スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜

一般の会社なら、今日は年度末だったのでしょうか。
エンジェルリング的には、6月末の休暇に向けてのちょうど折り返し地点。

晴れてCADデータを造型依頼に出し、
天気が良くてお日柄も良いので、今日は工具のネットショップ関連の仕事や、オーダー関連のお仕事・レッスンをしつつ最近のお仕事書類をアナログ・デジタル共にばっさばっさ整理。

karakusa.jpg
写真は生徒作品。
つい最近大学を卒業された、元学生さんの基本コース最終課題。
期せずして、同時期にこちらも修了。
今もさらなるスキルアップを目指して通われています。

ワックスで2パーツに分けて彫り、シルバー地金にキャストしてから組みあわせました。
地金やワックスの形だしについては、これまでで凄く上達されたと思いますので、
これからは最終的な装身具としての機能性や、石留めについて色々考えるようになるとさらにいいものができると思います。

karakusa2.jpg
写真が少々見えにくく申し訳ないのですが、
巻きついている模様のラインは地金の特性を生かした美しいものになっています。
これから、どんなものをさらにつくり出していってくれるのか楽しみです♪
卒業、おめでとう^^


clover.jpg
もう一つ、カメラの中に忍ばせてあるのを発見。
土日の生徒さんですね。

先週末、教室に寄ったときには彼女は別の課題の石留めに苦悩していて
これを仕上げた事は全く知らずにいたのですが。

右の石が入ったペントップは基本コースの課題ですが、また新たに作られたのかな?
石は5~6ミリ直径ぐらいのキュービックです。
左はフリーで作られたクローバーのチャーム。

春にふさわしい雰囲気が漂っていますね♪




夜、仕事が終わって自転車を漕いでいると一瞬目の前が白く煙った。
何かと思ったら、それは闇の中にぼうっと浮かぶ嬉しげに咲く桜の木で、
こちらも一瞬立ち止まって嬉しさを感じずにはいられなかった。
昨日まで一部咲きぐらいやったのに。

明日からもう、4月なんだなあ。
スポンサーサイト

ふうう

ura2.jpgようやく、ブーリアン(結合)できた♪

同じものをコピーしたもの同士なはずなのに、ブーリアンするタイミングやその組み合わせによってエラーが出たり出なかったりするのは何故なんだろう。

今度は実物大になってやっと見られるはず。
はて、ごっつくなるのか、ぺらぺらになるのか。
(今のところは、これまでの経験による数値を入れてるだけなので)

今日は、目がしょぼしょぼするんで、パソコンはそこそこに・・・。

貧乏性

すぐに桜満開のときが来るのかと思ってたけど、結構寒いですね。
ここら辺の桜は未だ一部咲きぐらいのところが多くて、今開いちゃってる花も「失敗したかな・・・」なんて、思ってるかもしれない。

一回開いちゃうと、戻るのは大変よね。

ふと、今までの自分を振り返って、「出たとこ勝負」の状態までは何故か強気なんだけど、いざ勝負となると結構弱気で根拠がなくて足元ぐらぐらな寒い場面に出くわしたことが何度もあった。
もちろん普通に失敗に終わったりすることが多くて、まあ後から大きな目でみればあれはあれでよかったんだと思うときもあるけれど、本来の自分がそういうもんだということを思い出しました。

今ある環境を捨てるのは難しい。
積み上げてきたと信じ込んでて捨てるのが惜しかったけれど、それに中身がなければゼロとあまり変わりないのかもしれない。よく考えたらいらないのに、「また使うかな」と、なんやかんや溜め込んでしまう私の部屋は今、散らかりまくっている。

ゼロの自分を想像してみる。
そしたらまた謙虚になれるかな。



意外とほのぼの

090327cast.jpgこれは、昨日の朝の画像です。
午前中かかって、生徒さんたちのキャストをてんこもりしてました。

最近は、オーダーを取ってくる生徒さんが増え、
さながら、生徒さん御用達のキャストやさんとして、こまごま働いています^^;
納期によっては、石留めや仕上げを手伝ったりと。
みなさん、結構な商売人です・・。

奥のほうに写っている金色のものは、以前3デザインの画像でアップした、「手まりモチーフ」のチャームです。
昨日、3デザインを片付けたらすぐにかかる予定だったのですが、うまくブーリアンできなくて落ち着けず、今日今から仕上げて組んでいきます。

