FC2ブログ

それぞれの道

p5triczring1基本コース、ワックス最終課題です。
ハードワックスで爪まで立てておいてからSV930でキャスト。
写真では少し色が分かりにくいですが、中石がバイカラーのトルマリン・脇石(左右3ヶずつ計6個)はハート&アローカットのキュービックジルコニアです。
脇石3個ずつの中心部は共有爪になっており、少し調整に苦労しましたが、ちゃんと留めることができました。
ワックスで石枠を彫る場合、キャスト後の縮みも考慮した上で爪も立てないといけないわけで、石がちゃんと留まるということは、そういう部分も感覚で分かっておられるという事です。


p5triczring2p5triczring3








p5triczring4

着用画像。ボリューム感もいいと思います。
(全ての写真、クリックすると大きくなります。)






遠方からの生徒さんで、これからは諸事情によりあまり頻繁に通うことはできなくなってしまったのですが、今日にて一旦コース修了です。
お疲れ様でした!

遠くても近くても、うちの教室の場合コース最後まで到達する人の割合は1/10切るんじゃないかと・・・。その代わり、到達された方には、それ相応のものが備わっていると思います。で、さらなるいばらの道へ(笑)突入されるかどうかは、その人その人の意思によるわけで、皆さん個々に目指す道を歩まれている訳ですが、何度目にしても感慨深い。

これからも、ご自分の信じるいいもの沢山作っていって、
私達の目を、ハートをガツンと言わせてください。
よろしくお願いします。


もう一つ、こちらはマイペースで好きなものを沢山こしらえている生徒さん作品。

oridogpin犬のピンバッジ。
こちらもワックスで彫ってからシルバーでキャスト→仕上げて石留めです。
目の部分にルビーが伏せこんであります。

表面のテクスチャーが柔らかくて、思わず撫でたくなるような犬の毛をうまく表現しているなーって思いました。

こちらの方は初心者コース終えて、地金の扱いが苦手だということでワックスコースを先にとられているのですが、キャスト後はやっぱり地金ですんで、もちろん糸鋸も使ってもらってますし、ロー付けなどの作業も覚えていってもらってます。


いろんな目的があって、この教室にいろんな方が来られているわけだけど、それぞれの興味も多岐にわたるし、目的も違う。
だけど目的へむかうためにはその道を楽しいって思うことが大きな牽引力なんですね。

自分自身に関しては、ついつい目先の目的や、相手の要求に対して、相手100で自分0(いや、90対10ぐらいか 笑)なぐらい自分のことを忘れて行動してしまうんだけど。
もっと、自分の気持ちや感覚を大切にしながらやってってもいいんかな?
などと思い始めてしまいました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)