スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twice up の勇気

皆さんもうすうす、気づいてるかもしれないけれど、
私は日本人の典型的な特徴・・笑ってその場をまぬがれようとする傾向が大きい。
まあ、もともと笑い顔なんですけどね。

照れに限りなく近い、謙遜と取れなくもない自分への不信がそこには介在する。


highball&hotdog週末はうす曇→雨の中を、怒涛の速さで通り過ぎた。
親知らず点検・親戚のパソコン設定に始まり、
スパイシーな香りのするバー・黄金の山・納品・
幸せそうに焼かれたパンケーキ
ふるまいのホットドッグ&少々塩辛い結末・・・・
エトセトラエトセトラ。

土曜の夜、その日で閉店のバーに連れられていって、素敵な言葉に出会った。
「twice up」(トゥワイスアップ)。

ウィスキー:水が1:1。
シングルモルトウィスキーなんかの香りの高い物を飲むときに
もっとも風味を引き出す飲み方だそう。

今回は炭酸バージョンのトゥワイスアップ。
凍らせるほどにカンカンに冷やしたウイスキー「角」と、コップ。
トゥワイスアップにして炭酸を入れて、
最後にレモンをほんのすこーーーーしだけ、絞る。
氷なし。
その日飲んだハイボールは、自分の既成概念を覆すものだった。
集まったお客さん全員が「ここのハイボールは、絶品」と、言う。
惜しいのは、このお店は、これを書いている今では存在しないと言う事。
(最近、こういうの、多いな・・・)

一見ぶっきらぼうにさえ見えるマスターは、お酒や、食べ物への思いを、拘りを、
わかりやすいレシピとして素人の私達に惜しげもなく丁寧に教えてくれる。
こういう人、大好き。手がけたものへの愛情を感じる。


lamp1
根底にあるのはいつも愛。
対象と一対一で向き合ったときに
孤独のなかでの経験と感覚を信じ、
アップ(仕上げる)する心意気は
レモンほんの少し分の勇気。


自分が今一番必要としているものは、そのほんの少し分の勇気。
手を伸ばしても届かない、どうしても越えられない壁をこえるには、
何かと一対一で向き合ったときに、物怖じしないためには、
その場の快楽に身を委ねないだけの、勇気がいる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。