スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっそりと

b1.jpg

晩にビリヤードの試合に行って遅くなっちゃったんですが、


帰ってきて、宮崎駿さんの特集をしていたので見てしまいました。
(行間は、お察しくださいませ 汗)

一定の物事を繰り返すこと(イメージボードを描くこと)によってアイデアを引き出していく
半径三メートル以内の身近な事柄で仕事をする
手描きにこだわるのは、同業でそういうことを他にやる所がなくなったから生き残りのため
・・・等々。

イメージの具体化に対する姿勢がよく分かりとても参考になりました。

そして、子どもの頃何の取り柄もなかった自分でも、人を楽しませることができたとしたら、やっと自分の存在が許されるという思いは、すごく共感。

sputnikimage.jpg

目の前と頭の中の日常をからめて劇中の日常へ入り込んでいく作業。
その世界には宮崎さんの亡きお母様がちらほらと顔を出していて、なんとなくせつなくなり、同時にあたたかい気持ちに包まれる。
あーいっぱいいっぱい、返してるんやなあって。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。