スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い砂浜、見えた!

incence



この間京都のお香やさんで買ってきたお香を焚く。
やっぱり自分は緊張しているのかもしれない。
いつだって、石留めのときはそう。








before今からマリッジリングの石留め。
CADで作ったデータを、樹脂で出力し、その樹脂を型にとってワックスを流し込み、そのワックスでキャスト(鋳造)しました。

思ったよりもプラチナだとキャスト時にサイズが縮まなかったので、仕上げののりしろ分サイズダウンして、仕上げた直後。








inブラックのダイヤを石留め中。

石留めしながら、かなりスムーズに事が運んでいる事に、驚く。
まるで、何者かにやらされているような気さえしてくる。
うん、今まで自分が手作りでやってきた事とは、明らかに違う(※あくまでも、機械で作ったように均等、対称に作れない私の場合。)








after無事、石留め終了しました!
今月のノルマもこれにて終了。
何回か溺れかけましたけど、ようやく白い砂浜が目前です。
よかった・・。ほっ♪

あと、細かいところを手入れて出来上がり。
このまま仕上げてしまってもいいのですが、最近余裕が持てるときは一日置いてから最終仕上げしています。
疲れ目でやり遂げちゃうと、アレなんで・・(汗)




今まで、自分で手作りしてきたものは、
いかに精度を高めるか、いかに石の形に合わせるか、いかに(機械で作ったように)合わせられるか、への限りない試みだったように思う。これからもそうだけど。

今回のリングはデータを自作、とはいうものの、上に書いたような事は当たり前に出来上がってきてしまう。今まで手でどうしても再現できなかった頭の中の願望が、目の前にある。
つくづく、恐ろしいことだとおもった。そして素晴らしい事だとも思う。

だけど、出来上がったものが、「魅力ある」ものであるかどうかは別問題。
それに反して、魅力あるものを作るためには、基本的な美しさを実現できる能力が前提であることも事実。

今までが人が機械に近づこうとしてジュエリーを作ってきた時代だとすれば、
今度は機械(データ)を人が作ってきたものにすりあわせる、
もしくはキャドで作りにくいデータについて頭を悩ませる時代が来たんだなあ、と思います。


石が留まった指輪を、じっくり見てみる。
うーん、やっぱり私が作ったものになってるわ(笑)
この辺りは、最初から最後まで自分でやってる特権かもしれません。
スポンサーサイト

たまにはこんな日も

昨日の朝から3日間、師匠達は、JJF(ジャパンジュエリーフェアー)へ出張。

東京ビッグサイト 東4・5・6ホール、
(株)安井インターテック様のブース(ブース番号V-30)にて、
3design(スリーデザイン)のモデリングデモを行っております。

安井インターテック様は、ジュエリー業界的にはキャスト機器とレーザー機器、そして3Dキャドソフト関連のメーカー&商社さんで、今回の目玉は新商品として低価格で高性能の(波形が可変)卓上式レーザー溶接機を出しておられるとのことです。
関東で、3デザインソフトもしくはレーザー機器に興味をお持ちの方、是非お立ち寄り下さい。新しい世界が広がると思いますよ♪


laserそして関西方面では、来週頭、9/4(木)・5(金)にプライベートフェアと称してのお披露目展示会がありますので、レーザー機器に興味がある、もしくは購入ご検討の方、こちらも是非足を運んでみてくださいね。
(こちらでもミシュレイとして師匠達が3デザインのモデリングデモを行います。)

レーザー溶接機、いいですよねえ・・。
石外さないでも地金をくっつけられる。修理にはうってつけです。
私は最近こういう仕事を抱える事が多くなってきて、本当に欲しいと思うのですが、高すぎて手が出ません。だけど「低価格で高性能」だっていうし今回のは見てみたい。
ないならないなりに色々考えてなんとかするし、それがトレーニングだとも思うんですけど、どうにもならない時もあるもんで・・・・。
二日のうちのどちらかに見に行く時間を取りたいものです。(買えないけど)

ミニ展示会日程:
場所:大阪心斎橋、美宝会館5F
日時:2008年9月4日~5日


ミニ展示会及びにレーザー機器へのご質問等は、
安井インターテック株式会社様(担当:山鹿さん)へ、お問い合わせお願い致します。
安井インターテック株式会社様のサイトへはこちらから。

