スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月最後の空

110730c.jpg



火を着ける。
煙の向こうには、今日も青い空が見える。
眩しすぎて、目がくらむ。


重力に左右されず、ふわふわと流れてく、透明な空。


感じる途方もない思いは、煙のせいなのか、
私の、置いてきた残りの半分のせいなのか。








煙草を消す。
フィルターを取り除き、見方を変えれば
その向こうには穏やかな青が広がってた。
そして8月を迎える。



スポンサーサイト

7/30 土曜日のアクセサリーサロン




シャビー&チックさんでのランチ付きサロン。
自家製パン、とっても美味しかったです。




7/30(土)の10:30~、アクセサリーサロンを開催していました。

salon-d1.jpg

場所は「シャビー&チック」さん。
今回はコットンパールを使用したアクセサリーの製作。
連組みの仕方や、メガネ留めの仕方等、通常の水曜日のレッスン内容の
作り方を交えつつ、お好みのテイストのアクセサリーを作っていただきました。


salondo1 (3)

画像左下の連なっている珠が、連組みの練習。
その上のピアスは生徒さんの作品。
夏らしい爽やかな感じに仕上がりました!


salondo1 (5)

こちらはプレゼント用にと、作られたブレスレット。
時間切れになってしまったのですが、
パールの間に石を足して、さらに華やかな感じになる予定。

salondo1 (6)

こちらはロングネックレス。
画像右側はシルバーのチェーンの間にコットンパールとサンゴを挟んだもの。
おそろいのブレスレットも作られるとのことです。

画像中央のグリーンのコットンパールとグリーンの石(めのう)で作られたロングネックレスも、小さい石の仕立てに少々苦労しつつ、無事完成です♪


salondo1 (7)
salondo1 (8)


シャビーさんのランチは、豆ベースのスパイシーなスープに始まり、
サーモンのソテー等、いつもながらの拘りを見せてくれる、
ヘルシーで、尚且つどれも美味いものでした。
最初に書いたとおり、とりわけパンが美味しかったです。
何個でも食べられそうでした^^


ご参加くださった皆様、お疲れ様でした!
今回は、土曜日の朝からということで、私たちも初の試みで挑みましたが
いろいろと新しい発見のある実りのあるものとなりました。
こちらは不定期開催となりますので、また時期をみて企画する予定です。
ご興味もたれましたら、お気軽にご連絡下さいね!








7/27 アクセサリーサロン開催しました。

昨日の午後はシャビーさんにて、アクセサリーサロン開催してました。


salon14-8moji.jpg

レモンメレンゲのタルト。イギリスのカフェの定番だそうです。
ほわほわさくさくメレンゲと、タルトのもっちりレモン味が美味しい~。



水曜日のアクセサリーサロンは、上の画像のようなケーキがセットで付きますが、
同じく今週の土曜日7/30には、10:30~
シャビーさんのランチ付き、アクセサリーサロンを開催します。
まだ若干お席に余裕がありますので、興味のある方はこちらのブログから内緒コメントでも構いませんし、いつでもお問い合わせ下さいね。

レッスン内容・お問い合わせ先はこちら→


さてさて、昨日のレッスン風景。

salon14-1.jpg

前回、リングやチャームの形に成型していただいたワックスを鋳造したものを仕上げていただきました^^
一番手前の生徒さんは3回目ですので、皮ひもやコットンコードを使用したペンダントを作成していただきました。


で、出来上がりはこちら♪

salon14-5e.jpg

左は羽根をモチーフにしたリング。
右は甲丸のリングに蔦のような模様が絡まっています。

どちらもとっても素敵に仕上がりました!

salon14-1e.jpg
salon14-3e.jpg

実際に着けてもらうと、陰影がよりはっきり見えて綺麗です。
シートワックスや、ソフトワックスで薄く作れたので
金属になっても重すぎず、実用できる作品ができたと思います。

salon14-9.jpg

さくらんぼとハートのチャームを作られた生徒さん。
ところどころに燻しをいれ、さくらんぼの丸っこい部分は光らせたりと
色々なテクスチャーの違いを楽しまれておりました。
このように重ねづけしても可愛らしいペンダントが完成。


salon14-10.jpg

3回目の生徒さんのペンダントトップ。(長い方。短い方は私物です)
時間をかけてじっくりと素材とデザインを考えておられました。
その甲斐あって、生徒さんの雰囲気にぴったりのものが出来上がったんじゃないかなと思います。

