スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しくなってきた♪

(画像多いのでサムネイル化しています。
大きくしてみたかったら、画像をクリックしてくださいね)

先駆者様や、mko師匠のブログでスターウォーズネタが出てますが、未熟さ的にはルークかな・・・それともやっぱ和ませ役のチューバッカかな?
などと、しょうもない事で頭を悩ませているELですこんばんは♪

気を取り直して、昨日のおさらい。
1_20091023163727.jpg2_20091023163720.jpg
2本の曲線で輪郭を書き(両端の場所を合わせておく)、厚みとなる線を浮かせて配置。
輪郭と厚み線を2secコマンドで断面化。
赤の丸が、作った断面。


3_20091023163714.jpg4_20091023163708.jpg
上の断面の2レイルスイープで昨日はつまずいてました。
断面から断面まではスイープできるけど、端に向かってスイープできない。
っていうか、できるときとできないときがある。なんで?シームの矢印は関係ないみたい。

それの検証に一日費やしてたんですが、できるときとできないときの違いは結局わからなかったです。
だけど今日、確実にできる方法を発見。
レイルを選択するときに、チェーンエッジというオプションをつければ、端っこがくっついた2本の曲線の場合、綺麗に端までスイープしてくれました。
少しずついろいろ見つかって嬉しいくり抜きハート1


5_20091023163702.jpg6.jpg
同じように2レイルスイープで、他のパーツを作る。
時間的に、もう今日はここまでかなあ。

9_20091023171756.jpg
というわけで、環状複製(笑)。
オブジェクトのプロパティーで、レイヤーを変えられるので、好きな色のレイヤーに部品部品を移してみました。グレイじゃなくなって、目にやさしい(?!)
画像下の中央部分に補助線というコーナーがあって、ここをクリックするとレイヤーの表示/非表示・色・ロック/ロック解除が選べます。
ということは、補助線のレイヤーがデフォルトやから、ここの色を好きな色に変えたらいいんだ。

金属表示にすると、脇石レイヤーに移したパーツだけが金属にならなかった。
ということは、そういう設定も、各レイヤーでできるということね。
水色以外の石の色を今度作ってみよう♪

ジュエリーCAD ブログ祭りに参加されている方々のブログを見ると、レンダリングが綺麗だったりしてうらやましいです。ライノではどこまでできるんだろう。
面へのフローっていうこれまた魅惑のコマンドや、ネットワークとかも面白そう。
来週はこの辺を勉強してみます。(例題もしなきゃ・・・ですが)^^

P.S
グリッドの設定が1ミリなので、3デザイン感覚で作っていると随分大きなものになっているような気がする。
設定、0.5ミリに変えてみよう。

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

コメント

環状複製

っていう、コマンドがあってね。そうするとなんでも万華鏡みたいになるねん。

今、新しいソフトを教室で教えるために勉強中なんだけど、絵的に淋しかったから、つい、複製してしまった・・・。
でも新しいことを勉強するのって、無人島を開拓していくような楽しさとわくわく感があるよね。
hagiちゃんも英語の勉強も頑張ってね♪

No title

万華鏡みたいね♪
(素人意見でゴメン・・・www)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。