------------------------------------------------------------

で、例によって留守を預かっているわけですが、
日中はレッスンがユキちゃん担当の日であったのも手伝い
ぼーーーーーーーーーーっ。ゆるゆるでした。

こんなにのんびりした午後は久しぶりかも知れません。
お昼ごはん用意したり、晩御飯作ったり、
あとは来客の方の応対や、荷物の発送、生徒さんといろいろお話とかしてたら夜の9時(笑)。

んで、それからゴム型とって、キャストの準備して、銀と金の地金溶解して、って。
いくら昨日何かを完成させてほうっとしてるからって、どんだけスロースターター・・あはは。
結局作業自体は二時間弱で終わったので、集中してできて、これはこれで良かったのかも知れませんが。


普段は、もうちょっとましに朝から働いてるんですよ。
だけど気がついたら、やっぱりいつも晩になってる。
そういうわけでここんとこ炊事もあまりしてませんでした。

今日久しぶりに料理をして、いい気分を思い出したような気がします。
午後にあんまり作業をしなかった分、逆にいろんな方針が頭の中ではまとまってきました。良かったです。
仕事も楽しいけれど、ついつい一直線になってしまいがちなんで、
休みの日だけでなく日々をも、いろんな面で楽しまなくっちゃ勿体ないですよね。ふう。

彫金関連なら angelring.net

3design(スリーデザイン)関連なら (株)ミシュレイ

アラビアの真珠 ~金属工芸科OB展~

(前々回のエントリーから続き・画像は全てクリックすると大きくなります。)

うきうきとして階段を上っていった私を待っていたのは、静かな情熱だった。

entranceyuki1










「candere」・写真上 
(白く輝く・シャンデリアの語源となったラテン語)は、
その名のとおり落ち着いた空間に白い光を放っていた。
弟子のユキちゃん作です。


12










京都伝統工芸学校・金属工芸科のOB展というだけあって、
ジュエリーに限らない、人々が日常的に接する様々な金属製のものががずらり。



34











最初「何でできてるんだろうどうやって加工してるんだろう」
と思いながらまじまじと見つめていたけれど、
途中からはあまりそういう事も考えず、そのものが置かれている佇まいのようなものを想像して楽しんでた。


56










唯一つ、わかることは、どれもが「丁寧な手仕事によって作られている」
という事。
それは、今の私にとっては大きな励みになった。


78











納期もあるし、他にやることもいっぱいある。
だけど今作っているものを目の前にすると、どうしても丁寧にならざるを得なくなる性。
その分色んなことを削ってきたと思う。
その辺りが作品のなかに見える。
どれもがきっちり完成している、素晴らしいものばかりだった。

------------------------------------------------------


yuki2先週の半ば頃に、私事ではありますが、
「これからも、自分は今までどおりに物を作っていけるんだろうか」と思う出来事があって、ずうっともんもんとしてました。
それ自体はまだ解決していないのですが
この日の「静かに物言う」作品を沢山みていたら
どんな場所で、どんな環境であっても、作る人は作るんだろうなと思いました。

うん、出来ること、出来る限りやってみようと思います。


exit・・・・で、前々回のエントリーの、イノダコーヒーに続く。

「アラビアの真珠」は、この後行ったイノダコーヒーのブレンドの名前。
コーヒー豆への丹念な気持ちと愛情が感じられるチャーミングなネーミング。

なんとなく、赤い服をまとったコーヒーの妖精が踊っているのをつい頭の中で想像してしまうのですが、顔は何故かユキちゃんでした。




彫金教室のページ

ネットショップ 天使の輪

彫金工具販売のページ

色々

まずは今日のお仕事から。

色々サイズ直し、石ゆるみ直し、リフォーム、新品仕上げ、色々お仕事分。
全部まとめて今日発送します。
あー、すっきり♪

ここのお仕事はどれも石が大きくて綺麗で、あめ玉みたいです。
見てるだけでわくわくするけど、触るときはがくがくです(笑)。



この中で私が作成したのは、一番シンプルな形のオパールリング。

opalring2シンプルゆえに、左右対称、「枠の周りにもうひとまわり大きな楕円」の楕円の形、リング部分の形、厚み、全体の重さ等、いちいち悩みました。
「これでいいんだろうか」って、13人ぐらいの弱気な自分に周りから囁かれました。
先週はちょっと色々と他にナーバスになる出来事があり、作りにも反映されちゃったというか・・・・、弱気が8人分ぐらい増量されてたかも。
(今はもう大丈夫です♪)

