スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石の力

本題に入る前に。。
JJFに行ってるmko先生の到着が半日ほど都合により遅れる事になりましたので、
土曜の朝~午後は私がレッスン代打します。よろしくです<(_ _)>

こちらの石留めも完了~♪
生徒さんが彫ったワックスに、爪を立てて石留め加工したものです。
裏に針をロー付けして、ピンバッジになります。

画像、ちょっとコントラストをきつくしてから、白く飛ばしてみたらなんとなく、ジュエリーのパンフレットっぽい石の写りになったような気がする。

昼間、お客様とティファニーのパンフレットを見てたから、
そう思うだけかな。


今日は生徒さんのご紹介で、ルースをリングにしたいというお客様が教室に来られました。生徒さんも交えつつ和気あいあいとデザインの打ち合わせをしていて、そのダイヤを買うことになったいきさつに触れ、

少しふさぐ出来事があって、ダイヤでも見てニマニマしていたかったから、と仰られていました。

私自身はいわゆるパワーストーン的なヒーリング作用というものを
あまり信じてはいないのですが、(だけど石言葉は、結構好きだったりもする。叙情的で。)

美しいものは美しく、美しいものを見てると自然と笑顔になってる。
そういう石のパワーの存在は確実にあるなあ、と、
そのとき部屋にいた人たちの表情を見ていて思いました。
みんな、石の話しているときはほんとに嬉しそう。ニマニマ^^

そしてもうひとつ。

この方と、紹介してくださった生徒さんは「たまたま」何かの席で隣同士になり、
生徒さんが自分で作ったアクセサリーを身に着けていて「素敵ね」と褒めたら
彫金教室の話になって、ルースを指輪に仕立てる話にとんとんと進んだそうなのですが、それまで、とてもとても長い間、条件が折り合わず、オーダーメイドをあきらめて
ずっとしまわれてたそうなんです。

生徒さんのアクセサリーが引き寄せたのか、はたまたダイヤが探し当てたのか。
こういうのも、もしかしたら石のパワーかも。と思ったのでした。
だとしたら素敵だな。

ささ、早めに帰って明日の満員状態の教室に備えます♪


エンジェルリングのブログはこちら

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

コメント

ひゃあ~☆

その星にうずもれたい♪
そういう話を聞く度に、私達も又、宇宙の産物のひとつなんだなあと思い出さされます。
石は、多くは語らないけれど、いろんな局面をもって、経験を伝えてくれる先輩みたいなものなんですね。
もちろん、Y.Aさんのような代弁者がいないと成り立たないのかもしれませんが・・。

・・・エンジェルリングのブログに執筆されませんか?(笑)
コピペして持って行きたい内容がこのコメント欄で終わってしまうのがもったいない。

ダイヤの生れ故郷

ダイヤモンドって鉱物学的には、とても謎の多い鉱物なんですよ。

ダイヤの元素記号は、”C”!炭素の単一結晶なんですよね。
自然界にあるほとんど全ての物質は、化合物で、金や銀も精錬を行うことによって、純金や純銀になるわけで、初めから単一物質のダイヤは、とても特殊な鉱物なんですよね。

この超高純度の炭素が、どこからやってきたのかが長い間、鉱物学での謎だったようですが、最近、その生い立ちが、畑違いの天文学によって解明されつつあるようです。

地球から約50光年離れたケンタウルス座にある直径4000kmの白色矮星がとても強い炭素のスペクトル反射を出していることが、分かりました。詳しい観測の結果、星の重力からすると”炭”ではなく、星全体が、なんとダイヤモンドの結晶であることが分かりました。

実に大きさが100の34乗カラット、100億の一兆倍の一兆倍カラット
もっと平たく言えば、ほぼ月の大きさのダイヤモンドの星です。
指輪にするのは、大変だ(汗)

前にもちょっと書きましたが、今の太陽が出来る前のお母さん太陽が死ぬ際に、金やプラチナを作りだし、その亡骸が白色矮星となる際に、偶然ダイヤモンドの星となり、その星も最後を向かえ、宇宙空間にダイヤモンドを放出して、それから遥かな時が過ぎ、今の太陽が出来、地球が出来る際に、貴金属と一緒にダイヤモンドも地球に取り込まれたものと考えられているようです。

ダイヤモンドも100億年単位の悠久の時が作り出した、産物といえそうです。
そこに人は、知らずのうちにロマンや魅力を感じるのかもしれませんね。

お疲れ様です♪

科学的にもどんどん立証されていってるんですねえ。
私が知っていたのはトルマリンをエジプト時代の人たちが
既に治癒能力のある石として活用していたことぐらいでしたが・・。
昔の人たちって、便利じゃない分、いろいろな感覚と知恵が研ぎ澄まされてたんですね。

ダイヤに関してもそういう科学的な何かがあるのかな?
だとしても、美しいだけでやはりパワーだし、
そういう風にカットできるようにしてきた人たちの努力に感謝。

ウランガラスのジュエリー、いつか見せてくださいね^^

あるように思いますよ、、

土曜日は、お疲れ様でした。

私も石のパワーってあるように思いますよ。

その最たるものがダイヤモンドですよね。
ダイヤなんて、冷静かつ客観的に考えれば、あんな硬い石、研磨剤かベアリングの軸受け程度の利用価値しか無いものに、巨額の大枚を叩く訳ですからね。
石の魅力に取り付かれているとしか言えませんよね。

テクタイトの中に微量にラジウムやウランを含有するものがありますが、昔、ヨーロッパの貴族の中で、この不思議な光を放つ石が、健康に良いと調度品や、食器に加工され使われていたようですよ。

近年では微量の放射線が人体が本来持っている自然治癒力や内在的生命力を刺激し促進するとされる「ホミルシス効果」が提唱され、科学者の研究対象ともなっているようでしね。

昔の人は、偉いね~

天然ではないけれど、今は、原子力関連条約のからみでほとんど生産がないのが残念な、ウランガラスの放つグリーンの輝きは、どこか癒されます。

ウランガラスは、素材として使いたいv-238

これから石の持つ色々な力が、科学的にも解明されていくんじゃないかな、、

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。