少しだけ、あせっているんですが、今日の生徒さんがイタリア土産に
「happy hippo」というかばのお菓子を持ってきてくれました♪

happyhippo.jpghappyhippo2.jpg


おひとりずつ顔が違うのが可愛い。
さかさま?に入ってるところがイタリアっぽいというか・・。

happyhippo3.jpg

これに元気いただきました。ゲンキン?
物には弱いです。

charms.jpgとりあえず、湯口をとって、裏側を磨いたところです。
これから表をざっと磨いて、丸カンとチェーンをロー付けしていきます。

ちなみに、アルファベットはユキちゃんがワックス彫ってくれました。

彼女のレッスンしている生徒さんの作品がブログ「cosmy's diary」にてアップされているのでチェックしてみてくださいね~^^



UNI_4362.jpgそれから約8時間後ぐらいでしょうか。
ようやく仕上げ&組み立て完了。
なんで・・・、ピンクゴールドのロウは、あんなに溶けないんだろう???(当社比 笑)

ではでは今日は金曜日だし、そろそろユキちゃんと晩御飯に行ってきます♪






ざわざわの夜

まず最初に、訂正。

前回のエントリーで、
>原さんは、「原ジャパン」でなくて「侍ジャパン」な今回の扱いに
と書いてしまいましたが、あれは原監督自らの要望だったそうですね。
自分はまだ冠をかぶるような器でないので、名前を消してほしいと。
昨日の深夜に優勝特番をやっていて知りました。なおさら凄い人だなと思いました。




そして、WBCの興奮ですっかりなりを潜めていますが
今夜、ロスではフィギュアスケートの世界選手権の男子シングルショートプログラムが始まっていて、これはこれでどきどきしています。

トリノ五輪の少し前あたりから、ある選手のファンになって、それ以降ダイナミックで選手それぞれの個性の強い男子のフィギュアスケートを観るのが冬から春にかけての大きな楽しみなんです。
単純に、カッコいい人達を見るのが好きなだけかもしれないけど(笑)

たった一人でのプレイ。成功も失敗も、自分ひとりで受け止めなくてはならない。
選手の皆さんがプレッシャーをいい力に変えられるように祈ってます。

朝起きたら、多分もうショートプログラムは終わってしまってて、今から最終グループまでの結果を2ちゃん実況板とかでチェックしたいのはやまやまだけど、明日には造型したチャームのキャストがあがって来て、それを皮切りに怒涛の日々に突入していく予定なので、リアルタイムで観られないこのざわざわ感を抱きつつ、寝ます。

明日の朝は、いいニュースでにこにこしているみのさんでありますように。

見直し時期

今月は、初の皆勤?って思ってたんですが、やっぱりあかんかった。
ブログの更新のことですが、これは自分自身の勝手な拘りですよね。
肩の力が抜けました。ぼちぼちやっていきます。



今は作り的にも待ち、の状態で、これから取り掛かるものも、キャストからあがってくるまでは進められないので、今日はネット関係の事をしようと思っていました。

だけど丁度いいタイミングでWBCの決勝戦が(笑)
結局、終盤はずっと見てました。

イチローはここぞというところで仕事をして、それまでの不振を
帳消し以上にしてしまうところがやっぱり凄いと思ったし、
原さんは、「原ジャパン」でなくて「侍ジャパン」な今回の扱いにへそをまげずに
さわやかに結果を出すところが凄いと思った。
そのほかの選手の方々ももちろん、其々の思いを胸に頑張っていて、
一人ひとりの個性がよく分かるWBCでしたね。面白かった。


目立っても目立たなくても、自分に合った、できることを一日少しずつでもすることが
全体してのいいことに繋がるのなら、今やっている仕事の配分を、少しずつ変えていく必要があるかもなあ、と思いました。

後から生まれたものとしては

靴作りを勉強していた友人と、一年ほど前に作るものについてあれこれ話をした時。
彼女が「手作り感があふれるっていう意味ではなく『プロの手仕事』的なものが好きやねん」と言った。

人に感化されやすい私は、その瞬間から自分の作るものに対して、いい意味で客観的になれたような気がする。
気負いすぎないってこと、気持ちだけを押し付けないってことに対して一層注意深く。


実際に日常的に仕事を共にする方々はもちろん、友人はじめ、作りとは一見関係ない日々の断片から色々思うようになって、そういうのは蓄積されていくんやなあと、最近思う。



今日は、その道30年、っていうまさにプロのアーティストの公演を観に行っていて、
プロの仕事ってこういうものなんだな、って実感。
正確で、堂々としていて、安定感があるのに、ぐっと惹き付けられる。
そして、おおらかにその瞬間を楽しんでいることがとても伝わってくる。

