。私は私の本質に、関わる人全ての心をとろかすような、女郎蜘蛛のような小悪魔的美女を飼っているのね。

ほんで、その上げ・下げも、3D的に考えれば、もうどっちが上でどっちが下なんて概念もなくなる訳だし。スプートニク的には、上げと下げが押し合って、くるくる回りだして、新たな動力を生み出していけたらいいんちゃうかな。

・・・なんか、自分で自分を慰めているようにも読み取れるけれど、もう開き直ることに決めました。私はここでは孤独と旅するsputnik号のライカ犬ELで、3desginのサイト的にはchalkで黄と白の縞の9番で(写真はビリヤード用のマイチョーク)、エンジェルリングではMJ子次期責任者で、宇宙的にはブラックホールで、究極の下げですが、それでも良かったらかかってきてください!一緒にくるくる回りましょう♪

スリーセブンの朝

sol-taka
















今日は七夕。
長くて、そしてものすごく短い一日が明け、雨だと天気予報は言うけれど
つかの間の美しい空が見えた。

なんか、いろいろとあるけれど、777を迎えた瞬間に、ああ、生きていて良かったなあ、と思える出来事がありました。じんわり嬉しい。

蝉の声を聞いた。ああ、ほんまに夏がやってくるんやなあ。
今年は花火とか、海とかいっぱい行ってみたいな。

・・・・なんて事考えながら出勤したら、宇宙的仕事が手直しで戻ってきていました。
もしかしたら、宇宙に好かれているのかな・・・?今日も頑張ろう。

初レッスン×2

今日の午後はユキちゃんの初レッスン日でして、ある意味自分のレッスンより緊張する一日でした。
遠くから見守るつもりだったのに・・・・・ついつい、手助けしてしまった。
もっと突き放さなければ、っていう気持ちと、いやいや彼女はものすごくよくやっているけれど、まだ半年たらずで不安も多いだろうし、っていう思いの板ばさみ。
今までにいろいろな職場で、後輩に教えるシーンはいっぱいあったけれど、思えば彼らは、他の人からもいろいろ学んでいたと思う。
しかし、ユキちゃんの場合、ジュエリーに関しては現時点では、ほとんどは私を見てきたわけで、ここからは、生徒さんに教えると同時に、いろいろ教わることもあるはずなんです。(それは、生徒さんにとっても、いい事であると私は信じています)
今日はその醍醐味をちょっと奪ってしまったかな、と、反省。
彼女がジュエリーメイキングについて、そしてそれを教えることについて、新たな世界をここで広げていけるように、あんまりしゃしゃりでないように気をつけよう。
そうして、鬼にならないといけない日も。くるのかな~、くるんですね。きっと。
mkoさんの心労(鬼にならないといけないこと)が、わかってきました・・。

そして、今日は私にとっても初レッスンの日でした。3designの(ジュエリーキャドソフト)。
このソフトはプロバージョンを持っていないと、実際にワックスや光造型樹脂の型として出力することはできないんですけど、今日全く初めて触る生徒さんも、あまり抵抗感なく面白がっていろいろ操作してましたので、3Dソフトにしては、やはり入りやすいソフトなんではないかと思います。
(自力で勉強するには手に入れられる情報量が少なすぎるとは思いますが・・)
何ヶ月間か触っていて思ったのは、こういうソフトって、デザイナーさんより、作る人のほうがよりリアルに近い感覚で操作できるんじゃあないかなあ、っていうこと。
いずれ、デザイナーさんとキャドソフトの間に入る、作りが分かっているオペレーターが必要な時代が本当に来るんじゃないかなあ。そしたら、両画面液晶モニターとか、ペンタブレット(デザイナー)とマウスの融合とか、はたまた映画館カップル席のようなシートとか、いろいろ面白い設備を配備してみるのもいいかもしれませんね。

見方変えれば..

ラピス1なんか、今日はどしゃぶりですねえ~
近くの銀行に行く用事があって、ちょこっと出たら、足下ずぶ濡れに・・・
何かそのまま戻るのもしゃく(?)だし、スーパーに行って生徒さん達の飲み物など買って帰ってきたら、自分の分を数に入れるのを忘れる午後です。ええ、7月に入ってもう4日が経ちますねえ。すごい早さです。



写真は、以前ちらっと書いた「宇宙的加工仕事」です。
パールのピアス・サンゴのペントップ・ラピスのペントップ×2を
一つに融合・・・。迫力ですねえ。
組み合わせ方などは全部お客様の指示通りやっただけなんですが、
なんか、宇宙!って感じしません?
加工してる間、色々ややこしくって、自分の頭も宇宙になりかけました。
がんばれスプートニク。

でもなんとか無事出来上がりました。
次は修理の仕事をすませてしまって、ネットショップの商品作ろ♪
で、上のペントップはばらすと3つのパーツになるので
それを撮影したところ、そのうちの1つのパーツが、なんか・・

ラピス2







頑張ってる人みたいに見えるー!(汗は書き足してみた)

それだけなんですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。