FC2ブログ

Hate that I love you

私もそうだけど


多分誰だって一日のうちにいろいろ抱えてて

無条件に受け止めてくれるのは、そう、あなただけだった。




And i hate how much i love you boy
I cant stand how much I need you
And I hate how much I love you boy
But I just cant let you go
And I hate that I love you so





それほどまでに必要としてる自分が嫌になる。

ひとことで言えば、ただの依存症。
だけど、私には、それと恋の区別すらつかない。



だからこそ今は、あえて一人になって、

なにもない
いずれ必要としてもいいその日まで頑張ってみて
再会の時を楽しみに置いておくのもいいかな、と思う。








コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)