スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講師、のち道路上のケモノ

「ワックスで削れる形を、地金でどういう風に作れるか、一度考えてみて。そしたらいつか全然違った局面でそれが生かせる時がくるから」
(もっとまわりくどい表現だったような気もするけれど)

久しぶりに講師としての自分を臆せず出せたような気がする。
そして、その7時間後、私は道路上のケモノと化していた・・。

難しいことはあんまりうまく書けへんけど、「A+B」を「A+B」以外、のものにしようと思ったとき、上に書いたような鍛錬が必要になるのだ。

仕事が終わった夜、6年ぶりに車を運転した。しかも一人で。
これは私にとっては道路上の暴力ですらない、ただのケモノ。
でも、運転している私にいろんな人がささやいた。
「右のサイドミラーは後ろの車を見るために」(by M)
「道路は、自分一人のものやと思って運転したらいいよ」(by K)
「(何があっても)形があるうちは大丈夫!」(by N)

そしたら、結構なんでもうまくいって、運もあると思うけれど、今日のところは、思ったよりもすんなりうまく走れました。駐車もできた(ふう~~)

車の運転上、私がCを作り出す事はないかもしれないけれど、人の声が聞こえているうちは大丈夫かもしれない。

・・・・という訳で、阪神間の道路で、赤いオペル号(もしくは黒いチェイサー号)を見たら、それはケモノかもしれないので、みなさん少し離れて見守るように!!
まあ、ケモノといっても、ナマケモノ、もしくはコアラぐらいですけどね♪

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。