皆様お疲れ様でした!

salon14-6e.jpg

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
次回は8/24(第4水曜)の開催です。
またのお越しをカルーラさん共々楽しみにお待ちしています。

7/30日開催の土曜サロンも合わせて、
初参加の方、見学ご希望の方もお気軽にご連絡くださいね。




平行線 '11

その間合いを、未熟と感じるのか、余裕と感じるのかは、自分次第。







・・・とかなんとか。




知らん間に、深読みする癖がついてた。


今はただ、あーひこうき雲、綺麗やなあって
見えたままに感じたい。


本能

甘くなくて、ぱあっとはじけて、しっかり酔える。


自分の求める世界もそれほど違わないのかもしれない。
ハイボールは、自分を解放する瞬間。
今も、それに合うお酒を探してる。



けど、ここで初めて飲んだ、角のハイボールをもう一度飲みたくて来てしまう。
私のハイボールの原点。


御影、タルタルーガの「神戸ハイボール」
これを飲んだ時に、これまで苦手だったハイボールが大好きになった。



ここのお店の売りは、最初の画像の「神戸ハイボール」。
グラスと、お酒(サントリー角瓶)を冷凍庫でキンキンに冷やし、
氷はなし。シンプルなグラスに1:1。最後にレモンを絞る。


初めて飲んだときに、びっくりした。
同じお酒でも、こんなに違うのかと。









そのお店のマスターが、今月末で辞めるという話を聞き、飲みに行った。
というより、今晩はマスターが得意のパスタを食べに行った。



初めてここに来たのは、前の、前の、マスターの、まさにさよならパーティーの日
チーズに詳しいマスターから、お勧めのチーズを出してもらったりしつつ
このハイボールと出会う。

昨年、女友達と来たときには、今のマスターに変わっていて
チーズはなかったけれど、出してくれたパスタがものすごく美味しくてその話に華が咲いた。

110727pasta.jpg
トマトクリームのパスタ。


もう、初めての出会いからは何年も経っていて
いろいろな記憶が交錯しつつ迎える今、
あの店であのパスタが食べられるのはもう多分最後。
なので食べに行ってきた。


お店のハイボールはもちろん美味しい。
ずっと守り抜いてきた味。

だけど、そこで出されるマスターの味に、ひかれるときだってあるのだ。
今晩、私は、おなかがぺこぺこで、
美味しいパスタを食べたかった。

意外とそういう欲望を満たしてくれるお店は少ない。
ここは、そんなところだった。






I gotta feering

that tonight's gonna be a good night


I know that we'll have a ball
If we get down
And go out
And just loose it all

I feel stressed out
I wanna let it go
Lets go way out spaced out
and loosing all control


110723hanabi2.jpg


夏の一幕。


クライマックスに観た光の束は、また新たな幻想を植え付け華麗に消えていく。
とっても、綺麗でした。



ある晴れた夕暮れ

ひこうき雲が流れていった。






幻想よりも美しい現実。
それを探して生きてることに気づく。

高揚するふわっとした快感と、急降下するスリルをくぐりぬけながら。
手繰り寄せるのは、これまでの鮮やかで暖かい記憶。







第14回 水曜日のアクセサリーサロンのお知らせ

こちらは来週の水曜日、
7/27 14:00からのアクセサリーサロンのお知らせです。
土曜のサロンと同じく「Shabby & chic」さんにて。美味しいケーキセット付きのレッスンです。


前回のサロンでワックスで型を作ってもらった生徒さん達には仕上げにかかっていただきます。




s13-6.jpg

ソフトワックスを使用し、お好きなモチーフを作っていただきました。
シルバーで鋳造して・・・。

salon14-d.jpg

salon14-a.jpg


こんな風になっております^^
二番目の画像の四角いパーツはこの後少し趣向をこらしました。
また、仕上がり後披露しますね。

これらを燻し液で燻したり、ペーパーでマットにしたり、
光らせたいところをへらで光らせてお好みの雰囲気に仕上げていただければと思っております。
どんな作品が出来上がるのか、楽しみですね!


