スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石留め完了~♪♪



昨日の夕方から黙々と仕上げ石留め作業をしておりました。
先程、ようやく2つともに石が留まって、胸をなでおろす。

石が留まったジュエリーの場合、石が留まらないと成り立たないのが当たり前の話なんですが、ちゃんと留まるか留まらないかっていうのは、最初の段階、本体を作るところから段取りがかなり重要で、きちんと考えないとかなり大変なことになります。
最初楽すると、最後でちゃんとツケがまわって来るって言うか。

考えたとしても、CAD上で、造型後で、ワックス状態で、キャスト上がりで、という行程の中、いろいろな要素によって、ちゃんと考えたはずの段取りがうまくいかなかったりもします。

そういう時にこそ
なんとかして石留める!作り上げる!

っていう心構えが必要で、コレから解放されることはないのね・・と思った午後でした。

いえ、今回は既にできあがってるんですが(汗)これから先にも常にそういう状況が待ってるのだな、と。
今回だけでなくいつもですが、やはり石留め時はかなりどきどきして、もっと肝っ玉を鍛えなければ・・・とも思います。

何はともあれ、やっとホッとしました。
これで心おきなく肉が食べられる。

少し前の日記にも書きましたが、弟子のユキちゃんがエンジェルリングの講師を3月いっぱいで辞めることになりました。
今日は月末そして彼女の最終レッスン日だったので二人で焼き肉でも行ってきます~では!


教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

スポンサーサイト

あーすっきり。

今日も微妙に寒いけど、すごいいい天気。
朝ドアを開けたらカーテンを閉め切った教室にすら
あたたかな白い光が差し込んでいて、思わずカーテンを開ける。

冬にため込んだいろんなものが昇華していきそうでした。

昨日は、レッスンしつつ、ライノデータ触って、
夕方からはペンダントトップの仕上げを。



データを造型したものは、細かいところがとても磨きにくい。
これをどうやって攻略するか。

そして、実はワックス時に触っていて一部破損したところがあって
これをどうやって修復するか。

一応、ひととおり磨けて、バチカンに移る。
バチカンは手作り。枠にうまくはまるように調整する。

なんとか全部クリア。
そして確信しました。自分が今までやってきたことが、全部反映されていることを。

デジタルで作ったり、近い未来にCADを教えたりするようになる中で、
手作りをどういうスタンスで教えていくかが今後の課題。
なんて、何個か前の日記にかいたけれど、
なんというナンセンス。
うちの地金基本コースは、CAD世代にもすでに対応型でした^^

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら



夢の色

かもめが青い空に舞う。

羽根が、白い花びらとなって、新たな大地に降りる。
青の風が、深い緑のもののけの森、透明な水しぶき、
黒の女神、水色の観覧車、そしてざらっとした灰色の大地を駆けぬけて
運ばれた花びらは雪となって降り積もる。

春の日差しに溶けた雪は、大空を舞う白いボールに、色とりどりのボールに力を与えるビリヤードの手玉に姿を変える。


その時私は色とりどりのボールの一つで、手玉のアクションをひたすら待っていた。

手玉が当たった瞬間に、軌道の記憶がフラッシュバックする。
かもめとなって、大空を舞い、白木蓮の木に戻る。
何か居心地が悪い。周りを見渡すと、それはもう白木蓮ではなく桜の木だった。
まぶしい光を感じる。春が目の前にいる。
嬉しくて、嬉しくて抱きしめる。



100328sakura.jpg



そこで目が覚めた。
見上げると、おぼろ月が謙虚に輝き、
その色はほの白く、春の到来を告げていた。
うさぎも喜んでるかもしれない。
我に返ると何故か私の手にはむらさきが握られていて、
どっちが夢でどっちが現実か、わからなくなった。
そんな事はこの際、どうでもいい。


新たな過渡期

気がつけば、どっぷりデジタルにはまってしまっている今日この頃。
昨日は、ミシュレイの雷神(ビジョンリアライザー)で、造型してもらった樹脂を初めて自分でゴム切りしました。



自分のデータだったからできた荒技・・。
かなりワイルドな切り口になってしまいましたが、なんとかワックス取ることはできました^^

waxring.jpg

で、キャストの準備して、
ringpentop2.jpg

今朝自分でシルバーでキャストしました(写真右)。
奥は、松村金銀店プロジェットで造型してもらったペンダントトップの枠。
こちらは10金(イエロー・今は白く見えますが)で、キャストは外注です。
丁度時期が重なったので、これから仕上げ石留め祭り。

