FC2ブログ

気晴らしと戒めと

買った本1217最近ちょこっとした仕事の報酬がはいって、お買い物サイトばっかり覗いてしまいます。
別にバカ買いするわけでもなく、いろいろ見て、あーだ、こーだ、考えるのが楽しかったりするんですけど、やっぱり見たらちょくちょく買ってしまう。
こんなことしてる暇があったら、やることやったら?ブログ書いたら?とも思っていたけれど、やっぱり自分は女なのだ、買い物して自分を飾るのが気持ちよくて、好きなだけなのだ。ましてやクリスマスも近いし。
と、素直に認めることにしました。許してください・・・>誰となく。

しかし、使えるお金には限りがあるし、なんせ優柔不断なので、どれにしよう、とかうだうだ考え(過ぎ)な時間もやっぱりもったいない。

そんな折、こんな本見つけてアマゾンで買っちゃいました。
廃刊になった「グランマガザン」がムック本としてジュエリー特集出してたので、こっちが本命だったのですが、なんとなくすごく気になって購入したもう一つの本。
「チープ・シック 草思社 カテリーヌ・ミリネア/キャロル・トロイ著(片岡 義男訳)1800円」。
『ファッションとは流行を追いかけるのではなく、自分自身の人生を追うことなのだ。
雑誌に踊らされるのはやめて、値段、ブランドに関係なく自分が着ていて心地よい布・仕立て・形の衣服を色違いで数枚、上質の靴・ジュエリー・時計を数少なめに持って、自分になじませていくのだ。』

そしてそこには、自分流のおしゃれをつらぬいている素敵な女性達や、古着の活用法、布地について、民族衣装について、などがファッション界で働く人々の日常の着こなしのインタビューとともに写真つきで詳しく書いてあります。なんか、見るからに昔の本なんですが(今見たら1977年初版だった)。ちっとも古くない。ほんとにみんなかっこよいです。
ちょっと抜粋。
フォークロア












お姉さんこの人ほんとに格好よかった。
大切なのは衣服よりしなやかな体、と言い切り、
服はブルックスブラザース(ボーイズ)のボタンダウンシャツをはじめ、カジュアルでチープなものばかり。しかしアクセサリーとブーツにはお金をかける。
ネックレスは同じものを寝るときまでずうっと着けているそうな。(しかも3本)
そこまで気に入られたら、アクセサリーも本望だろうな。




お兄さん
この人みたいに、脈絡なく載っている「?」な人もいっぱいいるけれど・・・・
でも、かわいいです。







日々周りの意見に流されながら生きている自分には、自分なりのポリシーを貫き、独自のファッションを楽しんでいる人たちの姿は、とても新鮮でした。
もっといろんな無駄をそぎおとして、自分の本当に好きなものに囲まれて暮らしたい、自分のスタイルを作っていきたいと強く思います。
ジュエリー作りも一緒。あーだ、こーだ、流行のデザイン追いかけるだけじゃ、だめなんだな、きっと。自分自身をもっと深く見つめなければ。

いい勉強になりました。
結局のところネットショッピングで本を買ってしまった事実に変わりはないんですが・・・

そろそろ雪が?-2℃・76%(AM2:30)/レッスン×2・ペンダントトップの修理・ptリング作成

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)