結局、当初考えていたボリュームよりもかなり小さく薄くする事になり、金の地金の感覚(重さ、硬さ)が、まだまだ身についてないなあ、と実感することしきり。

だけど出来上がったのでよしとします。


あれ、OB展の記事は?と聞かれそうですが、
今から晩御飯食べるから、ちょっと、待ってて。

今も昔も、変わらぬ香り

初めての、京都イノダコーヒー本店で休憩&待ち合わせ。
店内は、なんともいえない豆のいい香りで満たされてた。

arabian-pearl写真は、一番スタンダードなイノダコーヒーのブレンド。

「アラビアの真珠」っていう名前。
酸味と苦味の両方が結構感じられる、個性の強いブレンドだと思います。
この後お砂糖とミルクを入れていただきました。

人を待っている間、「アラビアの真珠」を飲みながら、デジカメで撮った大量の写真を見直したり、久々の京都で少し興奮気味に色々買ってしまったものを眺める。



本日は、ユキちゃんのOB展を見に、四条烏丸まで行ってました。

駅から徒歩5分のところに会場があるのですが、駅のすぐ近くにずっと行ってみたかったお店があったので、ちょっと立ち寄る。


karacho「唐長 四条烏丸」

襖紙をずうっと作り続けてきた老舗の唐紙やさんです。
写真はウインドーの外から撮ったので色々映りこんでますが、
こんな素敵な風合いの唐紙と、唐紙を使った小物類がいっぱいで興奮。
色味は現代風にアレンジされてるらしいですが、それでも変わらない、完成された美しさを感じました。




肝心の小物(封筒・カード・皿・ネクタイ・ランプシェードなどがありました)は、結構いいお値段してたんで、今回は唐紙の文様集のような本を買う。

cocon1cocon2














「唐長」は、四条烏丸のcocon karasuma(古今烏丸)というビルの中にあって、私は地下から入ったのですが、ビルの中はほんわりとしたいい香りに包まれていて、なんの香りだろうな、と思って1階に上がって納得。

お香やさんがありました。

「Lisn」というお香やさんで、前に一度白川通りのお店には行った事があったのですが、ここにあるとは知らなかった。(白川通りのお店がこちらに移転したのだと思います。)
思いがけず嬉しい。
ここは香の老舗「松栄堂」さんがお香を現代生活に取り入れやすいようにお店そのものから使い方の提案にいたるまでモダンにアレンジされています。

今回は森の香りと、白い花の香りのお香と甘い香りが入ったサシェを買いました。
一本から買えるのでお香好きの方にはお勧めです。


ああ、いい香りに包まれるって、なんて幸せな気分にさせられるんだろう。

そんなことを思いながら、展示会場へ向かい(今回も少し迷った・・・)
辿り着き、入る。

階段大正時代に建てられたと思われるその建物の階段は、まるで自分が通っていた小学校にそっくりで、油引きの香りがもう自分を小学校の頃の記憶へ呼び戻していた。

ああ、ああ、懐かしいなあ。

まるで、本当に自分が子供に戻ったような気分。
うきうきと階段を上る。







2階には、ユキちゃんの作品をふくめ、沢山の見ごたえある作品がずらっと並んでいたんですが、写真撮りすぎたんで、それはまた次回に書きます。
前置き長くてごめんなさい。

今晩は、もう一つ大切なイベントがあったんですが、
今日の記憶を、また何かの拍子に思い出すとしたら、上に書いたような香りを嗅いだときなんだろうな、きっと。

Identity

wakuユキちゃんが展示の作品作りに没頭しているあいだ、私はというと、画像のリングを作っておりました。

オパールのペントップ→リングへのリフォーム。
「枠の周りに『ひとまわり大きい』楕円のふくらみをつけて」の塩梅に悩んでいるところです。

奥に見えている青い石は、サイズ直しをしたリング。

日々にはレッスンがあって、その傍らネットショップや、その他の電話やネットのやりとりがあって、本腰入れて作れるのはその後。
昨晩は少しだけミッドナイトクルージングしてました。


前回のエントリーを書いてるときは、
「やらなきゃいけないことから開放されて、自由奔放になにか作りたい」
っていう気持ちでいっぱいになりかけてたんですが、夜中に一人、金を削っていたらそうでもなくなってきてて、今こうやって誰かに頼まれて何かを作っているということ自体が私自身なんかなともおもいます。

