FC2ブログ

ギリギリになって、気づいた事

インターネットという宇宙は、やはり、仮想の宇宙にすぎないということ。
自分ひとりで妄想している限りは。

発信している人と、受信する人の妄想同士が重なったときに
初めて現実の宇宙になるんだね。

仮想の宇宙の中で、スプートニク号、遭難しかかってました。
そろそろ現実の宇宙に戻らなければ。


インターネットって、自分が繋ぐ気にならなければ、それはそれで全然オーケー。そうして、受信してほしいと思う人が繋ぐか繋がないかも、それは自由。

自戒の意味も込めて、しばらく通信手段としてのメール以外、あんまりネットに依存しない生活をしてたけれど、飢え死にすることはなかった(当たり前か。)

飢え死にすることはなかったけれど、でもやっぱり自分から可能性を放棄しているような、そんな気もした。
うん、わかった。多分ただの淋しがり屋で、夜中に自分の独り言を、誰かに聞いて欲しい、だから私は一軒一軒ドアを叩くように、キーボードを叩くのだ。(かなり自己中心的な考えだとは思うけれどそれでもなお。)

-----------------------------------------------------------------
書くという行為は、自分にとってこの3年半で、なくてはならないものになっていたようです。
そういう事に気づいたから、たいした土産はないけれど、そろそろ再開します。
なんか酔っ払いオヤジの独り言みたいになってますが、これからもよろしく~♪

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)