スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さい頃、一人で歩道橋をわたらなくてはいけないときに、
よく「もしこの橋が折れて(笑)落ちたら」とか
災難を妄想して、対処法を考えながら渡ってた。


100613.jpg

もちろんそんな事はなかったけれど
様々な予期せぬ出来事に遭遇することもあった。
そういう事って本当に何も間違ってないと思う時に起こるような気がする。
それとも予期してなかったから災難と思うだけなのか。


最近ではそういう耐性もできてきたようで、

橋が落ちるかどうかではなく
あとでその事を笑って話せるようになれるかどうかの方が大切で
渦中を共有できる相手がいることを一番の幸せに思う。


あの頃の私にもし会いに行けるなら伝えてみたい。
その橋は折れないよ、だけど折れたとしても大丈夫だからって。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。