スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは、いつものところで



空を撮ってみた。
甘い色味だなって思ってたのは、赤っぽい画像ってことなのかな。

いつものなら多分

101118sky3.jpg
空の色に関して言えばこんな感じでさらに青が鮮やかに写るような気がする。
やっぱりカメラによって全然違うなー。
設定と撮り方次第かな。

カメラではないけれど、相対的に例えればGRで撮った画像の色味はコニカのフィルムっぽくて、いつものカメラで撮った色味はAGFAのフィルムっぽい感じがします。

そのあと、アクセサリーサロンの石を撮ってました。

salon11a.jpg

勝手にモノクロとカラー両方の画像で保存されるようになって気づいたのだけれど、
モノクロで見ると石のカット面の濃度の違いが分かりやすい。・・・気がする(笑)
少し前から、手描きのデザイン画レッスンを教えていて、今度石の着彩に入るので、こんな感じでモノクロで石を撮影するのも使えそうです♪


教室ブログ cafe angelring.

神戸ジュエリーCADスクールのページ

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら


コメント

そう?

良かった。なんとなくそういう気がした・・・ので、なにかの参考になると嬉しいです^^
色に惑わされますもんね。
モノクロの写真の世界って面白いなと思いました。

No title

ほんとだっ。これは結構涙ものの発見ですね。
確かに、モノクロ写真をみると濃淡がわかりやすい。
この先デザイン画書く時、参考にしよーっと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。