スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の大阪 梅田からなんばまで

友人を誘って、1月末までという御堂筋のイルミネーションを見てきました。
日ごろ運動不足なのもあるし、イルミネーション自体は淀屋橋~中央大通までらしいので、梅田からぷらぷらと歩いてなんばまで。



ほんとうはもっと綺麗で、鮮やかだった。
これが私のカメラの限界。

梅田駅の変化にびびり、
大川に移りこむ光に大阪を感じ、
淀屋橋で、洒落たビルの中のアクセサリーショップのお値段にまたビビリ、
本町でおかきカフェに立ち寄り
心斎橋で石鍋亭のもつ鍋をつつき、
なんばの、飾らないバーで、至福の一杯をいただく。

いつも新しいものと、懐かしいものが混在するこのあたり。
前通ったときとはどこか違う町並みを眺めながら歩くと、その場所その場所で、一緒に歩いた人とのことをふと思い出したりする。

きらきらとした記憶の向こうにその人達がいる。
もしかしたら相手もそんな感じのフィルターを通して自分を見てくれていたのかもしれない。

100123a.jpg
淀屋橋、イルミネーションの最初の一本には、「ENJOY YOUR OSAKA」の文字。

この日も、もつ鍋をつつきつつ、カクテルを飲みつつ、私は弱音を吐き、彼女は背中を押してくれる。

媒介のこっちとむこうに全然違うものが存在するとして、その向こう側に憧れる気持ちは恋にも似てる。
そんな事を書いてしまえるのが、この街の力だと思った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。