スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒の助手席

今夜こそはと意を決し、2ヶ月ぶりの整骨院へ。
めでたく「やばい認定」を受け、帰ってきました。

今日はレッスン終わったら絶対にやりたいことやろうと、決めていました。
整骨院いって、痛かった首を治してもらい、
レンタルやさんで観たかったDVDを借りて、お酒飲みながらそれを観る。

家に帰ったら、アイスクリームが残っていたので
生クリームとメープルシロップをトッピングして、それをデザートに食べました。
あと、お風呂につかったら、やりたいこと、大体完了。
書き出して思ったけれど、ちっこい幸せですね(汗)。
だけど気持ちはすっきり。私にとってのの花金は、こんな感じです^^
皆さん、どんなハナキン過ごされてますか~?
(ハナキンって、もう死語かなあ???)


作りの合間に、生徒さんから頼まれた石入れをする。
・・・ために、石が入るための溝を彫り、周りに銀線(爪になる)をロー付けしていました。

ori爪立て















爪が簡単に取れないように、爪がささるための穴をドリルで開け、
それに銀線を挿してローをまわす。
銀線を挿しているときに、
この感触、なにかに似ているなあ、思ってて気づきました。
そうそう、子供の頃にやった、「人生ゲーム」の駒だ。
車の形をしていて、そこに空いている穴に人の形の棒を挿す。
まさにあんな感じでした。
(ちなみに、ゲームそのものよりも、あの「挿す」瞬間が、本当に好きでした)

で、リアル人生ゲームはどうだろうと、思いを巡らす。
結構似たような感じかもしれない。
到達したと思ったら、ちょっとした加減でふりだしにもどってしまったり。
違いがあるとすれば、ゴールが設定されていないことだけなのかもしれない。
ふと駒を見る。
私の車にはいまだ一本の棒がささっているだけなのだけれど
助手席には、お気に入りのジュエリーを一個、置ければゴージャスで幸せかな。
今夜はそんな気分になりました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。