スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白の日

白木蓮が咲いているのを見た。
心まで洗われる感じで少し明度が上がる。



やっと咲いたか~と思うと、
あっという間に散ってしまい、その辺の潔さも好きだったり。
だけどやはり少しさびしい、もっと長く見ていたかった。

散る花びらと共に、木蓮の木を思い浮かべる。
その面影は厳しくて優しい冬の雪にも似ていて
どうにも儚い。

だったらせめて花びらの行き先を想像してみようと思う。
あたたかな土の上だろうか、それとも全然違うところだろうか。


そこまでしてみてやっと
既に、色々な貴重なものを受け取ってたんだという事に気づく。
なのにいつものように感謝の気持ちを上手く表現できないジレンマ。
本当は、とてもとても大切にしたいのに。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。