スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女のさが2 - ルーブル美術館展 -

louvre今日は自己投資の一日。
神戸市立博物館に、「ルーブル美術館展」を見に行ってきました。

ポスターのピンク色が、かわいいですよね。
チケットもこの色で、持っているだけでうきうきさせてもらいましたが、実際に博物館に入ってからも、こんな色の世界でした(汗)。

今回の展示は主にルイ15~16世の宮廷そしてマリーアントワネット(ポスターの女性はルイ15世の愛人です、別人)達セレブリティの愛した調度品のコレクションを通して芸術様式の変遷をみる、という趣旨のものでした。
主に、置時計・椅子や壁掛け・そして一番多かったのは嗅ぎ煙草やボンボンを入れる小箱で、彫金的にも見ていて面白いものがいっぱいあり、見ごたえたっぷりでした。

で、調度品にあんなピンク色のものは一つとしてなかったんですけれど、展示前半、ロココ調時代の、唐草やお花舞い散るブロンズ(に、鍍金)作品、ダイヤがこれでもかとふんだんに散りばめられた嗅ぎ煙草入れ等は、とっても華やかで、芸術が花ひらいて、ピンク~~!な感じでした!
見ていて本当に心地よかったです。

後半は一転して新古典主義に入り、それまでの流線形多発型芸術品より、もう少しシックな感触のものが多くなるのですが、後半の目玉はやっぱりマリーアントワネット。
彼女自身の(MとAを使用した)モノグラムがあったのは、初めて知りました。


marie左の写真。

彼女が愛用していた旅行用携行品入れというものがあったのですがこの中には香水瓶から食器・湯たんぽや化粧用ハサミに至るまで、百何十点という小物が収納されるようになっていて、この中のお茶セットには全てM&Aのモノグラムがプリントされています。

これはいろんな人の心をくすぐる宝物じゃないでしょうか。
思わずじいっとみつめてしまいました。
マホガ二ー製で、とってもきっちり職人さんが作っているものなんですけど、これを携えてお茶とかしているマリーアントワネットを想像したら、やっぱり頭の中はピンク色でした。

間違いなく、ルイ16世時代のピンクは、マリーアントワネット自身だったんだなって思う。

もう一色、気になったのが、青磁の青。
ブロンズに鍍金を施したしぶい金色と、とっても鮮やかな中国製の青磁がうまく調和して、全体的に鮮やかなピンク色の時代を形作っていた、そんな印象でした。


ピンク色で気分が高揚したか、その後いろいろぶらぶらした末、運命の出会い。

chloe・・・って言っても、香水ですけどね。

chloe(クロエ)のeau de parfumです。
(その下に映っているのは、ミュージアムショップで買った、ロココ時代の屏風絵のファイル。)

実をいうと百貨店の香水売り場なんて久しぶりで、綺麗なお姉さんがこっちに近づいてくると恥ずかしくなって、他のお客さんを相手している間に、そそくさと立ち去ってしまいましたが、家に帰ってもなお、いい香りが頭をいっぱいにする。

よおし、頑張って、今度は有無を言わさぬセレブな佇まいで、この香水を買いに行ける様な女性になろう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。