スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな過渡期

気がつけば、どっぷりデジタルにはまってしまっている今日この頃。
昨日は、ミシュレイの雷神(ビジョンリアライザー)で、造型してもらった樹脂を初めて自分でゴム切りしました。



自分のデータだったからできた荒技・・。
かなりワイルドな切り口になってしまいましたが、なんとかワックス取ることはできました^^

waxring.jpg

で、キャストの準備して、
ringpentop2.jpg

今朝自分でシルバーでキャストしました(写真右)。
奥は、松村金銀店プロジェットで造型してもらったペンダントトップの枠。
こちらは10金(イエロー・今は白く見えますが)で、キャストは外注です。
丁度時期が重なったので、これから仕上げ石留め祭り。

で、今日の午後は

syuturyokuchuu.jpg

ライノで作った別のデータ(ふさふさにしていたやつ)を、またまた造型してもらっていました。

デジタルで作るとはいえ、使うのは人間なので(当たり前ですが)、やっぱり違った手間が色々とかかってくる訳で、もちろん仕上げ石留めは手でいつもどおりやりますし、ゴムきりキャストまでするとしたら、手間的には大して変わらないような気もします。

デジタルじゃないと不可能と思われる形状、が、目の前にはだかる。

私の腕だと、一からの手作りの方がメリットがある事があまりなくて(汗)
だけど手作りにしか出来ないこともきっとあるとも思っている日々でもあります。
そういうのは、天使の輪に出していくものの中から見つけていきたいなあ。
あっちはあまり原型1個1個にお金使えないので、手作りが必然に増える、だけともいえますが。

100326sky.jpg

(自分には)不可能と思われる形状、が、目の前にはだかるときに、これまでは手でなんとかしてきた訳で、その辺の思考回路がせっかく開けたのだから、そこを風通しよくしておきたい。
デジタルで作るときは、頭だけで考えているので、ちょっと違う回路使ってると思うんですよね。
両方いつでもスタンバイしときたい。
欲張りですかね^^;

そして、デジタルで作ったり、近い未来にCADを教えたりするようになる中で、手作りをどういうスタンスで教えていくかが今後の課題。




お知らせ。

教室のブログ
に、ユキちゃん自身が書いておりますが、彼女が3月いっぱい、あと4、5日で講師を辞めることになりました。
事情もあって、報告がぎりぎりになってしまいましたが、しばらく彫金部門の講師は私とオグラ先生の二人体制でやっていくことになります。今のところ、ユキちゃんが教えていた水曜日を私が担当して、残りは同じ、土日がオグラ先生です。

この事に関して感じていることもいろいろあるのですが、また、別のエントリーにて書くことにします。

気がついたら、彼女にも頼りまくりだった日々。
いままでの頑張りに感謝しつつ、もっと自分もしっかりしていこうと思いました。
生徒のみなさん、これからもまた、よろしくお願いいたします。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。