スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートど真ん中って?

今日はレールに沿って回転コマンドicon.jpgを使ってみました。

これによって、
railrotate1.jpgrailrotate2.jpg
断面を輪郭に沿って、中心線を軸にぐるりと回すことができます。
3デザインでは、このような形状は、任意のポイントに向かってスイープかけてたと思うんですが、まあ大体同じかな・・・・で、終わろうと思ったんだけど。

さらっと流して聞いてたけど「ハートの中心の軸」って、結局どこなんだ?
図面をじいっと見ていたら、ハートの一番大きい縦幅と横幅の中心っぽい。
けど、本当のところは分かりません。合ってますか?

railrotate3.jpg

ためしに、軸をずらしてやってみました。なるほど、こうなっちゃうのね・・。
上から見たときに左右対称じゃない形状だと、厳しいかも。

railrotate4.jpgrailrotate5.jpg
もいっこためしに、適当な曲線を描いて、回転させてみた。
中心は、適当・・・。
でも意外といけてるような。

railrotate6.jpg
あー、でも裏返してみて、やっぱり変な部分があるわあ。
無茶しちゃいけませんってことですね・・。

どこまでがいけて、どこからがあかんのかなあ。

このままどんな曲線にも使えれば、とても便利なコマンドやと思うんですが、甘かったかな。
だけど、今のところは、作った物体に整合性があるのかどうかという事が分からないのが痛い。
ほんとにちゃんと作れてるんだろうか・・・。

せっかく、ハートを作ったし、今までのおさらいを兼ねて、何かにしてみよう。

railrotate7.jpgrailrotate8.jpg

今ヘビモチーフのデザインを仕事で考えているので、なんとなくヘビを。
バウンディングボックスを使って、ちょっとだけ胴体を太らせたかったんだけど、顔だけどんどん膨らんでく・・。
ううう、こういう作業はまだまだ全然慣れてないようです・・・。


railrotate9.jpg
もうジュエリーっぽいのか何なのかも分かりませんが、一応ペンダントトップ。

ヘビ部分。白いといかなごみたいですねとほほ。

教室ブログ cafe angelring.

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。