で、今日の午後は

syuturyokuchuu.jpg

ライノで作った別のデータ(ふさふさにしていたやつ)を、またまた造型してもらっていました。

デジタルで作るとはいえ、使うのは人間なので(当たり前ですが)、やっぱり違った手間が色々とかかってくる訳で、もちろん仕上げ石留めは手でいつもどおりやりますし、ゴムきりキャストまでするとしたら、手間的には大して変わらないような気もします。

デジタルじゃないと不可能と思われる形状、が、目の前にはだかる。

私の腕だと、一からの手作りの方がメリットがある事があまりなくて(汗)
だけど手作りにしか出来ないこともきっとあるとも思っている日々でもあります。
そういうのは、天使の輪に出していくものの中から見つけていきたいなあ。
あっちはあまり原型1個1個にお金使えないので、手作りが必然に増える、だけともいえますが。

100326sky.jpg

(自分には)不可能と思われる形状、が、目の前にはだかるときに、これまでは手でなんとかしてきた訳で、その辺の思考回路がせっかく開けたのだから、そこを風通しよくしておきたい。
デジタルで作るときは、頭だけで考えているので、ちょっと違う回路使ってると思うんですよね。
両方いつでもスタンバイしときたい。
欲張りですかね^^;

そして、デジタルで作ったり、近い未来にCADを教えたりするようになる中で、手作りをどういうスタンスで教えていくかが今後の課題。




お知らせ。

教室のブログ
に、ユキちゃん自身が書いておりますが、彼女が3月いっぱい、あと4、5日で講師を辞めることになりました。
事情もあって、報告がぎりぎりになってしまいましたが、しばらく彫金部門の講師は私とオグラ先生の二人体制でやっていくことになります。今のところ、ユキちゃんが教えていた水曜日を私が担当して、残りは同じ、土日がオグラ先生です。

この事に関して感じていることもいろいろあるのですが、また、別のエントリーにて書くことにします。

気がついたら、彼女にも頼りまくりだった日々。
いままでの頑張りに感謝しつつ、もっと自分もしっかりしていこうと思いました。
生徒のみなさん、これからもまた、よろしくお願いいたします。


今度は山吹色

只今、昨日まで作成していたリング↓のデータを雷神で造型してもらってて待ち中です^^・・・。

k-tubasa2

これは、STL化した画像なので、黒いですが。
樹脂は、山吹色。
出来上がりは銀色で見ていただけると思います。

ワックスに取れ次第自分でキャストします。
もう一つ、青の方は外注にキャスト出しているんですけど
なんか自分で何かやってないとむずむずして。貧乏性だな。
そして、わくわくもしています。早く実際の形を見たい~

なんて書いてたら、もう造型出来上がった。
早っ。仕事しなければ、ですね♪

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

デトックス終了

この週末は、身辺整理をしようと、仕事以外の時間は引きこもっておりました。
それなのに、昨日はあまりに空が青くて、いてもたってもいられずふらーっと車を動かす。
結局、あんまり片付かなかったです(笑)
だけど自分がやりたいようにやるのが一番ですね。
かなりすっきりとした気分で今朝を迎えました。

気持ち静かな、車も少ない朝教室に来てラジオを付ける。
いつもと違って、少し音がクリアだ。

丁度、マイケルジャクソンのバラードが流れてきて少し音量をあげる。

100322sky.jpg

窓を開けると、今日も綺麗な空だった。
たったそれだけの事なのに胸が苦しくなった。
(音楽のせいも大きいけれど)



昨日植毛していたライオン、ふさふさ・・・かなあ?

3デザインにうつしてみた。


おっいけてるやん!と思ったのもつかのま。

ortsura1.jpg

裏が・・・。

先日、自分が3デザインで作ったデータ(こないだきちんと造型できてたやつ)をライノで読み込んでみたら、それはもう原型をとどめておらず、それは2レールスイープを使いまくってたので多分ライノでは3デザインのスイープ関係を読みづらくて、3デザインではサーフェイス関係を読みづらいんだろうなあと。

どっちかのソフトだけで最初から最後までやってしまえば話は早いんですが、
環境によってソフトも選ぶし、相互間を自由に行き来できたらいろいろできることが増えていいだろうなあと思うんです最近。


教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

春の夜長に

今、このようなデザインのチャームをライノで作っています。



ortshairb.jpg
顔部分はユキちゃんに作ってもらいました。
いい感じ。あとはタテガミ・・・。

ortshair.jpg
とりあえず正面からのタテガミのラインをひいて、

ortshair2.jpg
タテガミのボリュームの外形っぽいサーフェスをネットワークで作って、そこにさっき描いたラインをプル投影。



ortshair4_20100321235255.jpg
で、基本の毛を2レールスイープで作って、今からひたすらフロー変形です。

なんか、レイヤー色のせいで、唐辛子みたい・・・。

フロー変形がさくさくできるところがライノのいいところだなあと思います。
3デザインだと、カーブに沿ってラップっていうコマンドに近いと思うんですが、形状によっては時間掛かるしエラーも結構出たと思います。

