スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことばの河

7月7日、曇り。
白の部屋に入ると、置手紙があった。
びっくりしつつ、励ましのお便りに元気付けられる。




今日も、リングの仕上げ。
断面がハートのリング。

作業の合間に伝書鳩がときおり届けてくれることばを受け取る。


hearts2.jpg

スプートニク的には、今も私一人で宇宙を彷徨ってるんだけど
気づかぬうちにいろいろな輝く星の光を受けていたみたいだ。

昨日の願掛けが少しはきいたのだろうか、
さっき外に出たら、少しだけ星が見えた。

ことばの河を泳いで、光の束を受け取る夜。

やっぱり、ことばがあってよかったと
感謝のきもちでいっぱいになった。


(ちょっと書いていて恥ずかしくなってきたんだけど、いいよね七夕だし)

教室ブログ cafe angelring.

神戸ジュエリーCADスクールのページ

3Dキャド・ジュエリー製作・彫金教室・彫金工具のお店「エンジェルリング」はこちら


コメント

言の葉かー

なんだか、さらさらとした素敵な語源ですねえ。
いくつになっても、言葉でうまく伝えられなくて
もっと頭良くなりたいと思うのですが、
結果的に何かをゆらすことができればそれでいいのかもしれませんね。

その時その時の自分にできるだけ素直に、簡潔に、
大切に使っていきたいなと、AYさんのお話聞いてて思いました。

(そういえば、去年の七夕でも伝説のお話ありがとうございました)


”言霊”の力

”ことば”って不思議な力がありますよね。

“ことば”は、古い日本語では、“言の葉”と言われていて、それは、心の中に生れた物が木のように外に伸び出て、葉を茂らしたようなモノと思われていたようです。

その葉がゆれれば、他の人の心もゆらし影響をあたえ、また自分の心のあり様も変化させる強い力を持っているものとされていたようです。

この力を陰陽師などは“言霊(ことだま)の力”と呼び、精神的に追い詰めれてしまったとき、人生の岐路で迷ったときに、正しい選択をもたらしてくれるのが、正しい言葉であり、“言霊”の力として、大切にしていたようです。

一言一言、大切にしたいものですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。