スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕



朝は、いい天気だった。
朝はレッスンがなくて、お気に入りの音楽をかけつつ、仕事を。
キャストも、なんとか無事できました。

これで晩天気よかったら気分いいけど、
あんまり期待できなさそうですね。
もしかして織姫が雨女なのではないかと、妙な連帯感。
天気が悪くても、星空上では関係なく出会っていると思ってるんですが・・・。

だけどこんな時期に七夕をもうけるって、昔の人は「やや」いじわるだったんではないかとも思う。
障害があればあるほど、燃えるのよね♪

・・・ささ、仕事に戻ろう。

コメント

>hagiちゃん

そっか、彦星のせいにしちゃえばいいんだ♪
・・って、論点間違ってる?

だけどお互いすっきりできて良かったね。
今日の日記にも書いたけれど、今年の旧暦7/7は、8/26だそうです。
離れているけれど、その時こそ、二人で星空見上げましょ☆

>あめおさん

「たくらん」・・そのままでしたね。
調べろよって感じでしたね、お手数かけましてすみません^^;

日帰りで、鳥取、自転車で、かあ。
きっと、途中の山道での星空は綺麗・・・、あ、雨降ってたんでしたっけ・・。
これからも自転車記、楽しみにしています♪

私もいっつも同じこと思ってたよ☆

なんでいつも晴れない、この梅雨時期なんだろうなぁ・・・七夕って、みたいな。

ホント、秋ならスッキリ綺麗な星空を拝めることが出来るのにね。

ていうか織姫が雨女って笑えるwww
彦星じゃないんだ?www

日帰りです。朝の4時に出ました。帰ってきたのは23時20分でしたから、いちおー日帰りです。

托卵は「たくらん」です。

>Y.Aさんへ

またまた、ためになるお話、ありがとうございます。

だけど、
>こんばんは!
>どんより雲ってましたね。
この、一行目の爽やかさと二行目のばっさり切り捨てるギャップが、少し面白かったです。
ええ、昨日はどんよりで、早々にふて寝してしまいました^^;

>七夕伝説は、立秋を過ぎた空高き初秋の満天の星空を見上げながら作られたお話なんですよ^^

そうなんですね。
昨日ふと、「なんでこんな梅雨時期に七夕なんだろう」と思ったので、この疑問は間違いではなかったのだと、すっきりした気分です。

となってくると、現代の人が、「やや」いじわるなんですね・・・。

ああ、お話聞いて初秋の満天の星空が早くみたくなってきました。
とにかく梅雨が早く明けてほしいものですね。

>あめおさんへ

こんにちはー。
そうですか、もうすぐですか。鳥取砂丘ですか。
すごいですね、日帰りですか?
すみません、托卵のよみがな、教えてください・・・。

なんかもう、こうやって、ききたい事や話したいこといっぱいたまってきましたよー。
(そうそう、東京では、ほとんど雨に打たれなかったんですよ。奇跡だ)
いつかまた、教室へ復帰される日を心待ちにしています^^

七夕伝説

こんばんは!
どんより雲ってましたね。

でも、七夕は、元々中国の伝説
本来は、旧暦で行うもの

俳句でも七夕は、秋の季語

旧暦の7月7日は、新暦の8月中~下旬

七夕伝説は、立秋を過ぎた空高き初秋の満天の星空を見上げながら作られたお話なんですよ^^

ご無沙汰しております、もうすぐです。もうすぐ自転車に飽きますから教室に再登場します。

鳥取砂丘まで自転車で往復してみたのですが、天気予報が前夜まで晴れだったのにしっかり降られました。

何万光年離れてる世界で雲とか雨とかカンケーねぇーと知ったときにはずっと子供の頃からだまされた気分でいっぱいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。