今はこの指輪のことで頭がいっぱい。
不器用なんかな、って思うけれど、自分のブランドのデザインに関してはやっぱり後回しで、それはいまある色々を精一杯やったあとの楽しみにおいておこうと。
こういうところにも人間性がでるんでしょうか・・・。

うねうねの行方

ハングリーとか言ってたわりに、昨日の深夜にジョリパスタで
「完成『前』祝い」などやっててお腹いっぱい。
今日も午前中は胃がもたれていたエルです。こんばんは♪

なんの前祝いしてたかっていうと、

candere


















弟子のユキちゃんが、明日から始まる出身校のOB展に出すペントップです。
かれこれ何ヶ月も悩んでいたのをずうっと見ていたので、期日間際まで「大丈夫かな」と思ってましたが、なんとか搬入日の今日、仕上げて先ほど搬入に向かっていきました。

手前味噌ですが、なかなか気合と根性を感じさせる、
迫力ある作品に仕上がっていたと思います。
師匠特権にて、チラ見せ(でかいけど)&宣伝。

彼女の母校は伝統的な金属工芸の学校なので、
ジュエリーに限らないいろいろな金属の作品が見られると思います。
金属加工全般に興味がおありの方、京都に出られた際には、
気が向いたら見に行ってみてください。

--金属工芸科 OB展--

8月22日(金)~25日(月)

京都芸術センター(大広間)
10:00~20:00 入場無料

最寄駅は、阪急京都線「烏丸(からすま)」駅
京都市営地下鉄「四条」駅より徒歩約5分。
最寄出口 = 22番出口

TEL 075-213-1000

できあがりまでのうねうねは、下記をどうぞ。
YUKI blog(cosmy's diary)


NMptできあがった作品を皆で見ていて、
mko師匠が「不思議なもんよね」とぽつり。

「ELよりも、(ユキちゃんの)発想は俺に似てる。教えてないのに」と仰ってました。

私もそう思います。
隔世遺伝か・・・。

二代目としては、ちょっと寂しくもあるのですが、まあいろんなタイプがいた方が面白いし(ちょっと強がり)。
そんなこと書いてる間にいろいろと仕上げ待ちのキャスト品がいっぱい上がってきたし(ちょっと言い訳)、自分もうねうねしながら世界を深めていけたらなあと思います♪

トゥーゴーで、行こう。

stone-materialj




ネットショップのリサイクルコーナーで、素材(ルース)の販売を始めました。
ちびちび増やしていきますので、チェック宜しくです♪

ネットショップ天使の輪
リサイクルのページ


今日のネットショップの商品は
売る前に(生徒さんに)売れた。

今晩のビリヤードの試合は、
晩御飯食べる前にさくさくと進み、終わった・・。
(二勝二敗で予選落ち。今頃、お腹すいてきた)

(なお、画像の石は駒みたいな珍しいカットのクオーツだったのですが、
売れちゃったんでタイトル画像として、友情出演。)


今日の晩御飯は、仕事場からビリヤード場に向かうまでに
食べる時間がなくて家から持って行った「うな丼」でした。
私が滞在してたアメリカ中南部では、テイクアウトの事を
「to go」って言ってたんだけど、今日ちょっと意味がわかった。

どこかに向かうために、いま食べてられないって感じなんかなと。
その先には、目的地が見えるようで、いい響きです。

明日からしばらくは、「トゥーゴー&ハングリー状態」に自分を追い込んでみます。

刹那の鳥

030817

























真ん中のグレーっぽい雲が、まるで羽ばたいてる鳥に見えて
シャッターチャンスをうかがっているうちに形は変わってしまってた。

今日と同じような日が、明日も来るのかと思うけれど
気がつけば空は秋。

少しずつだけど変化は訪れる。時には突然に。
今までの私はそういうことにひどく怖がりで、焦るばかりだったけれど、
やさしい気持ちでその変化を受け止められるようになりたいな、と
思ったオレンジの時間。

古物商発動

今日(もう昨日だけど)は、マドンナの50歳誕生日だったらしいですね。
おめでとうマドンナ。しし座だったんですね(納得)。

最近は家に帰ると、五輪特集を見てしまって、毎日夜更かししてしまいます。
今夜は陸上100m走で、世界記録を出したボルトのフィニッシュを、「世界一の『欽ちゃん走り』でしたね」とNHKのアナウンサーさんが表現してたのがツボでした。
「欽ちゃん走り」は日本の標準語なんだ。

