スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が終わってわかったこと。

L.S.P10月ですね。今日も曇天やけど、気持ちは秋晴れ。

ここに書くような事でもないですが、そう遠くはない過去に、自分への自信を大きく失う出来事があったわけで、んで、それからもいろんな人と出会って、いろんなもんもらって、すっかり元気になったつもりでいたんだけど、実は、それは真の消化ではなく・・。

失われた自分への自信やそれまであたためていたけど壊れちゃった気持ちを何かに置き換えようとしていただけでした。

昔からの女友達は鋭いです。「泣いてもいいねんで」の一言で、アウト。

9月の終わりの夜中、友人と会った後、2号線を泣きながらチャリンコで爆走です。(青春?!)

今までのしんどかった事を思い出して、悲しかったのか、悔しかったのか、もしくは友人と会って懐かしくて安心したからか、これからの自分への不安でなのか、はたまたその全てだったのか。
結局、なぜ私がチャリンコ漕ぎながら泣かないといけなかったのか、それはいまだにわからないけれど、そしたらねー、なんかものすごくすっきりしました。憑き物が取れたような気分。

過去の自分を精算するには、何かの力を借りるだけでなく、自分自身にそれを吐き出す何らかの儀式が必要だったわけで、夏は私にその為の体力を与えてくれたようです。

そして夏が終わってもう一個気がついたゆゆしき事実。
今年も、もうあと3ヶ月なんですね・・・。

25℃・72%:レッスン×5・ロゴ作成

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。