スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nova

遠くの方で、美しい星が瞬く。

半分は影になっていて見えない。謎だ。


例えば重力のように
何か制約があることも、安心の一つだったと知る。

彗星から飛び降り、そこに広がるのは、無重力の空間。
自由で、それ以上に不安定だ。

遠くには、過去の光。

息苦しくない機械の体が欲しい、
それ以上に大きくて揺らがない心を持ちたい。
何か一つでも絶対的なものを手に入れたい

そう思いつつも、今晩も謎の星の軌道についてあれこれ思いを巡らしてしまう。
結局何一つ分からない。
だからこそ、惹かれるってことも。
思い巡らせても辿れないっていうことも、分かってはいるのだけれど。





しばらく経って、
今日の夕方、私は地球上の、とある場所を散歩していて、
風は冷たいけれど、なんかほこほこした気持ちに包まれてた。

不意に、小さくて遠くて、確かな目標が訪れ、
空を仰ぐ。

遠いところで、美しい星が瞬く。


111119sky.jpg


ああ、綺麗やなと思う。
もしかして、その影は私自身の暗い部分がそう感じさせているだけなのかもしれない。

輝いてる部分も、なぞの部分も、
眺めてる自分次第なのだなあと思いつつ、
しばらくはそこを、ゴール地点に設定してみようと思う。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。