そういうのって、まさにこれまでに感じてこられたであろう細々としたことの蓄積で、
今日初めて出会ったその人の過去を知らない私は正直嫉妬したりもする。
どんな素晴らしい(過酷な)過去を過ごしてきたんだろうって。
それは今の仕事の先輩方や、趣味ごとの先輩に対しても同じ。

「(思うように行かないときもあるけれど)生きれば生きるほど強くなっていきましょう」と、
そのアーティストの方が仰っていて、どん、と背中を押されたような気がしました。


せめて、今、この瞬間をおろそかにしないように心がけよう。
ぐうたらで、つい目先の楽しい事にくらんでしまうけれど…。

枠作成

教室から家の間を自転車でうろうろしていたら、新しいお店が3軒もオープンしてた。
地中海料理屋さんと、マフィン&ベーグルやさんとケーキ屋さん。
どれも雰囲気良さそう。
その3軒のお店がオープンしたエリアは、店が出来ては消え、出来ては消え、
というかなり難しい場所なんですが、また少し賑やかになりそう。
こんなところにも春を感じます。

調子にのって、久しぶりに手の爪にマニキュアを塗ってみる。
普段はすぐに仕事でとれちゃうからと、あまりやらないんです。
明日一日の命かもしれませんが、たまには指先も明るく。

桜が咲き始めたら、ベーグルもって公園にでも行ってみよう♪


枠3カボッションの石枠をキャドで何案か作っているうちのひとつをチラ見せです。

レースで取り巻いた感じ。
これは、多分、樹脂では型とりにくいだろうな・・・。
まだまだ、見極めが難しいです。

これに関しては、多分手作りになると思います。
実寸大にするとかなり細かそう。
他にも案があるのでこれになるかどうかはまだ分からないんですが、
どうやって作ろうか一人作戦会議中。

off the note

予想はしてたけれど、それ以上にあっという間で、だけど楽しい一日だったわ、ふう。

今日から晴れて、春突入かな。夕方から気持ちよく晴れてきたので、
いつもより少し早めに仕事終わらせて、気の置けない人との会話の旅を楽しんできました。

とてもここには書き記せないような内容ばかりで、今日の日記は質素です(笑)
その代わり、自分の血肉にできたらいいなと思う。


そんな中で一つだけここに書けそう、書かなきゃと思った言葉。
「(師弟関係において)本当に教えたい事は、絶対に教えない」

建築家の方の言葉だそうですが、今の私には、浸みました。

キャドで取り巻き

とりまき3面図

裏の透かしデザインが決まって、ちょっと修正して造型に出す予定の取り巻きペンダントトップ。
オパールをリングからペンダントトップにリフォームです。
構造的に何パーツかに分けて、手作業との組み合わせで作っていきます。
お客様にブログ掲載をご快諾頂きましたので、こちらでまた追って報告していく予定。

裏のデザインを出すのは、もう少しじらしてみようかと(笑)
それよりも、ちゃんと形になって出てくるかすら今回は賭けみたいなものなんですが、
無理だったときには、その部分はできる限り近い感じで手づくりしようと覚悟決めました・・。

今日は、別の作りのパーツの造型を型にとってもらい、
ピンクゴールドなので、外注でキャストに出すんですが、
カレンダー的には、明日から3連休なんですね。また忘れかけてた。
こちらも、上がってきたら、ちらっとお見せできる予定です。

そして、今はネットショップ「天使の輪」のルースを買われた方から、枠も付けて欲しいというオーダーを受け、ペンダントトップのデザイン案をキャドで作っています。
そうです!こういうこともできますので、どんなことでも構いません、オーダーに限らずサイズ直し、修理加工等、メールフォームから何でも聞いてくださいね♪

今のところ、パソコンにかじりついてますが、1週間後には加工机にかじりついてそう。
だけどちゃんと形になったら、きっと取り巻きも今まで以上に綺麗に、そしてスピーディーに出来上がるはずです。
こういうチャンスを与えてくださるお客様に感謝。
本当にわくわくしています^^

