スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

prism

何年も前に、フランスを旅行していたときにパリであまりのディスプレイの美しさにふらふらと入り、
そこにある全てに目が釘付けになったアクセサリー屋さんがあった。

「SATELLITE(サテリット)」

satellite.jpgそこで買ったペンダントは何年もの間、気に入って何年も着けていて、チェーンがちぎれてもちぎれても修復していたのだけれど、アクセサリーゆえに全体が風化してしまって、最近はしまってある。

今日所用で出掛けた西梅田のブリーゼタワーに、そのお店があった。
予期せぬ再会。



ああ、やっぱり自分はここのアクセサリーが好きだって、思った。
全てがツボにはまるって、こういうことなんだと思うくらい。
原点に出会ったような気がして、興奮した。




coo3.jpg話は変わって、
少し紹介が遅くなってしまったのだけれど、
先週行われていた教室の生徒のcooちゃんの二人展の様子を少し。

彼女は銀粘土からアクセサリー作りを始めて、今では彫金や、ワックスでキャストした作品も作られるオールラウンドな方です。
ご本人の人柄もそうですが、やさしくって、なんか明るい感じを作品からも感じます。
(写真は、スニーカーがモチーフのペンダント。くたっとした感じが素敵です。)



satuki4.jpgそんな彼女が、
かれこれ5年ほど一緒に二人展をされているパートナーは、
さつきさんという、銀粘土でいろいろと
猫のモチーフアクセサリーを作っておられる方です。

もう、この姿なんか、猫を飼っている人なら
思わず「ああ~、そうそう♪」って思ってしまうんじゃないでしょうか。




display.jpgcoo4.jpghutari1.jpg

JR芦屋駅降りて北側すぐの、「ギャラリー篝火(かがりび)」にて、4日間展示されていました。
画像はその風景。
入り口のショーウィンドウには、二人の代表作品が飾られていて、
いい対比をなしているなあ、って思いました。

coo2.jpgsatuki5.jpg

私が欲しくなったのは、この二点でした。
(画像がわかりにくいと思いますが、右の写真は「箱入り猫」だそうです)

お二人がお互いに初めて見る作品もあるらしく、「これ、~で作ったん?」とか、会話されてる姿が印象的でした。それぞれが別々に作っているんだけど、何か合うところがあって、ずっと一緒に展示されてるんですよね。
そういう姿や、変わらず作り続けている姿を胸に焼き付けて帰ってきました。



大阪から家に帰ってきて、いつもどおりネットに繋ぐと、生徒さんのUSAKOさんの記事に、自分が無理言ってお願いしていたネックレスの記事が載っていた。





isiawase.jpg写真は、作成中のとりまきのペンダントトップに脇石のメレ(2.3mm)を枠とあわせているところ。
ルーペで見て、これなら留まるかな・・・多分。という感じです。

作っているときは、やっぱり自分は一人で、
自分の作ったものに対して客観的になれないし、自信をもつこともできず、
ううん、作る事のみならず、こんな自分でいいんだろうか・・・と、思う日々。

自分は、いったい、何がやりたかったんだろう?
日々に流されていった事を、今日再会した、大好きなアクセサリーが、又、教えてくれた。
思うようにやってたらいいんだって。

Vice Versaの呪文。

私が好きな人々やブランドがつくり出すジュエリーを美しいを思うように、
色々な人や、事象が私にはたらきかけてくれているうちはまだそこに、自分には分からない何かがあるのかもしれないと、信じてみよう。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。