FC2ブログ

天の川が見えないので

気晴らしに一話、つくってみました。

-----------------------------------------------------------
今日は、絶好の水浴びびより
それほど太陽も幅をきかせていないし、アメはぽつぽつ降っている。
かえるくんは、大好きなかえるちゃんとのデートの為、
ぴとぴと降るアメにうたれ鼻歌を歌いながらシャワーをあびて
最後にクチナシの花の香りまでつけて、身支度をすませました。ame


でも、かえるちゃんとのデートはうまく行きませんでした。
デートに行く途中で、かえるちゃんの大嫌いなカミナリがいっぱいやってきたのです。
「かえるくん、ごめんねー、私カミナリ大嫌いなの」
ケータイで、かえるちゃんからの連絡を聞いて、途方にくれたかえるくんは
どうしていいかわからず、町をうろうろするのでした
カミナリのどどーぉんっていう音さえ、かえるくんにはうわの空でした。

「・・・・・タナバタだって言うのに・・・」
上のほうから人間の話す声が聞こえます。
タナバタ・・・???それが何だって言うんだ?俺はせっかくのかえるちゃんとの
デートがカミナリのせいで台無しになっちゃったんだぜ?
やれやれ、なんだって天候はこんなに俺の邪魔ばっかりするんだ?
こないだは干からびそうになったというのに・・・

そのうち大雨が降ってきて、ふと見ると、人間達はわらわらと降る雨を避けてどこか見えない場所へ行ってしまいました。
気がつくと、そこにはかえるくんだけがいました。
「自分より大きなものが歩いていない町っていうのも、たまにはいいもんだな。」
かえるくんはそう思い、町を思い存分駆け抜け、少しだけカミナリも好きになりました。

七夕に雷。
どっかで、織姫と彦星がけんかしてたのかもしれません。
もう、仲直りできたかなあ。


どっかから悲鳴が聞こえてきた雷雨:24℃:90%(0:00) レッスン×2・デザイン画完成

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)