1回目~13回目のレッスン内容等はこちら→をご覧ください。
まだ若干空きがありますので、もしも興味をもたれたら
いつでもお問い合わせくださいね。

お問い合わせ・お知らせはこちら→ 

それではShabbyさんにて、皆さまのお越しを楽しみにお待ちしています。


7/30 土曜のアクセサリーサロンのご案内

今朝は穏やかな空でしたね。今は曇ってしまってますが
垣間見える水色がとても綺麗でした♪


今日は、土曜日のランチ付きアクセサリーサロンのご案内です。
神戸のジュエリー作家caluraさんと二人で講師をしています。


日時は 7/30(土曜)10:30~ 3時間程度
場所はおなじみ、「shabby & chic」さんにて。ランチ付き、材料費込で4500円です。
テーマは「コットンパールと天然石のアクセサリー」です。


do1-7-7.jpg


「コットンパール」は圧縮したコットンにパール加工を施し、ビーズ状に加工したパーツです。
マットな質感と上品な照りがあり、とても女性らしい雰囲気を持っています。
一番の特徴はその軽さ。見た目以上に軽く感じますので、少しゴージャスなものも体に負担なく着用していられます。
色々な色やサイズが出ていますし、天然石との相性もいいので
バリエーション豊かなアクセサリーを作ることができると思います^^



do1-1-1.jpg
ブレスレット(+トパーズ・トルマリン)/calura

do1-4-4.jpg
ロングネックレス(+トルマリン・めのう)/EL

do1-3-3.jpg
ピアス(+ガーネット・トルマリン)/calura

do1-5-5.jpg
ブレスレット(+ブラックスピネル)/EL



こんな感じでパールと天然石のキットをご用意しています。
サンプルを参考にネックレス、ブレスやピアスなどを
オリジナルのデザインで仕上げていただければ、と思います。

制作方法は、初心者の方は基本工具中心に
経験者の方は出来るだけご希望の制作方法に添えるよう準備しています。
まだお席に余裕がありますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい!

Shabbyさんのヘルシーで美しくて美味しいランチもお楽しみに。

7/23日(水曜)14:00~のサロンも通常通りの開催です。こちらもまた後日ご案内させていただきます
お問い合わせ・お知らせはこちら→

それではShabbyさんにて、カルーラさんと皆さまのお越しを楽しみにお待ちしています。



青い夏




嵐が去って、日の落ちる頃、美しい空が広がる。
ああ、夏だわあ。




シャッターを切る。
なんで写真に収めようとするんだろう。
あとになってみれば、特になんの得にもならないかもしれない。


110720sky1.jpg


だけどずうっと、このまま永遠に見続けていたい。
どうやって伝えたらいい?





嵐の向こう側

ざわわ、と風の音が聴こえ始めた。


漫然と風に乗せられているだけのつもりが、実はそれが竜巻で、
未知の場所へ私の心を連れて行く。

そこで出会ったのは、過去の自分。
目を閉じて、朝の光を見られなかった悔しさを思い出す。


110719_20110720012151.jpg


台風の前触れを感じつつ、いろいろと仕上げてました。
やすりの音や、何も言わない地金と向き合いつつ、
もう一人の自分と相談しながら作ってく時間。
心のぶれも、客観的に思える。


風の音を聴くたびに感じる不思議な高揚感。
今度こそ逃げずにたどり着きたい、そう願いつつ手を動かす。

朝の光、嵐のあとの青く光る海に。

明日は、穏やかに晴れますように。



右手の幻想と現実

煙草を取り、それに火を着けて唇にもっていく。

キューを前に撞き出し、手玉をあるポイントへ運ぶ。
興味のある場所にマウスをクリックする。
ご飯を食べる為に箸を持つ。言葉を紡ぐ。シャッターを押す。

そして、ヤスリをかけて、金属の削れる実感を得る。
ある意味、生きてるなあって思う瞬間。






最近、ビリヤードの3クッションというものをやり始めました。

ポケット(玉を入れる穴)はなく、使う玉は3個。
自分の手玉を残りの二つに当てつつ、その間に3回以上クッションにあてないといけないというもの。
ポケットでは、的玉を入れることに重きを置いてきた自分にとっては
手玉の走るラインも曖昧にしか予測できず、当然全然あたらない(笑)んだけど、
本当に時々、考えて当てることができたときの快感は、
今まで感じたことないものでした。未体験ゾーン。