そんなこんなで、今日は夜型風・遅めに教室へ向かうと届いてました。
シルバーアクセてんこもり。

recycleネットショップで「シルバーアクセの買取」を始めて、初のご依頼品です。
写真は、硫化した黒い膜を「スピーディップ」という薬品で取り除いて洗った状態。

ご存知の通り、地金はここ何年かでどんどん相場を上げ、シルバー・プラチナに関しては5年前の2倍~3倍の値になってしまいました。
今ちょっと下がり傾向ですけど、全体的にはこれからも上がっていくんじゃないかな・・・と。
彫金教室的にも、笑えない傾向です(笑)。
という訳であみ出した苦肉の策ではあったのですが、実際にものが届いて、機能していけそうでホッとしました。とっててよかった、古物商免許。

お引取りの商品は、もちろんかつては商品として一度完成したものであり、溶かしてしまうのには自分が「作る側」の人間である以上いささか心が痛むのですが、

再生して、また人が身に着け続けていられるもの

そういうものを私をはじめエンジェルリングや天使の輪のスタッフや、
生徒さん達が作っていければそれでいいのかな、とも思います。

これを読んでいる皆様も、もし家に大量に使わないシルバーアクセがあったり
彫金やってて再生できないシルバーの切れ端など大量にたまってたらお気軽にご連絡くださいね。


シルバーアクセ買い取ります・天使の輪

お盆・・・

oribre


















なんか、忙しいです。気がついたら夕方になってます。
教室的には満員御礼でして、机空かないからネット系でも、って考えていたのは甘かった。レッスンにほぼかかりきりです。感謝ですね。
わたわたレッスンしながら、色々とキャストとか、ブレス作成(写真の)とか、
コンプレッサー発送とか、実家の小間使い(笑)とか、やってます。

画像のブレスレットは最終仕上げをすれば出来上がり。
乗馬グッズの「あぶみ」というものの形らしいです。
ハングルではなかったです(しつこい)。

今日はちょっと予定があり、ばたばたと教室をこれからあとにしますが、
明日も作りの仕事に燃えます♪
お盆総括はまた今度。

世間は、お盆なのですね

今日辺りからお盆休みが始まる(早いところは先週末?)ところが多いみたいですね。

夕方にワックスインジェクター用のコンプレッサーが壊れました。
購入元に問い合わせると、「お盆あけでよければ」無償で修理してくれるとのこと。
無償はよかったけど、一週間ぐらいかかりそうです。
うちの実家は塗装業なので、「もしかしたら、使ってないコンプレッサーあるかも!」と思い家に帰って見てみたら、あるにはあったけれど、馬鹿でかくて(笑)無理っぽい。残念だわ・・・。
しかし、お盆直前に壊れるとは。タイミング良すぎです。
(型からキャスト依頼の方。ハードワックスでうまく取れそうですので、これであさってにはキャストできると思います。・・・業務報告)

他にもピンクゴールドや、プラチナのキャストを外注で依頼したら、通常中2日が10日ぐらいかかったりと。
むー。今週はそういう事はもう忘れます。お盆だし。
それだけ、教室で教える事以外の業務が増えてきているんだな、とも思っておりました。

教室も、普段土日にしか来ない生徒さんも来られ、いつもとは違う面々でなんだか毎日が日曜日みたいで、新鮮です。
(普段は、生徒さんの顔を見て、曜日を思い出すので・・・)

以下、先週末からの生徒作品。

chouirこちらは、前回の「生徒作品バトン」エントリーで、はっぱっぽいモチーフのペンダントトップを作っておられた方の第二段。
今で3~4年目に入る長い生徒さんですが、色々作るのが楽しくてしょうがない感じが伝わってきます。
いろんなことが、彼女の中でまとまってきたのかな。
仕上がりに関しては何も言う事ないです。
デザイン、見栄え、付け心地、質感や重さ等、それぞれの要素に対して、感じている事をこれからも形にし続けていって欲しいな、と思います。



oricromringこちらもこのブログでは常連さんの作品。
一部、ご自身で使われている某ブランド物のパーツと、自作のワックスを組み合わせたリング(少し不鮮明ですね。ごめんなさい)
カスタムリフォーム・・・って感じかな。
借り物のようにパーツが目立つことなく、一体となって一つのリングとして完成しているところにセンスを感じます。






fjpentopこちらは透かしの入ったエメラルドカットの石枠のペントップ。習作です。爪のバランスが少し不均一なところを除けばうまく仕上がっていると思います。
これを作られたのは、ちょっと前にここに書いた「石を研磨している」生徒さんです。
石のカットについて学んだ結果、石枠作りも石留めも、よりスムーズになったのではないでしょうか。エメラルドカットの石枠を削るのは、そんなに簡単な事ではないんですよ。
これからは、複数の異なる大きさの石の組み合わせなどにも挑戦されるといいんじゃないかな、と思います。


