スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルドのある風景



パソコン工房のあるクラッセ御影周辺。開けてて、走ってく阪神電車が見えて気持ちいいです


土曜日はいいお天気でしたねえ。

午前中は、教室で仕事をしてたんですが、あまりのいい天気に午後は少しぶらぶらと。

まず久しぶりに整体へ。
担当の先生が今フレンチトースト作り(パンから!)にはまってるって話になって、一切れお裾分けを頂きつつ、会計・・^^;
すっきりしてから、ちょっと前に調子の悪いパソコンを診て貰いにいったパソコン工房へHDケースなどを買いに。
少し前と比べると明らかに人出が多くて、みんな外に出たかったんだな~って思いました。



110226mcd.jpg

通りがかりにせっかくなので今200円のビッグマックとコーラ。


宣伝のお蔭か、お店は満員で、周りには家族連れがいっぱいいた。
私の親はファーストフードを受け入れない世代だったので、子供の頃は全然マクドには縁がなく少しうらやましくもある。朝マックのパンケーキを食べてるCMに何度心を揺さぶられたことか(笑)

で、今になって、自分が大人になって好きなだけ食べればいい話なのに、
そうなったらそうなったで、もうそれほど食べたいって思えないのが悲しいところ。

私達世代が親になってるから、こういうのも普通の家族の風景なんだろうな、と思いつつ、父と最後に出かけたときに、海近くのマクドで一緒にコーヒーを飲んだことをふと思い出した。
それ以外にも。なんだかんだとお世話になってたわ。

(注:関西圏ではマクドナルドのことを「マクド」と呼びます。)




スポンサーサイト

春への課題 ~アクセサリーサロン第9回~

はい。昨晩は酔っ払った勢いで涙ぐみつつ(笑)書いた、
なくした鋏の件はあっさり見つかって解決^^
師匠、見つけてくださりありがとうございます。
内にこもらず、書いてみるもんですね♪
今日はご機嫌な気持ちと正宗と一緒にアクセサリーサロンへ。


110223salon-t9.jpg
ぽかぽか陽気のシャビーさん店内。

今日も賑やかにレッスン進行。

110223salon-1.jpg

毎回参加の生徒さん達は今日からパールのオールノットです。
からまりそうな糸と格闘。


110223salon-2.jpg

アップでもわかりづらいかな?
パールとパールの間に小さな結び目を作っていて、たとえ切れてもパールが落ちないようになっています。
緻密な作業、お疲れ様でした!

110223salon-5.jpg

本日は初めて参加の方や、メガネ留め復習の方もいらっしゃり、バラエティーに富んだ作品。

左からブルーのアマゾナイトをポイントにしたメガネ留めのネックレス
マロンカットのアメシストとゴールド系パールのシンプルなチェーン使いもできるネックレス
初参加のNさんの、ピンクアゲートのネックレス(サンプルを参考に制作していただきました。)
右の二つがオールノットのできたところまでです。



皆さん真剣に作られていたんですが、途中から美味しそうなにおいが・・・
「あああ、気になるわあ」とそわそわしつつ乗り切りました^^;

110223salon-4.jpg
りんごとベリーのクランブル。
中にりんごとベリー数種が入っていて、上に乗ってるクランブルと
底のカスタードソースとの相性が絶妙でした。



110223salon-10.jpg
私達以外にも、お客さんが絶えずいらっしゃって、賑やかな一日。
ティータイムの話にも花が咲きます。

この画像に写ってないのですが、端っこで生徒さんの作品を完成させようと格闘するカルーラさんの姿も。

110223salon-9.jpg
随分、日が長くなってきました。


最初、このサロンを始めるときに、できる限り時間内で完成させられるように頑張ろうと二人で決めたのが約一年前。

今回は私自身が真珠のオールノットにあまりまだ慣れていないという事もあって、あまりお手伝いできなかったという後悔があり・・・。
生徒さん達がティータイム時、サロンに来るようになってからこんなことができるようになったと嬉しそうに報告してくださるのを聞き、次回レッスンには自分ももっと気をひきしめて万全の体制で挑みたいな、と思いました。

同士

一週間前から、私の正宗が行方不明。
今、どこにいるんだろう。


生徒さん、友人しかり、仕事のスタッフやビリヤード仲間しかり。
一人で生きてるような気分にたまにさせられるけれど、実はいろんなものに囲まれて、助けられてる。
そして、同じ時間を戦ってる気持ちにさせてくれる、それは加工場だったり煙草だったり、ものや、音楽に対しても同じだ。

