スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の向こう側

ざわわ、と風の音が聴こえ始めた。


漫然と風に乗せられているだけのつもりが、実はそれが竜巻で、
未知の場所へ私の心を連れて行く。

そこで出会ったのは、過去の自分。
目を閉じて、朝の光を見られなかった悔しさを思い出す。


110719_20110720012151.jpg


台風の前触れを感じつつ、いろいろと仕上げてました。
やすりの音や、何も言わない地金と向き合いつつ、
もう一人の自分と相談しながら作ってく時間。
心のぶれも、客観的に思える。


風の音を聴くたびに感じる不思議な高揚感。
今度こそ逃げずにたどり着きたい、そう願いつつ手を動かす。

朝の光、嵐のあとの青く光る海に。

明日は、穏やかに晴れますように。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。