石を使ったジュエリーに関しては、
「どうすれば安定して美しく留まるか。」
これに尽きますよね~。毎回、ここに一番頭を使う。


彫金教室 エンジェルリング

並べてみると

ブレスパーツ2ハングルなどにも、見えなくない。
全然違うけど。
ただの丸とか、楕円とかでも色々並べるとそれなりに意味があるように思えてくるのが面白いなあ、と思っておりました。

これは先日アップしたブレスレットのパーツ作りの続き。
金は・・・硬いです。分かっているけど、硬い(泣き)。
直径2mm程度の丸線が手で引けないので、ひっさびさに線引き機を使いました。
(通常は、塊からまず角棒をローラーで作って、それを丸い穴に通してひっぱる、という超ワイルド技法でつくっております<丸線)
明日は二の腕が筋肉痛でしょう・・・。

(線引き機の画像、撮ればよかった。興味のある生徒さん、レッスン時に聞いてくださいね。こちらも、プリミティブといわれれば、否定できませんが。)


もうちょっと丸みを綺麗にしたらこの間の画像のパーツと繋ぎます。
これは、乗馬グッズの「ある物」がモチーフ。
でももう、ハングルにしか見えないでしょ?(見えへんって。笑)

自分のデジカメを忘れてきたので教室のデジカメを使って撮影して、さっき画像読み込んだら、週末の「生徒作品バトン」がしのばせてあるのを発見。
明日あたりにアップしますね♪

ターン!

livesummer08

























残暑お見舞い申し上げます。
なんとか溶けずにやってます。

今日は絶好の行楽日和、弟子のユキちゃんを連れ、
明石の大蔵海岸へ行ってきました!

水着着て泳ぐの本当に久しぶりで、ついついはしゃいでしまう。
浮き輪つきではありますが、遊泳場の一番奥の浮きまで行って帰ってきました。


遠くから見ると海水浴場はこじんまりとしていて
「浮き」もそれほど遠くには見えない。
だけど、実際「浮き」まで辿り着いて砂浜をみると
浜辺の賑やかさと比べ、とっても静かで波の音しか聞こえず
なんだかものすごく遠いところへ来てしまったような気になる。
もちろん足はつかない。

ここから帰るのは、自分次第なんだ。

そんな事を思いつつ、浮きをつかんで離す。


夏ももう折り返し地点ですね。
まだまだ暑いけれど、遠い空には、うろこ雲が。
いろいろなことに溺れないように白い砂浜を目指して泳ぎます。
皆様が素敵な夏を過ごされますように。

新規参入

london-shieldこの石は、生徒で宝石研磨をここで習っていた生徒さんがルチルクオーツを研磨して、以前に私にプレゼントしてくれたものです。

「London shield」っていうカット名らしいです。
格好いいですね♪今日教えてもらいました。
カット名を聞くと、作りたいものの雰囲気も少し固まってきたような気がします。
今はなかなか取り掛かれないんですが、少しずつ商品にしていけたらな、と思ってます。


んで、彼女がいろいろ研磨した石を、チャレンジショップで売ることが決定!しました♪

ルース(裸石)をその特徴(色・カット・光加減)をうまく撮影するのはなかなか難しいんですが、ミシュレイのカズミさんがグレーディング用のプレートを出してくれたのでこれなら綺麗に色がわかります。
他にもリサイクル素材用に預かっている石もあるし、いろいろ試してみます。

なかなかルース屋や、オークションでも見られないカットばかりです。
乞うご期待!

うひょー。こりゃ本格的に忙しくなってきたぞ・・・。
明日ユキちゃんと海に行ってる場合ではないような気もしますが、
まあ、ひと夏一回ぐらい、ばち当たらないよね。
リフレッシュして、明後日からお仕事励みます!

教室はお盆もばりばりやってますので、いつでも予約くださいね。

彫金教室 エンジェルリング

ネットショップ 天使の輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。