昼間は、メレダイヤを皆で必死になって探してたんだけど、
ものは何も語らない。
じっとそのときを待つしかないんだと
少し前に人との連絡が途絶えたときの気持ちの話を書いたけれど
ものとの関係は、もうすこし、寂しいけれど一方的なものだ。


正宗は、ロー付けのローを切るための小さな鋏。
切れ味は抜群で、私の気持ちを安らげ腕をいつもごまかしてくれた。
一生ものとして、相棒でいてほしかったのに、
忙しさにかまけて少し頭から離れてるうちにいなくなってしまった。
今は一体、どこにいるんだろう。
はさんでくれる人はいるんだろうか。






to be simple

向き合いたい事柄っていうのは、つまるところ、納期のせまったお仕事だった訳で・・。
もっとロマンティックなことを想像していた方、すみません。
で、それが「急がなくてもいい」ことになったので、少し気が楽になりました。
もちろんやらないといけないことは変わりないのですが、やっぱり日記も書かないと落ち着かず。
こちらもあちらも、ぼちぼち進めていきます^^




ompairptwgdia3.jpg

今年の初めに納品したペアのネックレス。
縦に3つ、ダイヤが並んだペンダントをばらし、お客様用と娘様用に一つずつ使いました。

ompairptwgdia1.jpg

デザインについて、いろいろと一緒に考えさせていただいたのですが、
最終的に落ち着いたのは、こちらの一番シンプルなもの。
以来、毎日着けて下さってると聞き、とても嬉しかったです。



作り手としては、今までにないものをと思って、表側のデザインをつい凝って考えてしまうんですね。
ですがオーダーリフォームに関してはお客様の求めているものは、そうとも限らなかったりする訳です。
その辺のかみ合わなさが、醍醐味かもしれません。


残りは一番大きなダイヤ一粒。
お客様とのやりとりの中でこちらがどういう風になっていくのか、
私自身も楽しみであります。

2月のアクセサリーサロンご案内

2月23日水曜(第9回)のアクセサリーサロンの案内です。
毎月1回、神戸岡本のカフェ「shabby & chic」にて、午後二時から。
とっても美味しいケーキセット付きです♪




9回目ご参加の方は「パールの連組み・オールノット」の課題に入っていただきます。

前回はパールの連の、前後3珠にノット(結び目)を入れる簡易版で制作していただきました。
今回は、ノットをすべてのパールの間に入れていきます。
最初と最後の糸の処理方法が違うだけで、ノットの入れ方はほとんど同じです。

オールノットは珠同士が傷つかないよう、糸が切れてもバラバラに落ちないよう、高級なパールを大切に扱う連組み方なんですが、最近ではカラーの糸で大きめのノットをつくりポイントにする、カジュアルなアクセサリー向けにも使用されています。

20110214182507_m.jpg
最初と最後に少し気を使いますが、途中は無心に作業できると思います。
一つ一つ、結び目を作っていくのは、編み物みたいな感じで意外と楽しいですよ^^

今回は2回のレッスンにわたって、パールのロングネックレスを制作していただく予定です。
シンプルで合わせやすいパールの連からお好みのものを選んでいただいて、そのままでも、デザインを加えていただいてもいいなと思っております。

現在、残り一名ほどまだ空きがありますんで、興味を持たれた方はいつでもご連絡くださいね!
見学も大歓迎です♪

ではでは、シャビーさんにて、皆様のお越しを心よりお待ちしています^^

これまでのレッスン風景は→こちら

お問い合わせ・概要は→こちら

after valentine



月曜日からいろんな方にチョコレートを頂き

110214choco2.jpg

どんどん増えて水曜日には、こんなことに・・。
ありがとうございます。美味しく頂いてます^^


私個人はというと、毎日ばたばたで、今年は無理かなって思ってたけれど
昨日突発的に空いた隙間に貴重な時間を過ごしマイバレンタインズデーを無事終えました。

気持ちを贈りたいっていうのはどちらかといえば自己満足的なことだと思うけど、
そういう相手がいるということは幸せなことですね。


さて、バレンタインを通り過ぎ、私はあったかな思い出と、少しウエイト(汗)を得ました。
これから、春をちゃんと迎えられるように準備していかなきゃ。

毎日書きたいことはわらわら出てくるんだけど、
ちょっと時間を割いて向き合いたい事柄があるんで、しばし個人的なブログはお休みします。
お知らせとかは、こちらにアップしますので、たまに覗いてやってもらえると嬉しいです。

もう少しあったかくなったら、又!

