スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜がある風景

UNI_4380.jpgsakura1_20090406184254.jpgchoko.jpgriver.jpg

ちょっと遠出して、桜に彩られた街を歩いてきました。

ひたすら歩いてた。
だけどいつもよりゆっくりと。居心地のいい時間をできるだけ楽しみたくて。

もちろん色々な目的があってそこに行ったのだけれど、
覚えている事は意外とあまり重要でない、もしくは全然関係のない些細なエピソードだったりするから面白い。

sakuratei.jpgprod2.jpgprod.jpgpekochan.jpgsky4.jpgstation.jpg


街はとても大きくって、いろんな人が沢山歩いていて、
逆になんだか気が楽になった。
これだけ人がいれば、周りを気にする必要がない。
自分がどう思われているかなどと、いちいち気に病むこともないんだって。

のんびり歩いていたらつい帰りの飛行機にぎりぎりになって、
焦って走ろうとしたら諭される。
結果は一番、大切。
丸く収まれば、過程がどうあれそれは美しく美味しいものになる。
だけど、結果を急ぐあまり、過程を雑にしたら意味がない。


sky3.jpgUNI_4382.jpgkoishi.jpg


深呼吸しよう。つい周りがみえなくなる。
桜は綺麗だけど、その周りにある風景。
その中にあるから美しいんだと、今日知った。

そして春は、その切り取られた風景と共に私にとっての大好きな季節になった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。