ささ、これから音楽かけて、ふさふさめざしてちまちまやってみます^^

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら


もうひとつの便り

春の不安定な気候のなか、青い空の下からの便りを励みに毎日を過ごす。
目を閉じると、行ったことないはずの懐かしい風景が広がる。
不思議だな。
今までに経験した何かと重ね合わせているだけかもしれない。
それはかわせみが飛び立つ際に落としていった羽根のようなもので
何かを象徴しつつ、心をあたためてくれる。




昨日、もう一つの青い便りが届いた。
パソコンの中で作って行った形状は、とっても華奢で、
手を触れるのにも憚られる。
だけどこうやって形になってることが素晴らしいと、
しばらく眺めていた。

早く金属になったところが見たいなーと、わくわくしながらバチカンを彫る。
・・・うまくキャストできるんだろうか。
今回は、ぎりぎりのところのような気がしてる。
キャストできたとして、強度はどうなのだろうか。

造型からの作りの経験値はまだまだ少ない。
色々不安なところはあるけれど、やってみないことには何もわからない。
何かあったときのために、今までの積み重ねがあるんじゃないかと
自分で自分を励ましつつ、
青の向こうに美しく出来上がった完成形を妄想する。

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

青の世界からの便り

というテーマでモデリング。



香水瓶のようにしたかったんだけど、
蓋の部分のルースのせいか、アルコールランプみたいですね^^;



そうそう、青といえば。

gracetop.jpg

昨日、天使の輪のチャレンジショップに一つブランドを増やしました!
grâce(グラース)と読みます。
フランス語で優美さ、を表す名のとおり、美しいラインを大切にしたジュエリーです。
良かったら見に来てくださいね。

ネットショップ天使の輪

こちらのイメージカラーは紺とか水色。
青にもいろいろありますよね。
同じ青のはずなのに、少し色味が変わるだけで受ける印象が変わるのが面白いです。
組み合わせを考えるのも難しかったりします^^;

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら




しばし、忘れていた事

公私ともに慌しく、自分の前回の日記すら懐かしく覚えるこの頃です。
それぐらい、日々思うことはころころ移り変わり、だからこそまた書かないとと、キーを叩き始めるんですが。



画像は先週末。生徒さんのチャレンジショップの作品に石留めの加工してました。
すでにあるものに後から石を入れてみることになったので、地金の厚みがあまりなく、
爪を丸線で作ってロー付けしました。

昨日送ったのですが、無事生徒さんの思うようになったみたいでよかった。
また、それほど遠くない未来にこちらも天使の輪に画像載せますね。

papiliosap1.jpg
丸線のロー付けが終わって、ふと視線を前にやると、
作業中外していた自分用の指輪があった。

久しぶりに指輪を着けていた自分。
最近は、あまり着けなくなっていた。

その一日前の晩、友人と会う前に洋服を着替え、
ずっと身に付けていたペンダントに目をやる。

今日は、他のが着けたい気分。

そうしてあーでもない、こーでもないと、悩む事しばし。


なんだか気持ちだけが忙しくて、
自分の身に着ける物のことも考えないまま過ごしてきて
日々目に触れるものだから逆に気づかなかったけれど
私にとっては、やっぱりこれが自分の楽しみなんだと。
作るのは仕事になっちゃってますが、着けたり、コーディネートするのは本当に楽しい。
この楽しみをきっかけに、糧に、
作りたいものを作ってきたんじゃないかということを思い出した。


教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

白の日

白木蓮が咲いているのを見た。
心まで洗われる感じで少し明度が上がる。



やっと咲いたか~と思うと、
あっという間に散ってしまい、その辺の潔さも好きだったり。
だけどやはり少しさびしい、もっと長く見ていたかった。

散る花びらと共に、木蓮の木を思い浮かべる。
その面影は厳しくて優しい冬の雪にも似ていて
どうにも儚い。

だったらせめて花びらの行き先を想像してみようと思う。
あたたかな土の上だろうか、それとも全然違うところだろうか。


そこまでしてみてやっと
既に、色々な貴重なものを受け取ってたんだという事に気づく。
なのにいつものように感謝の気持ちを上手く表現できないジレンマ。
本当は、とてもとても大切にしたいのに。

