FC2ブログ

off-line meeting

不思議な事に、オンライン上では話せる事が、実際に会うとなかなか話せなかったりする。
それは話の「あや」だったり、話を出すタイミングだったり、相手の反応をうかがったりしてしまうから、なんかな。

夕方、ビリヤードしてたら、親友から連絡が入り、突発で会ってました。
来月、その人が東京へ仕事の都合で越してしまう事をつい2・3日前に聞いていて、まだ実感が沸かないままの久しぶりの再会。

会ったら会ったで嬉しくって、近況やら、最近考えている事やら、いろいろ話すので精一杯で、気がついたらこんな時間。
結局、その人を前にすると「本当に、寂しい」とは言えませんでした。

多分、メールでだったら書ける。
だけど臨場感はない。
臨場感を装って、ここで書いても、あとのまつりな訳で。


本当の気持ちは未だ自分の中に漂っている。
オフラインで会えて、唯一の救いは、自分自身がとても幸せな時間をその時過ごしたという事実だけであり、それを崩したくないから、その一言を告げられなかった、とも言える。
だとすれば、オフラインの方がよっぽど非日常で、オンラインの方が日常になりつつあるのかな?

うん?こういうとき、インターネットがないとき私はどうしてたんだろ?
(手紙かいてたかな)
いやいやそれ以前に、ネットがなければ、この出会い自体がなかったな。
非日常でも日常でもなんでもいいや、出会いって、不思議で、素敵なものに変わりはないのだから。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)