で、撞く事、当てる事だけに必死になって、ついつい、撞き終わってからチョークを持って帰ることを忘れる。

チョークを右手から離さないように

と、アドバイスを受け
ああ、私の右手は、快楽を追い求めるのに必死で
少し責任感が足りないのだなと思った。


2011chark.jpg
ビリヤードのチョーク。これをキュー先に塗って、滑らずしっかり手玉を撞ける様にします。



描くラインは妄想レベル。
制約は何もなく、どのように撞いてもいい環境で
もちろんとり方やシステムもあるんだけど
まだ全然そんなことも分からず、
これまでに教えてもらって覚えている数少ないことを頼りにただキューを前に出す。

そしたらたまーに、本当に思っていたとおりのラインで玉がコツン、と当たる。


穴のない、青く四角い宇宙の中で、
幻想と現実が出会う感じで、嬉しくてほっとする。


右手が探してた、あたたかな現実がそこにある。
この嬉しさを永遠に自分だけのものにしたい。
だけどそれも、こまごまとした、心がけひとつなのかもしれない。





あつくて冷たい夏


毎日暑いですね。
だけど湿度が低くて、朝晩の風が気持ちいい。




逆に、昼間はエアコンの効いてる部屋で体を冷やし、外に出て、ホッとしたり
窓を閉めてるから静かだし、焦げそうな暑さとの不思議な距離感を感じたりもする。
どことなく、違和感。







今日、今年初めての蝉の声を聞きました。
あつい、あつい、空の下、家に帰り冷たい麦茶を飲む子供の頃を思い出す。
ちいさいけど幸せな瞬間。

そしてその向こうに、遠くにおいて忘れてた昔の自分の声が語りかける。
大切なのは、素直に感じることよ、と。


暑さのの中に見える冷たさは、私の傲慢さの裏返し。
そんなことを気づかせてくれる、夏が大好きです。






熱中症の空




仕事帰り、
静かで澄んだ空に輝く満月が綺麗。

例のごとくいろいろ撮ってて、
帰ったら足の指を蚊にさされてた。
かゆい。



niji2011b.jpg
先日見た、虹のかけら



前回のエントリーでも書いたように
あー何やってんだろって思うときもあるけど、
それでもやっぱり写真を撮ってしまうのだ。
見せたい誰かがいる限り。


なんでだろ。今の気持ちを忘れたくないだけかもしれない。




ベストショット

最近、携帯をiphoneに変えました。
いろいろとアプリがあるもんだから、カメラ関連のアプリを沢山入れて、
どれがどういいのか、試行錯誤^^;


で、携帯以外にデジカメでも撮ってるし
今まで以上に写真を撮るのに時間がかかってる。

アプリの撮れ方がが最小で3つ、デジカメは無限大。
目に見えたまま伝えられたらそれでいいはずなのに、
どれが一番今にぴったりなのかが決めきれない。






昨日は、月がとっても綺麗で、それを伝えたくて
いろいろと場所を移して撮ってました。





楽しいとき、素晴らしい時間を過ごしてても、
綺麗な写真を撮りたいと思ってる私が
あーでもない、こーでもないと、
その場所で、もっと楽しむべき自分の感覚と時間を奪っていく。


月が綺麗だよって、どんなにいい写真が撮れても
時間かかりすぎて相手が外を歩いていなければ
意味ないんだと、我に返って思いました。




結局はエゴなんだと思う。
見せたい相手はもしかしたら自分自身。

だから納得できないといつまでも彷徨ってる。


もっとシンプルでいいはずなのに。
カメラを外して、目で見て綺麗だなって思えたらそれでいいはずなのに。


110713sky1.jpg


美しいと思うものを共感してもらいたい、
それは理解して欲しいと思う気持ちの裏返しにすぎないのだけれど
時期を逃しててはベストショットはあり得なく、



刻一刻と姿を変えるうろこ雲、
理解したいと思えば思うほど、遠くに離れてくって、思ったけれど。
自分の表現方法の方が、よっぽど回りくどいですね(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。