FC2ブログ

アラビアの真珠 ~金属工芸科OB展~

(前々回のエントリーから続き・画像は全てクリックすると大きくなります。)

うきうきとして階段を上っていった私を待っていたのは、静かな情熱だった。

entranceyuki1










「candere」・写真上 
(白く輝く・シャンデリアの語源となったラテン語)は、
その名のとおり落ち着いた空間に白い光を放っていた。
弟子のユキちゃん作です。


12










京都伝統工芸学校・金属工芸科のOB展というだけあって、
ジュエリーに限らない、人々が日常的に接する様々な金属製のものががずらり。



34











最初「何でできてるんだろうどうやって加工してるんだろう」
と思いながらまじまじと見つめていたけれど、
途中からはあまりそういう事も考えず、そのものが置かれている佇まいのようなものを想像して楽しんでた。


56










唯一つ、わかることは、どれもが「丁寧な手仕事によって作られている」
という事。
それは、今の私にとっては大きな励みになった。


78











納期もあるし、他にやることもいっぱいある。
だけど今作っているものを目の前にすると、どうしても丁寧にならざるを得なくなる性。
その分色んなことを削ってきたと思う。
その辺りが作品のなかに見える。
どれもがきっちり完成している、素晴らしいものばかりだった。

------------------------------------------------------


yuki2先週の半ば頃に、私事ではありますが、
「これからも、自分は今までどおりに物を作っていけるんだろうか」と思う出来事があって、ずうっともんもんとしてました。
それ自体はまだ解決していないのですが
この日の「静かに物言う」作品を沢山みていたら
どんな場所で、どんな環境であっても、作る人は作るんだろうなと思いました。

うん、出来ること、出来る限りやってみようと思います。


exit・・・・で、前々回のエントリーの、イノダコーヒーに続く。

「アラビアの真珠」は、この後行ったイノダコーヒーのブレンドの名前。
コーヒー豆への丹念な気持ちと愛情が感じられるチャーミングなネーミング。

なんとなく、赤い服をまとったコーヒーの妖精が踊っているのをつい頭の中で想像してしまうのですが、顔は何故かユキちゃんでした。




彫金教室のページ

ネットショップ 天使の輪

彫金工具販売のページ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)