スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cruisin' with cigarette.

やさしい気持ちと熱くて静かな思いを胸にしながら向かった海。


110630seapara.jpg
二見シーパラダイス


かれこれ20年以上も前に、12歳の自分が見た初めての降り注ぐような星空。
その記憶が幻でないかどうかを確かめたかった。









110630hutami.jpg
二見輿玉神社



晴天の霹靂、竜巻が訪れて自分の心と体を奪う。
どしゃぶりの雨を抜け、あとに残るのは、不思議な静けさ。



110630ame.jpg
10分間しか使わなかった傘



そして迎えた突然の雷雨
上がったときの空気と匂いに夏が訪れを感じる。
大好きな夏。



110630asaumi.jpg
二見浦


目指したのはもう一度会いたかった空。
心がけたのは自分の足で歩くこと。


110630inners.jpg
内宮




照りつける太陽の下、汗をかき、靴擦れしながら
内宮の砂利を踏みしめて聖域に近づけば近づくほど
自分の小ささが実感できて、逆に心が解き放たれる。




寄せては返す波の音。
あたたかな石の上に横になり
私のカメラでは撮影不可能な、今でも美しかった夜空を眺める。
やっと来られた。

そして煙草に火を着ける。




110630nami.jpg
二見海水浴場



また、同じ事を繰り返すことになるのかもしれない、とも思う。
それでもまあ、いっか。





110701.jpg
神戸


休暇がもうすぐ終わる。
そして又、忘れられない空を探す日常へ。
相棒は、まだしばらくは、煙草。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。