祝日は土日と平日の生徒さんが交じり合って、新鮮で楽しいです。
明日は大物のキャストもあるし、体験も入ったので、気合入れてきますね♪

本能か

家を出るとまぶしくて目を細めた今日(もう、昨日ですが)
どこの家の庭にも、白木蓮の花がいっせいに咲いていた。

余りの白さに目を奪われて思わず写真をいっぱい撮ってしまった。

mokuren2.jpg


堂々と春を謳歌する桜も好きだけど、白木蓮はもっと好き。
まっしろで、それぞれの花が上を向いていて、
だけど何故か全体的に謙虚な雰囲気をまとっているところが特に。
(家の庭に咲いてる事が多いからかな・・)


さながら白木蓮の花の蜜の香りに吸い寄せられた蜂のように
その枝の居心地に至福の時を覚えてしまう。


これといって取り立てて何もできてない怠惰な自分にも
こんなに幸せな時間は平等に与えられて、
もしかしたらこれは何かの「わな」なんじゃないかとも思う。

なのに私は忘れっぽくて、これまでに感じた色々な気持ちや、
この先に夏や秋や冬があることすら、忘れてしまって
今日の心地よさからただただ離れられない。

春の香りのお香を、京都で買ったけれど、
今は窓を開け放せば、甘い香りを感じる。
暖かな春の夜。



要チェックだわ

shuttle.jpg

シャトル打ち上げ映像、やっと見れました。
動画、you tubeにあがってるみたいですね。

若田さんはブログで宇宙での日々をできる限りブログにて報告してくれるらしいです。
リアルなお話、楽しみにしています^^
っていうか、どうやって更新するんだろ・・・っていうのが目下の妄想。

若田さんのブログ→若田光一 宇宙ブログ



今日は教室に来たら、「おでん」と「コロッケ」があったので
「おでん定食」ふうに配置・・・。

味噌汁を作り、生徒さんに頂いた「いかなごの釘煮」とおでんとコロッケを盛り付けたら
なんか全体的に茶色っぽい感じだったので、急遽ほうれん草のお浸しを追加しました^^

090318お昼

いかの旨みがちゃんと大根にまで浸みていて、
あっさり味なんですが、こくのあるおでんでした。
最後におでんだし(と、食べている間に少し崩れたつみれが混ざったもの)にコロッケを浸して食べるのもまたおつな感じです♪
(コロッケそば?うどん?のお店がどっかにありましたよね、あのノリ。)

写真を撮ろうと、おぼんを動かしたときに皿も動いてたみたいです(汗)
もうちょっときちんと並べればよかった。

最近、ジュエリー的にはデザイン案を3デザインで作成する日々。
もう少し、形になったら、こちらでも少しアップしてみます♪



scrapping

京都散策中のいろいろ。

ironworks.jpgironworks2.jpg

左:京都大丸の東側一階の窓。
ゴージャスです。

右:花灯路へ辿り着く前の料理屋さんの入り口に置いてあった灯り。
月と、なにかの植物かな。



beans.jpg
大丸の東の通り沿い、錦市場の西端出口にあった、立ち飲みカフェ「beans亭」のお兄さん。
一杯一杯、丁寧に淹れてくれます。
シャッターチャンスを逃したユキちゃんに、「エアドリップしましょうか?」といいかんじのジョークを飛ばしてくれました。
いつも前を通り過ぎて、気になっていたので、やっと立ち寄れて嬉しかった。
ショップページ見ましたが、この方が似顔絵のマスターですね、きっと。



コロッケ
お次は錦市場でいちばん気になった商品。
「チョコレートコロッケ」・・・。
(画像は、クリックすると大きくなります)

買う勇気がありませんでした。
遠くから、ズームで写真を撮るのが精一杯でした・・・。
他にも謎なコロッケが色々と。
もう少し大人になれたら買いに行ってみます。

はしっこの方の「ぐぢ」も気になりました。
ぐぢって、京都でしか目にしたことないような気がするんだけど、
神戸では他の呼び方のお魚なんでしょうか。べらかな。←甘鯛のことだそうです、失敬。



さる達
もしやこれは・・・。
ユキちゃんが「『見ざる言わざる聞かざる』じゃないでしょうか」
と、教えてくれる。なるほど。

八坂の塔のすぐ横にあった、謎の建物の門の上にいてはりました。
持って帰りたくなりました^^

京都は、やっぱりてごわかった。



打ち上げ成功♪

朝起きたら、もうWBCでは日本が勝ちを9割がた決めていて、
家を出るときにはもう勝っていました。
さい先いいなあ、と思いつつ、仕事場でネットを見ていたら、
若田さんの乗った、スペースシャトルが打ち上げ成功したとのこと。

