スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晦日の空は

昨年の大晦日に白くてあたたかな厚意を頂いてから、もう一年が経ったのだなあ。


寒くて目が覚めた。
灯油が切れてる。
ストックも切れてる。

買いに行こうと車に乗ったら、バッテリーが切れてた。末期の朝。

いろいろな方に助けてもらい、バッテリー復活。
充電のために、エンジンノンストップで色々とドライブした。

一年前に通ってた病院をかすめ、ポーアイへ。
以前打ちっぱなしや家具を眺めたりした辺りで給油をし
最近良く通ってる玉屋さんの近くを通り、
好きな立ち飲みやさんがいつからやってるか確認(笑)したりしてのんびりと日を過ごした。

いろいろな記憶の断片は、冬の空気の中で湯気のように昇華する。
結果、無駄な動きも多かったのだけれどとても楽しい一日になった。


今日こんな事が起こるなんて、予想外だった。予定が全て狂った。
だけどこんな風に過ごす様になるなんて、一年前には本当に、予想すらできなかったのだ。
面白いね。


111230_20111231025524.jpg


空を仰ぐとそこに広がるのはまさにパンチの効いた希望。
眩しくて目が開けられない。


目を閉じる。静かな夜に響く鐘の音と、甘酒を思い出す。
明日は、来年の今頃はどんな大晦日を過ごすのだろうと、思いをめぐらす。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。