春色

100311sky.jpg

久しぶりに会えたような気がする。


一昨日むらむらしていたことも、一夜明けてもう一度考えると
自分の不甲斐なさにも責任があるんじゃないかなと思えるようになってきた。
少しだけ、視界が広くなった。

昨晩は仕事が終わってから、海外へ引っ越してしまう友人と会っていた。
周りには新たに事業を起こし始める人がいたり、
教室にも新しい生徒さんが来始めた。

私だけが何も変わらないし動かない、
弱い部分は簡単に変えられない。
そうも思うけれどせめて新たな世界をイメージして
そこへの道順を考える時期が来たのかなとも思う。

少しだけはじけそうな匂いの空気を吸い込む。
ああ、春だなあ。

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

理不尽の森

今朝は東京で雪だったらしく、昨日キャストの品を発送した相手先の担当者さんから電話がかかってきた。
午前中指定にしたのにお昼をまわっても、まだ届かないらしい。

コールセンターに電話しても「雪でして・・・」とひたあやまりで、
こちらもそれを責めるつもりはない。雪は止められないもの。
だけど全力は尽くして欲しいと思った。
午前中配達が無理なら無理と、そっちから連絡欲しかった。

結局、キャスト屋さんの配慮で今回は無事納期に間に合うみたい。
正直たすかった。

午後は午後で、昨日の設定変更の続きをやっていたんだけれど
うまくいってるところと同じようにやっていても
ブーリアンしたら黒い悪魔が出現する。
(3デザインでは、エラー部分が黒くなったり消えたりするんです)
わからん。
エラーよりも、うまくいったところがなんで上手く行ってる様に見えるのかがわからん。
こちらも、いろいろとやり変えて、何とか完成しそうです。ふう。

そういった事も、何でもないように思える出来事がその後あって、
今晩はかなりむらむらしています。




私が彫金の手作りを好きなのは、殆どにおいて理由と結果が繋がっているからである。
うまくいかないのは行かないなりの理由があるのだ。
技術かもしれない、デザインもしくは戦略かもしれない。自分の性格かもしれない。
だけど思いあたるところが必ずあって、それを修正すればきっと道は開ける。
そう思ってやってきた。


だけどこの世界には何をやっても「雪だから」ですませることができる森があるらしい。
目を凝らしても、その先には何も見えない。
感じるのはすまなさと怒りと寂しさ。
なすすべを思いつけない自分に一番むらむらしてるんだ。

すいません。こんな夜もあります。

空欠乏

天気、荒れ模様でしたねー。
もうすぐ、春が・・・来るんだよね?

今日はデザイン画に使用したデータを造型用に細々と設定をかえていました。
(デザイン作っているときは、手作りでいこうと思っていたので)

厚みの設定で優柔不断発動。
0.8mm上がりか0.7mm上がりか。
頭で考えても分からない。想像力が欠乏。
手元にある銀の角棒を触りつつ考える。


底あわせ

石枠と重ねてみた石の画像が、まるで石枠の向こうの空のように見えた。
ちょっとしたイメージもわいてきた♪

今日はもうそれだけで満足です。
早く本当の晴れた空がみたいなあ。




小さく不確かな一粒

急いで帰ってきて、画像をアップロードしてくるの忘れてました。
なので今日もNO画像日記です。
(先ほど画像足しました 3/9)

orionixneck3.jpg


今日はレッスンしながら一日、ブラックオニキスを連組みしていました。
1個2ミリでカットが入っていて可愛らしいのを4連、60センチぐらいです。

そうそう、今日の日記のタイトルは
「オニキスの穴は黒い」にしようと思ってたんだっけ。
黒いオニキスの、穴は、黒くって、見えません(笑)
途中までユキちゃんにやってもらってたんですが、彼女が訴えていた意味がわかった。
なんとかメガビュー(ライト付き拡大鏡)でのりきりました。

それぞれは大きさもカットも結構違う。
いろんな表情があるなと思いながら石を一個ずつテグスに通していく。
個数にしたら1000個ぐらいかなあ。
途中までは組んでいって形になってくる喜びを感じてたんですが、
だんだんペースが落ちて、目が疲れてくる。


気がついたら何分か居眠りしていて、ふと我に返る。
「私は今、いったい何やってるんだろう」
それからはこれまでのこと、これからの事も思いながら作業してました。

orionix.jpg

最後のパーツを通してテグスを締める。
あんなにいろいろな形をしていたオニキスのビーズも、
全体としてみると、不揃いゆえになおさらキラキラと光って
ああきれいやな、と素直に思った。

そんな風に、全てが終わってから思えますように。

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。