スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊と修復

晩御飯は、お好み焼きでした。

無造作に美しく盛られたタネと具は、幸せそうにじわじわ焼けていく。

片面がいい感じになったので返しにかかったけれど、
ちょっとしたタイミングのずれで、ぽろっと割れた。
一瞬寂しげなムードに包まれたけれど、すかさず寄せて、
しばし待つ。

そしたらちゃんと、くっついてた。
また、幸せそうな湯気を立ててました♪


今回の修復ポイントは、対応の速さと素材の柔らかさやと思いました。
お好み焼きは、柔らかいから、焼いている最中ですら常に柔軟に形を変えられる。
だけど、うかうかしてたら、割れたまま固まってってしまう。

石やと、こうはいかんな~なんて考える。やっぱり硬いですから。
万が一割れたら、頭真っ白になります。
あ、そっか、対応する人の頭が、その分柔らかくなればいいんですね。
それから、これが3Dキャドやったらとか、教室やったらとか、ビリヤードやったら、とか、恋愛やったら、とか、破壊への対応についていろいろ考えそうになったけれど、深夜に何考えてるんやろ、と、宇宙の淵から我に返ったので(笑)そろそろ寝ます。


あ、お好み?めっちゃ美味しかったです♪

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。