スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4メンズの意味

今朝、台風通過直後の道を通り抜け、教室にたどり着いたら、段ボール箱が3つ・・・。
土嚢の代わりかななんて思っていたら、以前指輪を作ったお客様から私宛にと、北海道産じゃがいもとかぼちゃ沢山♪♪
ありがとうございます!皆で美味しくいただきますね。


そんなわけで、今日はかぼちゃ・・・。(すけすけですが)


DVDレッスン的にはブーリアンに突入し、すぐに終わったけれど、ちょっと自分で立体つくっていかなきゃあかんわと、なけなしの記憶を辿って作ってみました。

タコの足のような部分は1レールスイープですが、レール上に断面がのってないと駄目っぽいあたりが、3デザインとは違うところで、どうやったらそこらへんにある線上に断面を持っていけるのか・・。

で、ちょっと気づいたのは、断面作成するとき、最初の基準はパース図で選び、そこから先は残り3メンズで制御すればやりやすいんじゃないかと。
(こんなこと皆知ってることなのでしょうね・・・・)

ここに来て、ライノの初期画面が4面になっている意味が少し分かったような。

なぜ、メンズと表記しているかといえば、 「ジュエリーCAD ブログ祭り」に参加されているもこもこぺんさんがそのように書かれていて、そっか、沢山のメンズだと思えば心地いいなと♪

ナイスネーミングくり抜きハート1

(もこもこぺんさん、コメントができないみたいなので、アレですが。このネーミング、使わせてもらってます^^)

これから解消していきたいのは、4メンズに見慣れる、とくにパースのメンに慣れる(線画だけだと途中でどこから見てるのか分からなくなってくる・・・)・制御点を制御する・3次(2次?)曲線をちゃんと描けるようになる・・。

あたりかな。とにかく慣れないと・・・。

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。