わかる瞬間

※小説と映画のネタバレが含まれているので、そういうのが嫌な方は読まないように^^;


---僕はどこでもない場所のまん中から緑を呼びつづけていた。
(「ノルウェイの森」村上春樹)


先日、「ノルウェイの森」のレイトショーを観にいった。
私の最大の興味はそのラストシーンで、初めて読んだときからラストの一文がうまく飲み込めていなくてそれがどのように解釈され映像になるのかという事だったのだけれど、音声のみでとてもさらっと流されていて、その期待に関しては裏切られた。
結局、個々に解釈してくださいということだったのかな。




今日の午後は、レッスンの予約がなかったので外に出てプライベート半分、仕事半分で過ごした。
春らしい空気が、街の輪郭をぼかす。

今日一日のなかでも私の心は、好きと、好きじゃない事柄の中をぶれ動き、
眩しい日差しの下で、とても寒かった日のあたたかい出来事を惜しんだりもし
結局、そんな心持の中じゃ春を受け止める準備ができていないんだという結論に達し、
同時に、ああ、あのラストってそういう感じだったのかなと突然腑に落ちた。
あくまでも私自身の中での解釈だけど。


初めて小説を読んでから既に20年近くが経っており、
今日やっと、である。
前触れもなく訪れてきた。


やれやれ、他にもいろいろとわかりたい事があるっていうのに、生きてる間にわかるんだろうか(笑)
結局そのときが来るまで、待つしかないんだと思うけど、
行ったり来たり、ぶれさせてくれる事象があることに贅沢さを感じ、わかる瞬間自体は今の私にとってそれほど重要でないのかもしれないとも思う。



いろんな白

教室に向かう風景がいつもと少し違う。




今朝のろっこうさん(系)、白いです^^
こんな日は周りの空気も気持ちまぶしくてきらきらしているように思う。


fkopalpt.jpg

先日納品した、オパールのペントップです。
こちらはもともとリングだったものの枠を生かして、ペンダントトップにリフォーム。
一旦石を外して、ペンダントに仕立ててから石留めしなおしました。

オパールの放つ光が綺麗で、いろんな背景で撮影。

fkopalpt1.jpg
fkopalpt3.jpg

場所場所によって、さまざまな表情を見せてくれます♪

fkopalptch.jpg

だけどやっぱり、お客様の胸元が一番しっくり来るかな。
たまたまですが、白の服装で来られていて、身につけられたときに
白、とひとことで表現するにはもったいないほど、白にもいろいろあるなと感じた瞬間でした。


ルーシー・リーが教えてくれた

土曜日は、陶芸作家ルーシー・リー展へ。



途中、生涯の友人となるハンス・コパーとの共作を挟みつつも、
彼女が好むフォルムは一貫してて、底のきゅうっとすぼまったお椀。
その世界の中で色々試みて、余計なものをそぎ落とした晩年の作品は
心が透明になるような静かな空気感の中で締めくくられていた。

絶えず感じたのは、作ってるものへの遊び心とやさしい気持ち。

110213sanglia.jpg

昨晩は結局飲みすぎてしまい、二日酔いの頭を抱えて
(まあ、よくあることなのだけど)仕事をする。
家に帰ってから、色々余ってた果物を使って、サングリアと、チョコケーキを作った。
さらに残った果物を盛り合わせて、デザート代わりに母に差し出したら思いのほか喜んでくれて、そういうのってほんの些細な事なんだなって思った。

110213bcake.jpg

なんとなく、最近追われてる錯覚にとらわれてたような気がする。
同じ時間を過ごすなら、仕事のときにもそんな風な気持ちで作業できたら、またちょっと違った風に仕上げていけるかな。




白の世界

110211a.jpg

昨晩帰るときに降っていたみぞれ混じりの雨が
いつの間にか雪に変わってた。
ろっこうさんが、見えないわー

寒い冬だったけど、積もった雪を見るのは今日が始めてで、不思議な感じです。

110211b.jpg

教室予約のキャンセルも出てしまって、今度はほんとの悲鳴。
だけど、しょうがないですね。
窓から見渡す風景が、静かで心落ち着きます。


110211c.jpg

ここからどれだけ積もっていくかなと、
また時間を置いて撮るつもりで撮影したものの、
朝のレッスンがひとしきり終わって外を見るともう雪はなく、
ほっとすると同時に物足りなさを味わったり。

