スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかなごが先か?デザインが先か?

いかなご














今日、描きあがったデザイン画を送りました。
その方にはいろいろとお世話になっているので、酒の肴に、と「いかなごの釘煮」を添えて。
今回はなかなか納得のゆくデザインが浮かばず、ものすごく長い期間考えてしまったのですが、春にいかなごを贈ろう、とは決めていたので、半分いかなごに背中を押されるような感じで完成させたような。結構オーソドックスなデザインだけど、これで作っていけたら、どれも面白いだろう(作っている自分が)、と思えるデザインになりました。もちろん、出来上がって、相手の方に喜んでもらえるデザインであれば最高なのですが。
うまく話がまとまって、近い未来にここで披露できればいいな、と思います。

「いかなごの釘煮」とは・・・・瀬戸内海沿岸では、2月下旬頃からイカナゴ漁が始まります。イカナゴは春を呼ぶ魚として知られ、明石海峡で操業するイカナゴ漁は瀬戸内海の春の風物詩として地元に定着しています。イカナゴの幼魚、体長3~4cmほどのシンコ(新子・生後数ヶ月の当歳魚)使って当地方の名産になっているくぎ煮を作ります。
イカナゴの漁期は2月下旬から3月下旬までのほんの短い間しかなく、この時期に捕れたイカナゴをクギ煮(佃煮)にして保存食としています。

イカナゴのくぎ煮は神戸名物となっており、兵庫県の播磨・明石、神戸・垂水、淡路島北部の地方では、各家庭でイカナゴのくぎ煮を作ります。春を告げるいかなごの釘煮は、瀬戸内近海の明石~神戸ならではの季節料理。

うちの家のまわりでも、この時期にはいかなご炊く家庭が多くって、貰ったりすることが多いです。スーパーでもたくさん釘煮用にいかなごが売られています。
しかし、1キロ炊いて食べる根性のない私は、今回は市販の、「おぐら昆布」のものを購入。おぐら昆布→

ここのはこてこて硬くないようで、私の好みのような気がしたので。

さてさて、今度はチラシの色付け作業。(180°方向転換)
なにをモチベーションの糧にしよう。差し迫る納期か??

18℃・54%(日中):デザイン画発送・キャスト型埋没

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。