スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り香

香水をつけて10分くらいの香りをトップ・ノート
少し時間が経って20分から30分ぐらいの香りをミドル・ノート
大分時間が経って消えてしまうまでの香りをラスト・ノートという。
変化のしかたや早さは、濃度や商品によってさまざまである。




少し前にそば焼酎を頂いた。

飲んだ感想は、想像とぜんぜん違う、ってこと。
そば粉の風味を想像してた私にとっては新鮮な、
生の木の実をすりつぶしたような華やかで植物っぽい香りが印象的だった。
最近飲んだ中では栗焼酎が近かった。こっちも木の実っぽかった。

焼酎はいろいろなものから造られているけれど、
飲んだら材料そのまんまのものもある。
今回頂いたものに関しては、嬉しい意味で期待を裏切られた。

普段そばだと思って食べているものはなんなのだろう?と思うほど。

上に書いた焼酎と同じような印象をもつおそばを(確か、江戸前そばだった)一度だけ食べてあまりのすがすがしい風味に感動してまた食べたいと思うがもうそのお店はない。
その事を思い出し、また食べたくなった。




おなじそばの実でも、どんな環境で育って、どんな風に加工されて、どんな風に調理されるかできっと全く違う人生を全うすることになる。

ジュエリー作ったり、人に教えたりするのも、多分同じようなことなのだろうなと思った。
だけど、自分自身のことを客観的に判断するのは難しい。
結局のところ残り香で判断するしかないのだ。



・・・ふう。昨日は、本当に、日記を書く時間がとれなかったです。
キャストは無事終わり、レッスンは忙しく、終わってから今の今まで
私の手は、脳は、別の何かに触れたくて夢中でそこへ向かい、話し、そして探してた。
ありのままでいられる瞬間を。

ここに書いてあること自体が、いろいろなことが発酵して、蒸発した後の残り香のようなもの。
もしもあなたにとって嗅ぎたいと思う香りなら、また読みにきて下さい。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。