スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開けたが最後

開けたあとは金曜のレッスンの後は甲子園の浜風にふかれ、
土曜日は気持ちのよい風に誘われて、芦屋界隈までチャリンコでお散歩してきました。
(写真は、芦屋川での空。)
日曜日も久しぶりに友人とランチをして、三宮を散策。

合間に作りの仕事や雑務をはさんでいるとはいえ、いつもに比べるとかなり外ぶらりな週末を過ごしました。
うん、人間欲望には逆らえないものですね。
欲望に素直に過ごしてみるのもいいものです。



ちなみに、土曜に芦屋界隈まで出かけたのは、現在生徒さん(ブログリンクでおなじみのcooさんです)がシルバーアクセサリーの二人展を芦屋のギャラリーで開いておられるのでそれを観にいったのがメインの目的。

coo1coo2












2008年4月25日(金)~4月28日(月)
がんばらないけど大好きだから…
2人のシルバ-アクセサリー展 vol. 4

住所: 芦屋市船戸町2-1-121
ラポルテ西館1F
0797‐34‐0580
営業時間: 10:00~18:00 (最終日は16時まで)

私はこの展示を観にいくのは2年目なんですが、お二人とも好きな事を自分のスタイルとしてとてもさりげなく表現されてます。
今回、見に行った時間がギリギリだったため、写真を撮れなかった&残り一日となってしまいましたが、お時間ある方は是非!見に行ってみて下さい。
銀粘土・彫金の楽しさが伝わってくる素敵な展示です。

教室の方は現在お休みされておられるので、彼女自身と出会うのも久しぶりで、会ったら会ったで話したい事いっぱいありすぎて結局何も話せず(笑)、ばたばたと帰ってきたのですが、前に見に行ったときからの一年、お互いにいろいろな事がありつつ、今も作り続けていられる事を、心の中で嬉しく思っていました。

少し前にも書いたけれど、一年という年月は、大きな変化をとげるのに十分な、小さな変化の積み重ね。


それと同時に、質という意味での自分がこだわる部分は、決して変えてはならない。

灰皿今日、本当に本当にひさしぶりに三宮へ出かけて、いざランチ・お茶・買い物しようとすると、何かで調べない限りいい店を見つけられない自分に気づく。

何年か前まではそこに行って、ぶらぶらしていれば何でも賄える「遊び場」だった土地が、気がつけば知らないお店だらけの場所になっていて、お気に入りだった喫茶店が取り壊されて更地になってたりする。

だけど、何がしかのジャンルで、ある程度の地位を築いた「老舗」的なお店はちゃんと今でも残っており、それに対抗する新しいお店は、ハコ・商品共に昔より随分グレードアップしていて、街全体の外観としては、入るのに迷うお店の選択肢が増えたっていう印象をうけた。

ああ、でも、芦屋界隈を土曜日ぶらついたときに、すっかり老舗顔で、何だかちょっと忘れてない?っていうようなお店や、客のマナーの悪さについて店内の黒板で自粛訴えるお店とかもあり・・・まあ、そんな事はどうでもいいんですが。


あげはお金も時間も限りあるから、人は迷うわけだけど、
欲望のカーテンを開けたら最後、そこに入らずにはいられない。

そんなお店が増えるためには、遊ぶ(選ぶ)側の確固としたポリシーも必要。
なんて思った、週末でした。

なんのかんの書いちゃったけれど、いいお店もそうでないお店も、とにかく入ってみていろんな思いするんが楽しいんですよね。
いい季節だし、いろいろ歩いてみようと思います♪

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。