スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

merry-go-round

暗闇の中を急加速しては、落ちる。


周りには数々の星が輝いていて、
恐怖と背中合わせの興奮とはまた別のところで
美しいな、としみじみ感じる自分がいる。




フェリーののボイラーの熱気で眠れず、甲板へ出た。
流星群は見えなかった。けれど黒い海の上で浮かぶ明るい月。
もんもんとしていた気持ちが包まれる。

また別の夜、

深い闇の中で見えた沢山の星と流れる星
むかむかしていたことも、結論の出ない悩みも
何故か忘れられた。

高層マンションのベランダから見える冬の星空
光がまったくない夜に見上げた明るい月
高速道路から見えた数々の光
そんな事も思い出した。


Our hearts were ringing
In the key that our souls were singing.
As we danced in the night,
Remember how the stars stole the night away



いろんな星空の記憶の中を疾走したり、散歩したり。
眠りにつくまでの間、ぐるぐると回る。



私は地上を歩き、ガード下からまた上を見る。
月が綺麗。

この宇宙は137億年前に生まれ、地球は宇宙の中では原子レベルにも満たない大きさらしい。

これまでの全ては自分の脳がそう感じている、夢に過ぎないことなのかもしれない。
まあまあ、それだったらそれでいいじゃないか。
結構いい感じで、私の脳内の星空にも奥行きが出てきたように思う。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。