あー、リアルタイムで見たかったわ。
出発時間を調べたら奇しくも私が家を出た瞬間で、
それはなんか嬉しい。

というわけで、このテンプレートは本日をもって終了いたします。
まだ雪を降らせてない方は、是非、お試しを♪

春まぢか

花灯路5

京都、東山の夜を飾る「花灯路(はなとうろ)」。
まだまだ寒い京都の夜ですが、春の訪れをピンク色の光が告げてくれます。



土曜の朝は、土砂降りで、どうなることかとひやひやしたけれど、
午後には気持ちよく晴れてきて、傘なしで向かうことが出来ました。
神戸、岡本に新しく出来たマカロンやさんのマカロンを手に持って、
烏丸でユキちゃんと合流、ちょこっと花束を作ってもらい
当日オープンしたマリッジ・エンゲージリングのお店、「アトリエ 春(しゅん)」さんに向かいました。

shun2.jpgshun4.jpg

四条通と、御幸通の交差するところを北へ。
錦市場手前、アイスクリームやさんの向かいのビルの二階にあります。


shun3.jpgお店の中はこんな感じです。
画像は少し写りが暗いんですが、明るくてすっきりとしたイメージです。
お店に入ると、デザイナーでもあり職人さんでもあるスタッフの方々が本当に気さくに声をかけてくださって、とても居心地がよかったです。
この写真に映っている左側の棚の向こうには加工机と、セルフメイドマリッジ(お客様達が自分達でワックスを彫る)用の机が用意されていました。

shun5.jpgこの机でお客様達とデザイン画を書いたり、決めてもらったり、いろいろとお話されるそうです。

当日はオープンの日ということもあり、春(しゅん)さん(社長さん)がいらしたので、
私達もここでお話させていただきました。

「性格は、どっちかというと、おばちゃんに近いから。人とのやりとりが好きやねん」と、春さん。
普段は3デザインの講習時に師匠と話しているのを垣間見る程度で、きちんとお話するのはこれが初めて。上の一言から始まり、お昼間に来たはずが、話がひと段落ついた時には、辺りは暗くなっていました。怒涛の5時間。あっという間でした。

「ジュエリーマインド」満載のお話には、師匠に通ずるものを感じ、お店を立ち上げて、増やしていくことになった経緯や、ご自身のブランドへの強い信念と、これからの展望、人材育成について思うことには、耳が痛くなったり励まされたりしました。
そして何よりも、どんどん前向きに明るく突き進んでいる人の話は、聞くだけで元気になれます。

このあと場所を移して、さらに向かいのアイスクリームやさんでご馳走になりました。

shun1.jpg何故かアイスクリームやさんでぜんざいを食す春さん。
(掲載は、本人の了解を得ておりますです・・・)
ここでもすでに顔なじみのようで、お店の方々に我々を「職人仲間」と紹介してくださり、壁を感じさせない方だなあと思いました。

いつ、(オーダーが来なくなって)続けられなくなってもおかしくない中、不思議とまたオーダーが来る。
そういう事が続いて今で20年。今は『選ばれた人間』だと信じてやっている、と
笑いも交えながら仰っていたけれど、そういう風に自分を信じて上げて、支えていくのもパワーだと思います。
私もあやかって、「あと5年続けられたら『選ばれた人間』と思っていい認定」(笑)を頂いてきました。

不思議とオーダーが来る現象は、私も常に味わっていて、
そしていつ来なくなってもおかしくない恐怖も常に感じていて、
そんな日常の中で自分を信じられる何かを今は本当に見つけたい。
技術とか、実績もそうですが、もっと無条件に好きで、信じられるもの。
今の自分にはそれが欠けていることに気づかされました。

このあと、ユキちゃんと八坂の塔まで向かい、花灯路を見て、錦市場の中の居酒屋さんで晩御飯食べて帰ってきました♪





rose.jpgそして今日、さっきまで赤と黒の空間で、友人とお酒のんでました。
なのでこんな時間になって、週末の記憶を追いかけています。
あっという間に通り過ぎた土日。
また一週間がんばろ。

写真は、今晩のんだ、ロゼのスパークリングワイン。
フランスの「PETILLANT NATUREL」というもので、
甘すぎず、ほのかに苺の香りがするものでした。

家に帰ると、友人から「甘夏のジャム」が届いてた。ありがとうMちゃん♪
いろんなところで春を感じる週末になりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。