スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

具象の送受信


oryu昨日の生徒さん作品。
これは、生徒さんに聞くところ、「龍」だそうです。
龍のモチーフペンダントトップ。
シルバー930でキャスト。
目の部分にはキュービックをフラッシュセッティングしてあります。
持って帰って、皮ひもとトンボ玉を付けるそうです。
うーん、着用してるところが見てみたい。(贈り物だそうなので)

いささか手作り感は残っていますが、
ラインに勢いがあって、輝き方が綺麗な作品だと思います。
写真があまり綺麗に撮れてなくて申し訳ないです。

-----------------------------------------

具象的・・・(形動)
形体をそなえているさま。(美術などで)個体をそのまま写しているさま。
⇔抽象的    ※大辞林より引用。

先日、別の生徒さんが、あるモチーフの具象的リングを彫っていたんですが、
そのモチーフは、リアルに作りすぎると、見た相手に何なのか分かってもらえないという悩みをお持ちで。

そのものについて専門的な知識や、個人的なこだわりがない一般の人にとっての固定観念っていうのは意外と強いみたいです。

あまりにもリアルな具象ゆえ、誰にもそれと分からない。
世の中には都合の良い抽象が具象にとってかわり、私たちの目にフィルターをかける。

愛としてのハートはすでに我々にとっての具象なのか。

いやいやそんなにインスタントなものでもないと思いたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。