夜にはまた、積もるのかな。

嬉しい悲鳴




明日の祝日のレッスンは、満員御礼♪
土日の生徒さんが多いので、いつもとはまた少し違った
忙しい雰囲気を楽しめそうです^^
最近、暖かくなったからか?体験レッスンや通常レッスン数が急上昇。
wkwkしつつ、いろんな意味でhyhyもする。
(あ、「ハイハイ」ではないですよ、念のため)

ooopbrptk184.jpg

という訳で、今のうちに手仕事すすめています(汗)

ようやく、石留め前まで、辿り着いた。

裏側だけど



なんとなく、見え加減が気に入ったので、パチリ。



110209svcast.jpg
今朝はキャストしながら・・・

110229sv.jpg

何年も来ない生徒さんのシルバーを整理したりして、
輪廻転生を感じたり。(?)

110208oooppb1.jpg

昨晩は久しぶりにミッドナイトクルーズ。
吸い込まれるように作業しつつ、今までのそういう風景を思い出してた。
昔の自分ならどんな風に作ってたかな。

ooopptk110208.jpg

ツールとスキルは少しずつ増えつつあるけど、今でも一番感じるのは見通しの甘さだったり。
昔と今を行ったり来たりしながら、少しぐらいは未来のこともイメージできるようにならなきゃなと思う。
量子スイッチが欲しいなあ。


適温

金曜日、進めてる仕事について、頭がオーバーヒート。
毎日何かをやっているつもりではいるのだけど
いろんな意味で、自分を見失ってるなあ、って思った。

一旦、シャットダウン。


-----再起動。




この海を見るのは今回で3回目。
今年は例年になく暖かくて、空が白い。
風景が、地面からの水蒸気に混じって空に溶けてく。


毎年同じ、事柄やものに対してさえ少しずつ何かは変わっていく。
感じることとか、ありがたみとか。

暖かすぎて、気持ち雰囲気がゆるむ。


自分の気持ちは変わらずこの海を美しいと思っているけれど
これ以上、を表現する手段もみつからないまま、
来年もこの風景を見ることができて当然と思っているふしもあって、
そうでないときのことを想像できない。


私は想像力も乏しいし単純だから、
このまま春の暖かさが永遠に続けば本望なはずなのだけど
寒さと反比例する喜びも知ってしまった。

適温って難しいな。



どんな風景の中でもぶれない美しさをもつ海をみて
自分もそうなりたいって思った。

焼酎お湯割りは、すこしぬるくて酔えそうにない。
レンジで少し暖め直してこの日記を書きつつ、
海の風景が残してったぬくもりを、今頃抱きしめる。



春と冬のハザマで

先日、近所に買い出しに出かけていていい感じの陶器のタンブラーを発見。



節分の日には梅酒をお湯で割って飲んで、春気分。
鰯との相性がよくて、なかなかよかった^^

出かけたくなるのは、春、の証拠かな^^

暖かくて外に出たい気持ちと、ひきこもって色々作りたい気持ちで揺れ動き
結局どっちも達成されない毎日のなか(汗)
まだまだ寒い夜の中なんとかひきずりつつ家に帰って落ち着くひとときは、
冬の楽しみでもあり。






最後の小春日和

今日は節分。暦的には、明日から春で、
間違っても明日からは「小春日和」なんて使っちゃいけないらしい。
(あやうく、これからもばんばん使うところでしたよ)

ので、日が変わる前に書いておこう。
今日は、気持ちのよい小春日和でしたね^^

いつもなら、まだまだ寒いのに変な感じと、生徒さんが言ってたけど、
小春日和の話題、この時期にでなかった事を思うと
確かに、こんな風に暦ばっちりに春っぽいのは珍しい気がする。

暖かくても変な感じだし寒くても文句出るし、今ってないものねだりの時期かも。
だけどやっぱり、暖かいほうが、嬉しい(泣)

今月に入って、レッスンも段々忙しくなって、いろんなところから春の兆しを感じます。

110203fkptopr.jpg
リングのリフォームで、ペンダントトップにしたところ。
後は磨いて石留めです♪



さささ、日が変わらないうちに家に帰って恵方巻きかじらねば。
今年は、どっちだ?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。